オーラルピース

 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/news/news-news/25036
 

2021年5月13日(木曜日)

関連キーワード : , ,

新潟からSDGs 、宇宙で歯磨き・口腔ケア オーラルピース宇宙プロジェクトについてTVニュースで紹介されました

【新潟からSDGs 、宇宙で歯磨き・口腔ケア オーラルピース宇宙プロジェクトについてTVニュースで紹介されました】

先日のTV放送されましたオーラルピース宇宙プロジェクトのニュース番組が、Yahooニュースで公開されました。

視聴期間は今日から1週間とのことです。

ぜひご覧いただけましたら幸いです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a7a8cba8c2a105e401ea4e7f1db05cf2da995b67

リンク切れの場合は以下から
https://youtu.be/de8KXzkSH4A

PEACE!!
 
 
 


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/24906
 

2021年5月8日(土曜日)

関連キーワード :

災害時・被災地・避難所・防災用の歯磨き・口腔ケア製品の選び方について

【災害・防災用の歯磨き・口腔ケア製品の選び方について】

災害現場において実際に使える歯磨き・口腔ケア製品は以下のスペックが必要とされます。

①「水がなくても使える歯磨き・口腔ケア製品」
断水などの状況に備えて、貴重な水がなくても使える歯磨き・口腔ケア製品であること。

「飲み込んでも安全な歯磨き・口腔ケア製品」
飲み込んでも安全な成分で、洗い流しが不要、飲み込んでも安全な歯磨き・口腔ケア製品であること。

「飲み込んでも安全な殺菌剤を配合した歯磨き・口腔ケア製品」
不衛生な状態での口腔内の細菌の増加は、誤嚥性肺炎・歯周病・虫歯・口臭の原因となるため、飲み込んでも安全な殺菌剤を配合した歯磨き・口腔ケア製品であること。

「保湿機能を有したの歯磨き・口腔ケア製品」
水がないことに加え、口腔内の乾燥は被災地での二次感染リスクを高めるため、保湿機能を有したの歯磨き・口腔ケア製品であること。

「合成殺菌剤などを含まず、生分解性が高く環境に優しい歯磨き・口腔ケア製品」
下水道が破壊された場合に備え、歯磨きの汚水による環境破壊を防ぎ、観光資源や美しい自然を守るため、また街の復興を早めるために、合成殺菌剤などを含まず、生分解性が高く自然環境に優しい歯磨き・口腔ケア製品であること。

「通常使いしている、アウトドアでも使える歯磨き・口腔ケア製品」
いざというときに取扱説明書のページをめくっている余裕はない。いかに日常使いできるかが重要。また実際には備蓄や緊急時の取り出しは難しく、いざと言う時に洗面台から即座に持ち出せる、日常で使用している歯磨き・口腔ケア製品であること。特にデザインや機能が優れたアウトドア用品は、たまのお出かけやレジャーはもちろんのこと、日常生活の場でも思った以上に活躍する。

「3年間保存できる一般の歯磨き・口腔ケア製品」
備蓄する場合、薬事法上どの歯磨き・口腔ケア製品も3年は保存でき使用も効果も問題ないが、最低数年ごとのチェックは必要。どの製品も3年後の次の日から使えなくなるわけではないが、劣化要素も加味して、買ってから数年以内の一般市販の歯磨き・口腔ケア製品であること。 

「災害の原因である温暖化を進めない環境配慮型の歯磨き・口腔ケア製品であること」
そもそも地球上で激増している自然災害の原因は、過剰なCO2の排出によるオゾン層の破壊と温暖化によるものです。石油由来の工業製品は自然災害の根本原因となり得、その購買や使用は災害発生を増加させる原因となります。家族の命を守るためには、長期的にCO2の排出を抑える環境配慮型の歯磨き・口腔ケア製品の選択が重要。グリーンテクノロジーによる歯磨き・口腔ケア製品を採用して、災害を未然に防ぐことがまず大切です。
    
その他の災害・防災・被災地の関する歯磨き・口腔ケアについて、実際の被災地支援活動から得られた情報を以下のページで特集しています。

ぜひご覧いただき、お役立ていただけましたら幸いです。

災害と歯磨き
https://oralpeace.com/disaster_support


 

