オーラルピース

 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq/23295
 

2021年2月19日(金曜日)

関連キーワード :

歯を美しく保つにはどうしたら良いでしょうか?

特にアジア人(モンゴロイド)は、欧米人に比べ歯の表面のエナメル質が薄く、中の象牙質が透けて見えるため、黄色っぽく見える特徴があります。

これが本来のアジア人の歯の色です。

まず歯が「本来の色」より黄色くなるのは、大きく以下の原因が挙げられます。

①着色(コーヒー、お茶、赤ワイン、カレー、喫煙、合成着色料入りの食品やうがい薬などによるステインの付着)、

②歯の磨きすぎ(「研磨剤」「ペーストタイプの歯磨き剤」によりエナメル質が徐々に薄くなり下の象牙質が透けて黄色くなっていく)、

③口の乾燥(口が乾燥すると唾液による洗浄効果が弱くなり、本来洗い流されるステインが付着する)、

④加齢による変化(加齢により象牙質の色が濃くなり、黄色く見える様になっていく。さらに長年の研磨でエナメル質が薄くなり、より黄色く見える様になっていく)、

⑤虫歯や歯石の付着、

⑥神経がなくなった歯、

⑦病気による変色、

です。

そして、歯を白くするには大まかに3つの方法があります。

それは、

①歯の表面についた汚れを除去して「汚れを落としてその人本来の歯の白さ」にする、

②過酸化水素などの薬剤を用いて「漂白して出来る限り歯を白く」する、

③希望の色のベニアを歯の表面に貼り付け、「真っ白」にするなど「自分の希望の色に変える」

というものです。

②の「漂白して出来る限り歯を白く」することについては過酸化水素などの漂白剤は刺激が強く、海外と異なり日本では口腔ケア製品の認可がされていません。

そして日々の化学成分の粘膜からの体内吸収を考えると、家庭での毎日数回の、数十年にわたる口腔内への漂白剤の使用には健康上の課題があります。

また③の「真っ白」など「自分の希望の色に変える」ことについては家庭で行うことは簡単ではなく、歯の表面を覆うことは歯の再石灰化を妨げる恐れがあるため、歯科医院での施術をお勧めいたします。

以上の、自分本来の歯の色より白くしたい方、「真っ白」など自分の好みの色に変えたい方、加齢や病気による歯の変色、虫歯や神経を取った歯の変色を治したい方は、素人判断ではなく歯科医師等の専門家に相談して処置を受けることが賢明です。

①の家庭でも日々行える「汚れを落としてその人本来の白さ」にすることついて、様々な考察・検証の結果、以下を使用しない方法が特に知覚過敏の方にはより良いと考えられます。

●「研磨剤」「ペーストタイプの歯磨き剤」
●「発泡剤入りの歯磨き剤」
●「化学合成成分配合の歯磨き剤」
●「アルコール(エタノール)配合の歯磨き剤」

まず、「研磨剤」「ペーストタイプの歯磨き剤」を用いると、簡単に白くすることはできますが、同時に歯のエナメル質を傷つけ、削り過ぎによる歯が黄色くなっていくことや知覚過敏となってしまう可能性があるためです。

研磨剤とは、「炭酸カルシウム」(炭酸Ca・石灰石の粉・運動場の白いライン引きの粉・チョークの原料)「炭酸水素ナトリウム」(炭酸水素Na・重曹)「塩」「チャコール」(木炭)「ゼオライト」(沸石)「マイクロビーズ」(プラスチック粒子)等です。

「研磨剤」「ペーストタイプの歯磨き剤」で磨いていると、少しずつエナメル質が削れて薄くなり、象牙質が透けて歯が黄色くなってくる可能性があります。

特に欧米人等に比べアジア人の歯はエナメル質が薄い特徴から、削りすぎは白い歯を通り越して黄色くなり、また知覚過敏の原因となります。研磨剤でついた傷はそこからう蝕に発展する可能性が高くなります。

傷ついたエナメル質は、1日に分泌される1.5ℓ~2ℓの唾液により再石灰化され修復することは可能ですが、傷つけすぎてしまった場合は修復されません。

一度削りすぎた大切な歯は元には戻りませんので、注意が必要です。

気にされる方は、「研磨剤」として配合目的を表記しなくてもエナメル質を削ることになりかねませんので、「炭酸Ca(石灰石)」「炭酸水素Na(重曹)」「ゼオライト(沸石)」「マイクロビーズ(プラスチック)」「塩」等が配合されているかいないかのチェックは必要と思います。

