オーラルピース

 

私たちの考える良い口腔ケア製品とは

1.弱者や家族にも安心して使える安全な口腔ケア製品

万病の入口としての口腔、

体や心をつくり健康にとても大切な口に入れるものとして、

配合する成分のひとつひとつに至るまで、

乳幼児から妊婦、高齢者や闘病者にも自信をもって薦められる、

自身の家族、親、子供、孫の口に入れるものとして、

安心して本当に使わせたいと思える、愛のある、

世界一の安全性と臨床効果を追求した口腔ケア製品となること。

 

2.人類に新たな価値を提供する口腔ケア製品

これまでにも存在するような製品ではなく、

殺菌力と安全性の両立、清浄と保湿の両立、QOL向上と負担の低減、

製品の量産・排出と地球環境の保全、

という相反する矛盾を、

世界的に競争力を持つ日本の国立大学・研究機関、優秀な研究者・技術者と共に、

世界最先端の研究と技術革新で乗り越え、

人類に新たな価値を提供する口腔ケア製品となること。


3.ナチュラルで美味しく心と体に良い口腔ケア製品

良い食べ物は幸せや健康にはとても大切。

口に入れるものが、その人の心や体を形成します。

安全性が危惧される原料は不使用。

原料生産に用いる乳酸菌も植物性食品由来の菌を用い、

国際的なオーガニック認証基準に準拠し、

石油由来成分や動物由来原料、化学合成成分は無添加、

ナチュラルな植物由来の食品成分のみを使用、

香りは自然で心地良く、味は美味しく、

心と体に良い口腔ケア製品となること。


4.真の独自性・新規性がある口腔ケア製品

研究者が過去の固定概念にとらわれることなく、

理想とする一切妥協しない研究とものづくり。

また他の模倣・追随ではなく、自らの仕事・生き方として恥じない、

独自性・独創性のあるコンセプト・製品・デザイン・ブランド・事業づくり。

新たな研究や弛まぬ技術革新、クリエイティビティにより世界中の人々の健康な生活に寄与し、

社会や人類の発展に資する独自性・新規性を持つ口腔ケア製品となること。


5.客観的に評価される優位性を持つ世界で通用する製品

誠実な研究背景を持ち、

効果や安全性に関する実験データや臨床データ、学会発表や学術論文等への真摯な取り組みを行い、

研究に革新性、技術に特許性があり、事業の社会性・使用者の利便性・社会への公益性が、

公的機関等により客観的に評価され、

国内だけでなく世界でも認められる製品となること。


6.高い付加価値のリーズナブルな口腔ケア製品

人類の健康や命に大きく関わる製品、

多くの人の家族の健康で幸せな日々のためのトータル支出の引き下げ、

増大する世界の医療費全体の低減、医療・介護者負担の低減を追求する高付加価値製品、

また研究や事業、仕事に携わる人の生活も向上させる持続可能でリーズナブルな価格の口腔ケア製品となること。


7.やさしい気持ちと幸せをもたらす口腔ケア製品

単なる営利目的の製品ではなく、

事業を通して弱きものを支え、自社利益追求だけでなく、

日本国内・地域に雇用・仕事を創出し地域経済にも貢献し、

持続生産可能な植物原料を用い、生分解性の高い成分で地球の自然環境を守り、

デザインがライフスタイルを豊かにし、多くの人に夢や希望を与え、弱者に寄り添うエシカルでソーシャルな製品。

また事業背景にある家族を想う気持ち、事業に携わる人たちの温かな気持ちが込められた製品。

そして口に入れた時、使用後に、やさしい気持ちと幸せをもたらす口腔ケア製品となること。


8.儲け重視ではなく思いやりや愛を優先する製品

経済第一主義の製品ではなく、

生産や販売に携わる人が自分の孫や子孫にも胸を張れる、

自身の仕事や行動への責任、生き方や人生への誠実さ、

家族や他の人への思いやりや愛を優先した製品であること。

人の健康を軽視した添加物の使用や不誠実な販売方法など、自己利益のために人を犠牲にする目の前の儲けやお金より、

自分の生き方や家族、子供達や子孫、また世界中の人にとって、本当に大切なことを優先する、

100年後にも残る、愛のある製品・事業・ブランドであること。




オーラルピースとは、以上のことに共感を感じていただける世界の方々のために、家族や世界の人にとっての歯みがき剤・口腔衛生剤というものの在り方を、過去やしがらみに縛られず、21世紀にゼロベースから考え直し、世界の英知を結集して人類の進化に寄与するための革新的な製品となること。




写真:九州大学大学院園元研究室