 

   


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/news/media/11585
 

2020年1月4日(土曜日)

関連キーワード :

オーラルピース特集テレビ番組が全国放送されました!! チェンジ・ザ・ワールド―未来を築く志―「水を使わず歯磨き」防災・災害時の歯磨き・口腔ケアには飲み込んでも安全成分のオーラルピース

【オーラルピースの特集テレビ番組が全国放送されました!! チェンジ・ザ・ワールド―未来を築く志―「被災地 水を使わず歯磨き」】

テレビ東京 情報・ドキュメンタリー番組
チェンジ・ザ・ワールド―未来を築く志―「水を使わず歯磨き」

今年の夏、台風の被害に見舞われた千葉県で、被災地の暮らしを助けた奇跡の歯磨き粉がある。水を使わず歯を磨いて、飲み込んでも大丈夫!その秘密とは。

番組内容
今年の夏、台風が直撃して停電や断水などの被害を受けた千葉県で、水を使わずに歯磨きができる歯磨き剤が大活躍した。開発したのはトライフの手島大輔さん。おからや梅などの天然成分から作られ、飲み込んでも大丈夫だという。開発のきっかけは末期がんで闘病生活を送っていた父の姿。体力が弱り歯磨きをしても飲み込んでしまい体調を崩す原因となっていた。被災地のみならず、現在は世界20カ国で人々の暮らしを助けている。

出演:栄養を科学する抗加齢歯科医 森永宏喜先生

====

【災害・防災用の歯磨き・口腔ケア製品の選び方について】

災害現場において実際に使える歯磨き・口腔ケア製品は以下のスペックが必要とされます。

①「水がなくても使える歯磨き・口腔ケア製品」
断水などの状況に備えて、貴重な水がなくても使える歯磨き・口腔ケア製品であること。

「飲み込んでも安全な歯磨き・口腔ケア製品」
飲み込んでも安全な成分で、洗い流しが不要、飲み込んでも安全な歯磨き・口腔ケア製品であること。

「飲み込んでも安全な殺菌剤を配合した歯磨き・口腔ケア製品」
不衛生な状態での口腔内の細菌の増加は、誤嚥性肺炎・歯周病・虫歯・口臭の原因となるため、飲み込んでも安全な殺菌剤を配合した歯磨き・口腔ケア製品であること。

「保湿機能を有したの歯磨き・口腔ケア製品」
水がないことに加え、口腔内の乾燥は被災地での二次感染リスクを高めるため、保湿機能を有したの歯磨き・口腔ケア製品であること。

「合成殺菌剤などを含まず、生分解性が高く環境に優しい歯磨き・口腔ケア製品」
下水道が破壊された場合に備え、歯磨きの汚水による環境破壊を防ぎ、観光資源や美しい自然を守るため、また街の復興を早めるために、合成殺菌剤などを含まず、生分解性が高く自然環境に優しい歯磨き・口腔ケア製品であること。

「通常使いしている、アウトドアでも使える歯磨き・口腔ケア製品」
いざというときに取扱説明書のページをめくっている余裕はない。いかに日常使いできるかが重要。また実際には備蓄や緊急時の取り出しは難しく、いざと言う時に洗面台から即座に持ち出せる、日常で使用している歯磨き・口腔ケア製品であること。特にデザインや機能が優れたアウトドア用品は、たまのお出かけやレジャーはもちろんのこと、日常生活の場でも思った以上に活躍する。

「3年間保存できる一般の歯磨き・口腔ケア製品」
備蓄する場合、薬事法上どの歯磨き・口腔ケア製品も3年は保存でき使用も効果も問題ないが、最低数年ごとのチェックは必要。どの製品も3年後の次の日から使えなくなるわけではないが、劣化要素も加味して、買ってから数年以内の一般市販の歯磨き・口腔ケア製品であること。 

「災害の原因である温暖化を進めない環境配慮型の歯磨き・口腔ケア製品であること」
そもそも地球上で激増している自然災害の原因は、過剰なCO2の排出によるオゾン層の破壊と温暖化によるものです。石油由来の工業製品は自然災害の根本原因となり得、その購買や使用は災害発生を増加させる原因となります。家族の命を守るためには、長期的にCO2の排出を抑える環境配慮型の歯磨き・口腔ケア製品の選択が重要。グリーンテクノロジーによる歯磨き・口腔ケア製品を採用して、災害を未然に防ぐことがまず大切です。
    