また「研磨剤」「ペーストタイプの歯磨き剤」では「歯を磨く」事はできますが、味蕾を傷つけてしまう可能性も生じ、舌や歯茎、頬の内側、上顎部、口腔粘膜などの「オーラルケア」は難しくなります。

結果、「オーラルケア」用にまた新たな製品を購入する必要があり家計に負担となる、限られたシンクスペースに置く事で邪魔になる、インテリアに美しさを失うということにもなってしまいます。

次に「発泡剤入りの歯磨き剤」の不使用の理由は以下となります。

「発泡剤」とは、「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウリルグルコシド」「ココイルグルタミン酸Na」等の「合成界面活性剤」や、「石鹸素地」「ヤシ油脂肪酸K」「オリーブ脂肪酸K」等の「石鹸」です。

歯磨き剤の歴史は当初は「研磨粉」のみでしたが、100年ほど前に発泡剤を配合したペーストが登場しました。

「合成界面活性剤」や「石鹸」には、発泡により歯を磨いた感が出る、成分の水と油を乳化(界面活性)させられるということから配合される場合があります。

しかし歯を磨くということは、口の中や歯の油汚れを分解することではないので、「合成界面活性剤」や「石鹸」などの発泡剤は、実質的に必要のないものと考えられます。

「合成界面活性剤」や「石鹸」で歯を磨くということは、ご家庭にあるシャンプーや固形石けんで歯を磨くことと同じですので、お試しいただいても良いかと思います。

またツバを泡立てて口の中に広げることは、あまり気持ちの良いものではないと考えます。

一方、作用があまり期待できない代わりに副作用の可能性が生じます。

それは、「発泡剤」入りの歯磨き剤を使うと、口から泡があふれ出る前に磨こうと焦って強く磨いたり、泡が溢れ出た時が終了(時間制限)になっている方が非常に多いと思います。

焦って強く磨くと「研磨剤」でさらにエナメル質を削ってしまい、歯が黄色くなったり、知覚過敏となってしまう可能性があります。

そしてすぐに口の中が泡だらけ、口から溢れる様になれば、丁寧に一本一本の歯や歯間、歯周を丁寧にブラッシングして磨く事ができなくなってしまいます。

その結果、常に磨き残しが生まれ、結果う蝕や歯周病、歯石沈着や口臭に繋がってしまいます。

次に、「化学合成成分配合の歯磨き剤」不使用の理由は以下となります。

あまり知られていませんが、口腔粘膜からの化学成分の吸収・摂取は、皮膚の10〜20倍と言われます。

数十年間にわたる毎日数回の歯磨き時に、化学合成成分を歯茎に擦り込み、口腔粘膜から体内吸収させることは、食べ物や健康に気を使っている方、妊婦や女性、乳幼児にとっては極力避けるべきと考えられます。

