オーラルピース

 

高齢者の介護になぜ口腔ケアが必要なの

老化による免疫機能の低下により、感染症が増えるというためです。

主に誤嚥性肺炎が増加することで医療の負担が増加する、患者のQOL低下につながります。

自分では歯磨き・口腔ケアのできなくなった要介護高齢者には、衛生状態を保つための口腔ケアの介入が必要なのです。

高齢化が進む日本では要介護高齢者の増加とともに、口腔ケア知識を高めていくことが良いとされています。

家族や患者・利用者さんのために、また介護者の負担を軽くするために、

賢く口腔ケア方法・口腔ケア製品を選んでいきましょう。

医療・介護現場における口腔ケアの重要性

世界一高齢化が進む日本の要介護高齢者は現在600万人超、介護費は年間10兆円超で、

2040年には25兆円まで膨らむ試算、介護者負担の増大と共に大きな社会問題になっています。

そして将来世界では日本と同じ高齢化問題が大きな規模で予想されています。

厚生労働省の調査では、介護不要で自立生活できる健康寿命と実際平均寿命との差が約10年とし、この寝たきりの要介護期間の短縮が必要。

近年政府は、残存歯本数と認知症の発症率、歯周病菌と全身疾病(心筋梗塞・糖尿病等)の相関性を明らかにし8020運動を展開し、

歯を残し健康寿命を伸ばす口腔ケアの徹底を推進しています。

新しい時代の口腔ケア製品へのニーズ

しかし医療・介護の現場においては、これまでの口腔用殺菌剤はうがいや吐き出しの困難な高齢者が飲み込むとお腹を壊す等リスクがあり、

水だけでのケアでは介護者の負担は依然重い実状。

介護者の身体・精神・時間的負担軽減の為に、ケアの効果・効率を高めながら飲み込んでも安全な口腔ケア製品、

また若年層の認知症予防ケアや健康長寿にも役立ち、新時代に求められる低環境負荷の口腔ケア製品へのニーズがあります。

高齢者介護の現場で役立つ、革新的な口腔ケア製品が、人類の高齢化を支える研究技術といえるでしょう。

要介護者の口腔ケアについて私たちに出来ること

要介護になった方のお口の汚れを清掃すること。

これはなかなか大変なことです。それは家族であっても。

しかし、生きている人間にとってはお口がきれいなことは、生きているということイコールでもあると言えます。

要介護高齢者の歯磨き・口腔ケアには多くの労力を要することですが、生きる限りお世話をしてあげたい。

そんな介護者の負担を下げて楽にしてあげるために、研究や技術開発はあると思います。

まず、それぞれが要介護となって多くの人のお世話にならないよう健康に気遣い元気に生きること、

介護が必要となった場合は効果的な製品を選んでもらい介護者の負担を下げること、

他人にお口のケアをしてもらうことは、してもらう方もする方も、本当はしたくないことです。

次の世代が困らないように、健康に過ごすことに努めて参りましょう。

最新の医療・介護現場における口腔ケア方法の実際

医療・介護現場での最新の口腔ケア方法については、ともに臨床件数は日本一におよぶ日本の在宅歯科医療の第一人者であり、オーラルピースプロジェクトメンバーである角田愛美歯科医師(東京医科歯科大学歯学博士)と十時久子歯科衛生士による書籍「在宅口腔衛生管理スタートブック」(クインテッセンス出版刊行)に、依頼対応から基礎知識、準備、技術、ポジショニング、多様な症例別のケア方法、日常的口腔ケアの指導、多職種連携、感染管理までの基礎から応用までの臨床現場で必要となる知識を、写真やイラスト入りで初歩から詳細に解説されています。

医療・介護従事者の方はぜひ参考にされ、適切な口腔ケアを行っていただけます様お願い申し上げます。

     
 
     
 

口腔ケア製品・口腔衛生剤・口腔保湿剤への「飲み込んでも安全な抗菌剤」配合の必要性

口腔内では細菌が原因で、虫歯や歯周病を引き起こし、細菌のかたまりである歯垢(プラーク)も出来ます。

歯石は歯垢が石灰化したもので、口腔内の細菌によるものです。

また免疫力が落ちるとカンジダ菌の増殖も見られます。

歯垢や歯石、口臭、口腔カンジダ等を防ぐには日々の口腔ケアと、原因菌への対応が重要となります。

また一方でうがいや吐き出しのできない場合には、飲み込んでも安全でありながら菌を制する効果のある成分が必要となります。

水、植物エキスや酵素、乳酸菌自体では実際の臨床上の課題が残り、また合成殺菌剤の体内摂取も課題があります。

原因菌への対応と、飲み込んでも安心という相反する課題を解決する新たな製剤の研究開発が世界中で望まれていました。


口腔ケアジェルと口腔ケアスプレーの使い分け方法

それぞれの特徴に合わせた使い分けが有効です。

ジェルの場合は歯磨き・口腔ケア時に、また口内保湿に便利です。

一方スプレーの場合は、時間のない時に直接口腔内にスプレーし、口腔内の菌数コントロール、口腔衛生や保湿が簡単に実現できます。

すぐうがいができない時の口腔衛生にも役立ちます。

外出時や忙しい時、寝てしまった人に使う場合などスプレー製品は便利です。

またコップに入れた水に口腔ケアスプレーを数プッシュし薄めるとマウスウォッシュ(洗口液)にもなり、うがいにも便利です。

ほぼ水分であり容量の大きいマウスウォッシュに比べて水分量も少なく済むので、スプレー製品は保存や携帯にも向いている製品と言えます。

両方のアイテムを効果的に使い分けることが、適切な口腔ケアのポイントとなります。

【まとめ】 医療・介護現場における要介護高齢者向け口腔ケア製品の選び方について

第一に、「全成分」の確認です。

体や心をつくり、大切な身体・健康のすべての入り口である、「お口」に入れる製品を購入する場合は必ず、各製品の「全成分」(配合・添加されているすべての成分)をご自身で確認、調べた上で選択して頂くことをお勧めいたします。