その他の災害・防災・被災地の関する歯磨き・口腔ケアについて、実際の被災地支援活動から得られた情報を以下のページで特集しています。

ぜひご覧いただき、お役立ていただけましたら幸いです。

災害と歯磨き
https://oralpeace.com/disaster_support

====

https://www.tv-tokyo.co.jp/broad_tvtokyo/program/detail/201912/24709_201912291715.html?fbclid=IwAR3sV-qiMQiH7cDyBEbVszUnP9v2RlxdKpOmhmNdQr3XRZQWjBxCKv95994


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/news/media/10395
 

2019年10月15日(火曜日)

関連キーワード :

東京新聞にオーラルピースが取り上げられました「断水の不便和らげたい」災害時に水なし・うがい不要の歯磨き・口腔ケア製品

【東京新聞にオーラルピースが取り上げられました!!】

「断水の不便和らげたい」
水なし・うがい不要の歯磨き・口腔ケア製品
オーラルピース
うがい不要歯みがき
災害時の歯みがきに重宝
植物由来の成分
障害者の仕事創出プロジェクト
自分に出来ることで誰かを助けられれば
世界の被災地や難民キャンプで無償で配りたい

災害の備蓄品としてもおすすめいただいております。
ぜひご覧ください!!

====

【災害・防災用の歯磨き・口腔ケア製品の選び方について】

災害現場において実際に使える歯磨き・口腔ケア製品は以下のスペックが必要とされます。

①「水がなくても使える歯磨き・口腔ケア製品」
断水などの状況に備えて、貴重な水がなくても使える歯磨き・口腔ケア製品であること。

「飲み込んでも安全な歯磨き・口腔ケア製品」
飲み込んでも安全な成分で、洗い流しが不要、飲み込んでも安全な歯磨き・口腔ケア製品であること。

「飲み込んでも安全な殺菌剤を配合した歯磨き・口腔ケア製品」
不衛生な状態での口腔内の細菌の増加は、誤嚥性肺炎・歯周病・虫歯・口臭の原因となるため、飲み込んでも安全な殺菌剤を配合した歯磨き・口腔ケア製品であること。

「保湿機能を有したの歯磨き・口腔ケア製品」
水がないことに加え、口腔内の乾燥は被災地での二次感染リスクを高めるため、保湿機能を有したの歯磨き・口腔ケア製品であること。

「合成殺菌剤などを含まず、生分解性が高く環境に優しい歯磨き・口腔ケア製品」
下水道が破壊された場合に備え、歯磨きの汚水による環境破壊を防ぎ、観光資源や美しい自然を守るため、また街の復興を早めるために、合成殺菌剤などを含まず、生分解性が高く自然環境に優しい歯磨き・口腔ケア製品であること。

「通常使いしている、アウトドアでも使える歯磨き・口腔ケア製品」
いざというときに取扱説明書のページをめくっている余裕はない。いかに日常使いできるかが重要。また実際には備蓄や緊急時の取り出しは難しく、いざと言う時に洗面台から即座に持ち出せる、日常で使用している歯磨き・口腔ケア製品であること。特にデザインや機能が優れたアウトドア用品は、たまのお出かけやレジャーはもちろんのこと、日常生活の場でも思った以上に活躍する。

「3年間保存できる一般の歯磨き・口腔ケア製品」
備蓄する場合、薬事法上どの歯磨き・口腔ケア製品も3年は保存でき使用も効果も問題ないが、最低数年ごとのチェックは必要。どの製品も3年後の次の日から使えなくなるわけではないが、劣化要素も加味して、買ってから数年以内の一般市販の歯磨き・口腔ケア製品であること。 

「災害の原因である温暖化を進めない環境配慮型の歯磨き・口腔ケア製品であること」
そもそも地球上で激増している自然災害の原因は、過剰なCO2の排出によるオゾン層の破壊と温暖化によるものです。石油由来の工業製品は自然災害の根本原因となり得、その購買や使用は災害発生を増加させる原因となります。家族の命を守るためには、長期的にCO2の排出を抑える環境配慮型の歯磨き・口腔ケア製品の選択が重要。グリーンテクノロジーによる歯磨き・口腔ケア製品を採用して、災害を未然に防ぐことがまず大切です。