次に、「アルコール(エタノール)配合の歯磨き剤」を使用しない理由です。

歯磨きをしなくても歯を洗浄して綺麗に保つ生理作用を、人間をはじめ動物は進化の過程で獲得してきました。

それを実現する重要なものが「唾液」です。「唾液」は、汚れを洗い流し、歯に付着するのを防ぐ大切な役割を果たしてくれます。

しかし、口が乾燥すると唾液による洗浄効果が弱くなり、本来付着しないステインや歯石が付着してしまいます。

よって、歯を白く保つには口腔内の「保湿」も重要となり、ドライマウスの原因になる「アルコール(エタノール)配合の歯磨き剤」の使用は避けるべきと考えています。

歯のステインのことは、コップの茶渋やフライパン等についたコゲにも同じことが言えます。

洗っても落ちない茶渋やコゲには、洗剤(発泡剤・界面活性剤)やアルコール(エタノール)はあまり効果がありません。

茶渋やコゲを取るには、研磨剤(コンパウンド・石の粉)や研磨スポンジ、スチールウールを使用することが多いと思います。

研磨剤やヤスリでゴシゴシ摩擦することで汚れや焦げは簡単に取れますが、表面は小傷だらけとなってしまいます。

また作ってしまった新たな傷に汚れが入り、汚れがつきやすくなり、最終的には傷だらけ、汚れだらけ、また傷には菌が繁殖しやすく、不潔な状態にもなります。

また白くするために表面を削りすぎると、下地が出てきて修復不可能となります。

そして、そもそも傷をつけない方が、汚れもつきにくくなります。

一方で、漂白剤などの薬剤を用いると、小さな傷にも薬剤が浸透しすぐにコップやフライパンは白くなります。

しかし、黒いものを白く変色させる強さを持つ薬剤は刺激が強く、人体への安全性を考えると毎度の素手での使用には課題があります。

そしてよく洗い流さず、薬剤や化学合成成分が付着したままのコップやフライパンを使ったお茶やお料理を毎日家族に食べさせ続ける事になれば、健康上あまり好ましいことではありません。

歯や口の中、人体にも同じことが考えられます。

以上の前提から、

「日々の歯磨きは、

口腔内のトラブル原因菌に対応する製剤が配合された、

体にやさしい体内吸収しても安全な成分の、

ジェル処方の製品で、

丁寧にブラッシングして歯の表面の汚れを落とすメンテナンスを行う。

また口腔内を保湿することにより唾液の洗浄作用を高め色素の沈着を防ぐ。

より白くしたい場合は、

歯科医院での歯科医師による医学的見地に基づいたホワイトニング処置を効果的に、そして安全に行ってもらう」

方法が、

「日々の素人によるエナメル質の削りすぎや化学成分の粘膜吸収を防ぎ、

その人本来の健康で美しい歯を保つために、リスク/ベネフィットの観点から最も効果・効率的・健康的でリーズナブルな方法」

と考えられます。

しかし、「研磨剤」「発泡剤」「漂白作用のある化学合成成分」「アルコール(エタノール)」のすっきりとする使用感がお好みの方は、各原料はネットショップなどで入手可能ですので、オーラルピースと合わせてお使いいただけましたらと存じます。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq/23293
 

2021年2月19日(金曜日)

関連キーワード :

これまでのナチュラル・オーガニック・無添加系製品との違いは何ですか?

オーラルピースの企画開発メンバーは、2005年に日本人で初めてオーガニック認証付きの口腔ケア、ボディケア・ヘアケア等のオーガニックブランドを開発した先駆者であり、多くのオーガニック認証付ブランドを開発してきました。

家族の健康や環境問題への意識の高い海外の消費者のために作られるナチュラル・オーガニック系製品とは、
化石(石油)原料を用いず持続生産可能な植物原料を使用する、植物は農薬を用いず限りなく有機栽培やワイルドクラフトの原料を使用する、人体や環境に影響のある化学合成成分・添加物を使用しない等々のコンセプトで、製品を作ることを目指している点は同じと思います。

そしてオーラルピースも、15年以上ヨーロッパのオーガニック基準に基づいた様々なオーガニック製品・口腔ケア製品の企画・開発に携わってきたメンバーにより開発が行われ、現在も国際的なオーガニック製品基準に基づき認証工場で生産されております。

オーガニック製品認証マークについてですが、オーラルピースも2017年までは各製品ヨーロッパのオーガニック認証を取得、製品にマークを記載していました。しかし、認証会社(認証ビジネス団体)からの請求は多額であり、認証マーク掲載に期待以上の効果はなく、認証費用を消費者価格に転化する判断をせずに、認証会社への支払いと製品への掲載は取りやめ、認証基準に従った製品づくりのみを継続することにしました。

つまりオーラルピースは世界にあるオーガニック認証付きの製品と同様品質であると言えます。

しかし、今までのオーガニック・自然派製品、ハーブ・漢方薬では、治療薬として多様化する様々な疾患へのニーズに応えられなかった現実があります。

新たな時代の医療・健康ニーズに応えるため、これまでの効果が期待できそうな各種植物エキスを多数配合する「足し算の製品づくり」と、健康のため化学合成成分を極力不使用とする「引き算の製品づくり」に、まったく異なる次元への「掛け算」を目指し、新しい時代のバイオテクノロジーをベースとした日本の先進科学・医療技術によるR&Dを融合させ、現代の臨床上の課題に応える基礎研究、特許技術の開発と新しい時代の製品づくりに挑んでいる点が異なるといえます。

具体的には、時代が求める、食品に使用可能な原料であっても石油由来成分を使用せず、天然・植物由来であっても化学合成した成分やアルコール(エタノール)を使用しない製品づくりは当然として、以上に加え、先進的な研究機関との産学連携により、効果と安全性の両立を目指し10年以上の歳月をかけて発明された、動物や地球環境に優しい植物由来の乳酸菌バクテリオシン製剤「ネオナイシン-e」を配合している、研究・技術立国である日本発の世界市場向け口腔ケア製品であることが大きな違いです。

また、その研究や技術を単なる営利目的ではなく、世界中の弱い立場にいる障害者の仕事創出のために活用していこうとしているソーシャルプロダクツである点も大きな違いといえます。

オーラルピースは大切な家族を想って生み出された製品であり事業。きっと皆さまにも、製品を通してその気持ちが伝えられると思います。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq/23291
 

2021年2月19日(金曜日)

関連キーワード :

オーラルピースはインフルエンザをはじめとしたウイルス感染予防に効果はありますか?

ウィルスは単体では生きられず、細菌を媒介して繁殖します。

実は、口腔内を清潔にすることで感染を10倍も予防できるという研究成果があります。

ウイルスは呼吸に伴って鼻や口から気道に入ります。

しかし、口の中の健康状態がウィルス・インフルエンザ感染の重症化と関係があるということは、あまり知られていないようです。

口の中の雑菌は、その代謝産物としてプロテアーゼやノイラミニダーゼなどの酵素を排出しています。プロテアーゼはタンパク質を破壊し、不潔な状態であると粘膜の弱い部分からウイルスが侵入しやすくなります。特に歯周病の程度が進行しているほど組織のダメージが大きいので罹患(りかん)しやすくなります。

雑菌が多いとタミフルやリレンザの効きが悪くなるので、罹患したら治癒を早めるためにも口腔ケアは大切です。

奈良県歯科医師会による調査では、介護施設の高齢者に対して歯磨きや舌磨きなど口腔ケアを徹底すると、インフルエンザ発症率が10分の1に激減したとの報告があります。

健康な食事や生活を心がけ、体の免疫力を上げると共に、手洗い・うがいを徹底してなんとかウィルスやインフルエンザにかからないように気をつけたいものです。

人が集まる場所、電車やバス、会社や学校、幼稚園や保育園などにいる時、また食事や新年会など多くの人と話した後、咳をしている人に出会った時など、予防を心がけたいものです。

しかし、「すぐにうがいが出来ない時」もあります。

そんな時に、オーラルピース スプレーは便利と思います。

乳酸菌バクテリオシン製剤「ネオナイシン-e」配合で、お口の中を清潔に*。

オーラルピースは、すべて天然由来の食品成分、植物と水から出来ているので、そのまま飲み込んでも安心。

マスクをして口呼吸になる、お口の渇きと口臭の予防にも。

うがいや吐き出しが苦手なお子様やお年寄りへの簡単ケアにも、うがいや鼻うがいのお水にも。

また風邪にかかってしまった時にも。喉が痛い時にも。

また、日々の口腔ケアでお口を綺麗にしておくことも大切です。

人混みではマスクを着用、手洗いうがいを心がけ、食事に気をつけて免疫力を上げ、日々の口腔ケアによりお口を清潔にすることが、健康を保つ秘訣となります。

*口腔ケアにより

*新型コロナウイルスに関しては、未知のウイルスのため確認中です。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq/23289
 

2021年2月19日(金曜日)

関連キーワード :

なぜいま世界ではオーラルケア製品に「生分解性」が求められているのでしょうか?