その他の災害・防災・被災地の関する歯磨き・口腔ケアについて、実際の被災地支援活動から得られた情報を以下のページで特集しています。

ぜひご覧いただき、お役立ていただけましたら幸いです。

災害と歯磨き
https://oralpeace.com/disaster_support

====

2019年10月9日東京新聞


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/news/media/3865
 

2018年9月1日(土曜日)

関連キーワード : , ,

「日本経済新聞」〜何でもランキング 災害・防災用品〜にて水なくても使える オーラルピース歯みがき&口腔ケアジェルが第4位に選ばれました

【「日本経済新聞」〜何でもランキング・防災用品〜にてオーラルピースが第4位に選ばれました‼︎】

9月1日は防災の日です。

本日の日本経済新聞のNIKKEIプラス1の、「何でもランキング・防災用品」にて、オーラルピースが第4位のアイテムとして選ばれました。

「家でもアウトドア用品・災害時に備える」というテーマのもと、災害の発生時に役立つアウトドア用品として、秋のレジャーでの便利に使える優れものを専門家が選定。

オーラルピースは、口腔内のトラブル原因菌にアプローチするネオナイシンe配合でありながら天然成分100%の画期的な口腔ケア製品として、山やアウトドアなど水のない環境で飲み込んでも安心、環境を汚さないアイテムとして登山家等に人気のアイテムです。

また、うがいや吐き出しのできない高齢者の誤嚥性肺炎や乳幼児、ペットの口腔ケアに有用性の高い製品ですが、災害用としてのニーズも高く、熊本大震災・平成30年7月豪雨被災地をはじめ被災地支援物資としての提供を続けてきました。

この度は、「火」・「ライト」・「トイレ」に続いて、口腔ケア製品のオーラルピースを選んでいただきました。

数ある世界の口腔ケア製品の中でも、実際の災害時に必要とされるアイテムとして専門家の方々に選んでいただき光栄です。

第1位:カセットコンロ
第2位:防水機能付きヘッドランプ
第3位:携帯トイレ
第4位:〜オーラルピース〜
第5位:おしり洗浄キット
第6位:USBランタン
第7位:防水性サック
第8位:折りたたみ椅子
第9位:ポップアップテント
第10位:モチヅキLEDランタン
第10位:濾過飲料水ボトル

ーーーー

4位 歯みがき&口腔ケアジェル スカイミント 370ポイント
水なくても使える(オーラルピース)

歯磨きと口内保湿用のジェル。原料は天然由来で体内に入っても問題ないが、残ったジェルが気になるなら拭き取るか軽く吐き出せばよい。指に取って口に塗ればドライマウス対策にも。

「高齢者や要介護者を中心に口腔(こうくう)内の雑菌が肺に入り、肺炎や敗血症を起こす災害関連死は多い。被災生活でのオーラルケアは重要」(玉木貴さん)。

個包装タイプもある。「被災時は水分を十分取れず、ストレスで唾液が減る。口腔衛生用品は欠かせない。歯磨きできない仕事中も使える」(宮丸さん)

(1)トライフ(2)1080円(3)50グラム(4)低刺激の「クリーン&モイスチュア」、乳幼児も使える「サンシャインオレンジ」など(5)045・663・2101

ーーーー

ぜひご覧ください!!

====

【災害・防災用の歯磨き・口腔ケア製品の選び方について】

災害現場において実際に使える歯磨き・口腔ケア製品は以下のスペックが必要とされます。

①「水がなくても使える歯磨き・口腔ケア製品」
断水などの状況に備えて、貴重な水がなくても使える歯磨き・口腔ケア製品であること。

「飲み込んでも安全な歯磨き・口腔ケア製品」
飲み込んでも安全な成分で、洗い流しが不要、飲み込んでも安全な歯磨き・口腔ケア製品であること。

「飲み込んでも安全な殺菌剤を配合した歯磨き・口腔ケア製品」
不衛生な状態での口腔内の細菌の増加は、誤嚥性肺炎・歯周病・虫歯・口臭の原因となるため、飲み込んでも安全な殺菌剤を配合した歯磨き・口腔ケア製品であること。