下水道が整備されていない地域は分かりやすいですが、自分たちの出した排水は自然の川にそのまま流されるか、浄化槽できれいにしてから川に流されます。

自然の川の場合は、水中に住むたくさんの微生物がその役割を果たして、環境が成り立っています。

その浄化槽には微生物が住むようにしており、体やお皿を洗った汚れた水を微生物が食べて生分解させ、水をきれいにしています。

それは都会も同じことで、下水道によって流された排水は下水処理場に集められ、そこで微生物により生分解させて、水を浄化しているのです。

口腔内の細菌を殺菌する石油由来の合成殺菌剤や合成保存料、合成界面活性剤や合成香料、また樹木の樹脂や高濃度の樹液などを含む歯みがき剤は、難分解性で生分解できない、つまり微生物が食べることができない、また微生物も殺してしまうことになります。

よって山小屋やキャンプ場、登山時には、化学合成成分を配合したオーラルケア製品の使用は禁止されているケースが多いのです。

多くの人に分かりやすい例で言えば、下水処理場から排出された水は、生分解されない合成香料の臭いがするのを近所の川や海などで経験したことがあるかと思います。当然、臭いのない難分解性の化学成分も自然に放出されています。

もし、多くの人が毎日何度も使い下水に流し続けた場合、自分たちが住む地球環境や水に住む生物、また自分たちが日々食べる海産物などはどうなるか、想像に易いことです。

自分たちの汚した水を生分解してくれる微生物にやさしいということも、自分たちや子供たちの健康にとっては大切なこと。

先進国では、環境に排出されるオーラルケア製品においても、微生物生態系に影響のない「生分解性の高い製品」が注目されています。

世界では、企業の都合・利益だけではなく自分たちの健康のため、また受け継いだこの美しい緑の地球を、子供たちの世代にも残していくことも大切と、多くの人々が気づき始めた時代に変わりつつあります。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq/23287
 

2021年2月19日(金曜日)

関連キーワード :

自然環境に吐き出しても生分解しますか?

オーラルピースは、「生分解性」に優れた製品です。

植物由来の食品成分のみで作られるため、その役目を終えて環境に排出された場合、自然界の生態系で速やかに代謝・再利用され、環境への影響や汚染のリスクもきわめて低い特徴があります。

まさに環境調和型のオーラルケア製品と言えます。

一方、石油由来の合成殺菌剤や抗生物質、濃縮植物抗菌剤などの多くは分解しにくい「難分解性」という特徴を持っており、また分解したとしてもその分解物が自然界で毒性を示したりすることもあります。

その毒性作用は強く長く続くため、自然界の生態系とくに微生物生態系に対して悪影響を及ぼすことが懸念されています。

昨今、先進国はじめ世界中で、難分解性のプラスチックごみが海洋生態系に悪影響を及ぼしているといった問題が話題になっており、生分解性の良いプラスチックへの切り替えや環境汚染リスクの少ない容器への代替など、環境に調和した「生分解性」に優れた原料への関心が世界的に大いに高まっています。

これらの世の中の方向性は逆行することなく、未来においては、地球にとって優しく、持続可能性が高く、人類に有益な新しい環境適応型製品が世の中の主流に取って代わっていくものと容易に想像できます。

またオーラルピースは限られた化石原料である石油から作られるものではなく、植物由来のおからの中に住む乳酸菌と食用植物という持続可能性の高い、環境への負荷の少ない材料から作れるという特徴もあります。

このような背景から、次世代に美しい地球を残すためにも、多くの皆様にオーラルピースをお使いいただけましたら嬉しいです。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq/23285
 

2021年2月19日(金曜日)

関連キーワード :

オーラルピースにはどのような効果があるのですか?

約60年前の昭和36年(1961年)に薬事法で「歯みがき類」の表現規制が定められました(昭和36年2月8日付け薬発第44号厚生労働省薬務局長通知)。以降「歯みがき類」で効果表現を許可されている文言は以下のみになります。

(1)ムシ歯を防ぐ、歯を白くする、歯垢を除去する。
(2)口中を浄化する。
(3)口臭を防ぐ、歯のやにを取る。
(4)歯石の沈着を防ぐ。

それ以外の効果表現は、昭和36年に定められた法律で禁止されています。

今世紀になり、ムシ歯の減少や喫煙率の減少等や高齢化の進展等で口腔ケア製品に関する社会・消費者ニーズも変わり、さらに60年間で科学技術も進歩しています。

新しい時代のニーズに応えようと、新しい技術を生み出そうと努力している若く情熱のある研究者がいます。

オーラルピースプロジェクトは、様々な行政機関に協力をいただき、コンプライアンスに準拠し、新たな研究開発の成果や事実を国民や消費者に正しく知っていただくことが、多くの人の健康への寄与や、新産業の創出や社会・人類発展のために大切と考えております。

国立大学等の研究機関との連携による客観性がある確かなエビデンスデータ等の科学的根拠の提示、産学官連携による研究、研究論文発表、学会発表、国際特許化、ビジネス賞や学術賞による客観的な評価、先進国保健機関での認可、海外市場への輸出等に真摯に取り組み、多くの高齢者や弱者などお困りの方のお役に立てますよう努力して参ります。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq/23283
 

2021年2月19日(金曜日)

関連キーワード :

歯磨き用途のみの製品ですか?