「保湿機能を有したの歯磨き・口腔ケア製品」
水がないことに加え、口腔内の乾燥は被災地での二次感染リスクを高めるため、保湿機能を有したの歯磨き・口腔ケア製品であること。

「合成殺菌剤などを含まず、生分解性が高く環境に優しい歯磨き・口腔ケア製品」
下水道が破壊された場合に備え、歯磨きの汚水による環境破壊を防ぎ、観光資源や美しい自然を守るため、また街の復興を早めるために、合成殺菌剤などを含まず、生分解性が高く自然環境に優しい歯磨き・口腔ケア製品であること。

「通常使いしている、アウトドアでも使える歯磨き・口腔ケア製品」
いざというときに取扱説明書のページをめくっている余裕はない。いかに日常使いできるかが重要。また実際には備蓄や緊急時の取り出しは難しく、いざと言う時に洗面台から即座に持ち出せる、日常で使用している歯磨き・口腔ケア製品であること。特にデザインや機能が優れたアウトドア用品は、たまのお出かけやレジャーはもちろんのこと、日常生活の場でも思った以上に活躍する。

「3年間保存できる一般の歯磨き・口腔ケア製品」
備蓄する場合、薬事法上どの歯磨き・口腔ケア製品も3年は保存でき使用も効果も問題ないが、最低数年ごとのチェックは必要。どの製品も3年後の次の日から使えなくなるわけではないが、劣化要素も加味して、買ってから数年以内の一般市販の歯磨き・口腔ケア製品であること。 

「災害の原因である温暖化を進めない環境配慮型の歯磨き・口腔ケア製品であること」
そもそも地球上で激増している自然災害の原因は、過剰なCO2の排出によるオゾン層の破壊と温暖化によるものです。石油由来の工業製品は自然災害の根本原因となり得、その購買や使用は災害発生を増加させる原因となります。家族の命を守るためには、長期的にCO2の排出を抑える環境配慮型の歯磨き・口腔ケア製品の選択が重要。グリーンテクノロジーによる歯磨き・口腔ケア製品を採用して、災害を未然に防ぐことがまず大切です。
    
その他の災害・防災・被災地の関する歯磨き・口腔ケアについて、実際の被災地支援活動から得られた情報を以下のページで特集しています。

ぜひご覧いただき、お役立ていただけましたら幸いです。

災害と歯磨き
https://oralpeace.com/disaster_support

====

「日本経済新聞」の購読のお申し込みは以下から
https://www.nikkei.com/
 
 
今後も産学官の研究成果を、世界中の方々のお役に立つものとしてお届けできるとともに、事業を通した全国の障がい者の仕事創出にもつなげていければと存じます。
 
引き続きオーラルピースをご愛顧いただけますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

日本経済新聞災害用品ランキングオーラルピース日本経済新聞災害用品第4位オーラルピース


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/news/media/2747
 

2016年5月9日(月曜日)

関連キーワード : ,

NHKワールドニュースでオーラルピース熊本震災 災害被災地 歯磨き・口腔ケア支援活動についての特集が放送されます

【NHKワールドでオーラルピース熊本被災地支援活動についての特集が放送されます】

このたびのオーラルピースによる熊本震災支援活動が、NHKワールドのラジオ放送にて、世界18言語で世界中に放送されることになりました。

番組ホームページ
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/radio/mfn/201605060600/

「Made from Nippon」というコーナーで、被災地の方々を救う緊急的な口腔ケア(水が不要な口腔衛生品)としてオーラルピースとその活動が紹介されます。

NHKワールドの榛葉ディレクターにより、被災地現場の状況や熊本の山口歯科医師へのインタビュー、九州の開発者の開発者の永利さんへのインタビュー、加古さんとドバイのパートナーとのミーティング風景、などとても丁寧に取材していただきました。
ぜひ世界中のお友達にご案内・シェアいただき、聞いていただけるようにお願いできましたら幸いです。

日本でもスマートフォンやパソコンで聞けるので、ぜひ聞いてみてください。

5月10日(火)
1回目14時15分〜
2回目16時40分〜
3回目20時15分〜
4回目23時15分〜

放送スケジュール
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/radio/

どうぞよろしくお願い申し上げます。

〜〜〜〜〜
NHK WORLD RADIO JAPAN WILL BROADCAST ORALPEACE PROJECT
ON 10TH OF MAY IN 18 FOREIGN LANGUAGES.