歯磨きジェルの他に口腔ケアジェル、口腔湿潤剤としてもお使いいただけます。

オーラルピースは国際的なオーガニック認証基準に基づいた成分・処方・工場で生産される口腔ケア製品であり、健康に気遣う方のための「天然成分による歯磨きジェル」として、ご家族全員でお使いいただけます。

また、介護・医療現場のニーズであった「クリーン(清浄)とモイスチュア(うるおい感)の両立」というコンセプトを目指した製品でもあり、介護や医療用等して日本全国の病院や介護施設、訪問歯科の現場で、口腔ケアおよび口腔湿潤剤としても使われています。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq/23281
 

2021年2月19日(金曜日)

関連キーワード :

オーラルピースにはどうして大容量のマウスウォッシュ(洗口液)はないのですか?

マウスウォッシュの様に水を多く使う製品を開発する際、ごく少量の使い切りタイプではない場合、水を常温での長期保存で腐らせない、様々な菌の増殖を抑えて腐敗させないための(防腐・保存のため)の課題が生じます。

歯磨き剤や洗口液等の製品を作るには、製品の保存のために合成保存料(パラベン・別名パラオキシ安息香酸、安息香酸ナトリウム、ソルビン酸K、フェノキシエタノール、PG・別名プロピレングリコール、BG・別名ブチレングリコール等)、アルコール(エタノール)、合成殺菌剤(CPC・別名塩化セチルピリジニウム、グルコン酸クロルヘキシジン、塩化ベンゼトニウム等)や強アルカリ水等を配合する必要が出てきます。

製品として成立させるためには、製品容器の中の微生物や菌を合成保存料や殺菌剤で殺菌して無菌状態にし、保存できる様にする必要があり、特に水分の多いマウスウォッシュには防腐のための合成保存料や合成殺菌剤を多く必要とします。

オーラルピースには、乳酸菌そのもの(生菌・死菌ともに)は配合せず、乳酸菌が作り出すペプチドを精製したものを配合しているので、合成保存料や殺菌剤を添加することにより、同時に配合した生菌を殺菌し内容物の活性・効果が失われてしまうという事はないですが、合成保存料や殺菌剤を配合した場合、うがいや吐き出しが苦手な乳幼児やお年寄り、ペット、化学合成成分を摂取したくない妊婦等の使用、口腔湿潤剤としての使用には課題が生じてしまいます。

よって、世界中でお困りの以上の方々のニーズに応える新しい製品の開発・研究に多くの労力と時間を割きました。

マウスウォッシュとしてもお使いいただけるリキッドタイプのマウススプレー&ウォッシュは、水分量を減らし、合成保存料や合成殺菌剤、アルコール(エタノール)を必要とせず、天然由来の成分にて保存ができる処方、内容物を外部から触れることのできない(汚染されにくい)容器としています。

うがい用のマウスウォッシュとしてお使いになりたい場合は、ご家庭でコップの水にマウススプレー&ウォッシュをスプレーし薄めて、使用時に水分量を増やしてお使いいただけましたら幸いです。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq/23279
 

2021年2月18日(木曜日)

関連キーワード :

ペット用にはパラベン等の化学合成成分は含まれていますか?

人間用と同じく、パラベンをはじめとする化学合成成分は無添加となっています。

うがいや吐き出しのできないペット、また人間より体の小さいペットのことを考えた、効果と安全性を両立させる優しい処方としています。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq/23277
 

2021年2月18日(木曜日)

関連キーワード :

ペット用と人間用(クリーン&モイスチュア、アウトドアアドベンチャー トゥースペースト)の違いは何ですか?

ペット用と人間用の成分や生産工場は同じですが、ペット用はミントを少し抑えマイルドな味になっています。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
現在の表示カテゴリ: FAQ