Made from Nippon
Protecting Patients in Disaster-hit areas!
Emergency Oral Care Support: Oral Hygiene that Doesn’t Need Water

〜Oral hygiene products that don’t require water〜

After the huge earthquakes that hit Kumamoto last month, water was scarce. Oral care for bedridden patients in hospital or at home became a life-or-death issue. A project was set up to express oral hygiene products that didn’t require water. There’s a lot of international interest in these products as well. Discover how they were developed, and find out more about how they’re being used on-site.

====

【災害・防災用の歯磨き・口腔ケア製品の選び方について】

災害時に実際使える歯磨き・口腔ケア製品は以下のスペックが必要とされます。

①「水がなくても使える歯磨き・口腔ケア製品」
断水などの状況に備えて、貴重な水がなくても使える歯磨き・口腔ケア製品であること。

「飲み込んでも安全な歯磨き・口腔ケア製品」
飲み込んでも安全な成分で、洗い流しが不要、飲み込んでも安全な歯磨き・口腔ケア製品であること。

「飲み込んでも安全な殺菌剤を配合した歯磨き・口腔ケア製品」
不衛生な状態での口腔内の細菌の増加は、誤嚥性肺炎・歯周病・虫歯・口臭の原因となるため、飲み込んでも安全な殺菌剤を配合した歯磨き・口腔ケア製品であること。

「保湿機能を有したの歯磨き・口腔ケア製品」
水がないことに加え、口腔内の乾燥は被災地での二次感染リスクを高めるため、保湿機能を有したの歯磨き・口腔ケア製品であること。

「合成殺菌剤などを含まず、生分解性が高く環境に優しい歯磨き・口腔ケア製品」
下水道が破壊された場合に備え、歯磨きの汚水による環境破壊を防ぎ、観光資源や美しい自然を守るため、また街の復興を早めるために、合成殺菌剤などを含まず、生分解性が高く自然環境に優しい歯磨き・口腔ケア製品であること。

「通常使いしている、アウトドアでも使える歯磨き・口腔ケア製品」
いざというときに取扱説明書のページをめくっている余裕はない。いかに日常使いできるかが重要。また実際には備蓄や緊急時の取り出しは難しく、いざと言う時に洗面台から即座に持ち出せる、日常で使用している歯磨き・口腔ケア製品であること。特にデザインや機能が優れたアウトドア用品は、たまのお出かけやレジャーはもちろんのこと、日常生活の場でも思った以上に活躍する。

「3年間保存できる一般の歯磨き・口腔ケア製品」
備蓄する場合、薬事法上どの歯磨き・口腔ケア製品も3年は保存でき使用も効果も問題ないが、最低数年ごとのチェックは必要。どの製品も3年後の次の日から使えなくなるわけではないが、劣化要素も加味して、買ってから数年以内の一般市販の歯磨き・口腔ケア製品であること。 

「災害の原因である温暖化を進めない環境配慮型の歯磨き・口腔ケア製品であること」
そもそも地球上で激増している自然災害の原因は、過剰なCO2の排出によるオゾン層の破壊と温暖化によるものです。石油由来の工業製品は自然災害の根本原因となり得、その購買や使用は災害発生を増加させる原因となります。家族の命を守るためには、長期的にCO2の排出を抑える環境配慮型の歯磨き・口腔ケア製品の選択が重要。グリーンテクノロジーによる歯磨き・口腔ケア製品を採用して、災害を未然に防ぐことがまず大切です。
    
その他の災害・防災・被災地の関する歯磨き・口腔ケアについて、実際の被災地支援活動から得られた情報を以下のページで特集しています。

ぜひご覧いただき、お役立ていただけましたら幸いです。

災害と歯磨き
https://oralpeace.com/disaster_support

====


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
ブログ内の『災害』のキーワードで表示しています