「全成分」は製品パッケージで確認することができます。

多くの場合、「製品の本質以外」に目を奪われがちです。

しかし科学や研究、ものづくりの世界においては、製品の背景にある研究や技術革新、安全性についての新たな取り組みや努力はすべて、「全成分」という成果に結実されるためです。

「全成分」を確認し、製品の本質を見極めることが大切です。


第二に、「研究背景」と「成果」の確認です。

どの様なプロジェクトメンバー、大学・大学院や研究機関で(国立機関か私営団体か・国際的な競争力のある公立機関か)、

どの様なキャリアとプロファイルを持つ研究者(所属機関や専門領域において国際的な競争力を持ちうる研究者か)により研究開発された技術・製品であるのか、また何のための研究しているのか、

そしてその研究・技術に革新性や客観的な優位性(「特許」や「論文」、「受賞歴」、「新聞掲載」など)が存在するのか、
です。

各製品に関する「研究背景」や「データ」、「論文」や「特許」、「受賞歴」や「メディア掲載」などもインターネットで簡単に調べられる時代となっています。

どの様な研究機関・研究者・関与メンバー等の「研究背景」で取り組みを行い、その結果どの様な「成果」を収めている研究であるのかを見極めることが大切です。


第三に、それらの研究成果や製品は、どの様な新聞やテレビなどの報道機関、雑誌などの公共メディアなどのパブリシティに取り扱われているか、です。

信頼性の高い報道機関や公共メディアに、広告ではなく記事として扱われる、ニュースとしての価値を持つ研究成果や製品であるのか。

日々数多の研究機関や企業のプレスリリースを受け取り、見尽くしている記者のフィルターを通して記事化され報道されるものは、専門知識を持たない多くの消費者にとって、新しい社会有用性のある研究成果やこれまでにない価値を持つ製品であるか、を判断する大きな要素となります。


第四に、どの様な医療機関・店舗に選ばれているのか、どの様な国々で販売され使用されているのか、です。

信用性の高い医療機関や百貨店等の店舗には、世の中の様々な製品を自身の責任で選択し、患者や顧客に自身の病院・店舗が自信を持って進められる製品を提供する医療者およびバイヤー(仕入担当者)が居ます。

世界中に多くのものや情報が溢れる今、消費者にとって、ここで購入する品は間違いないという店格の高いお店があります。

それら医療機関や百貨店などのお店で選ばれるということは、世界中の製品を見尽くしている目利きのバイヤーのフィルターによって選ばれ、信頼され、大切な患者や顧客に勧めるべき製品である、という事になります。

また日本だけでなく海外の国々で正式現地販売されるには、各国の保健機関による厳しい認可の末に初めて販売することができます。

正式現地販売されている製品は、それぞれの国で内容を吟味され、国民の健康に資するものとして使わせるべきであると判断された製品となります。

選ぶべき製品は、どの様な医療機関・行政機関・公共機関、どの様な店格の百貨店やお店に選ばれ、取り扱われている製品であるのか。

日本だけでなく米国やヨーロッパ、中国やアジア諸国、中南米等の世界各国でも販売されている製品なのか。そして、多くの世界中の人に求められている製品であるのか。

冷静に当該製品の取り扱い・販売実績を知ることも、専門知識を持たない多くの消費者にとって、世界中の他の製品との違いや製品の本質、研究や技術の優位性、選ぶべき製品の良さ、を判断する要素となります。


最後に、「社会性」の確認です。

その選択によって自分だけでなく社会や他の人にとっても良いことに繋がる製品・事業なのか、人の健康や環境配慮を優先している製品であるのか、単なる営利目的の製品なのか、社会的取り組みを行なっている製品なのか、等を調べることが大切です。

以上の企業の実態や経営姿勢についても、ウィキペディアなどで簡単に調べることが出来る時代となっています。

単に製品スペックそのものだけでなく、製品・企業の「社会性」を医療者や消費者が自ら賢く見極めることが大切です。


様々な情報が溢れ、企業や製品も溢れているいま、自身や家族、患者さんの健康を守るためには、また自分たちの健康や生活を守るためには、自らが本質を見極め判断できることが求められる時代にもなってきました。

これまでとは大きく変わるコロナウイルス禍以降の時代には、医療者や消費者各自が、どのよう企業の製品が社会や自身にとってより良いことに繋がっていくのか、社会・経済の仕組みを知り、賢明な選択に変えていく必要があるといえます。

関連情報ページ

「介護と口腔ケア」の関連情報ページは以下です。ぜひご覧ください。

世界の高齢化問題の解決が期待される宇宙技術とSDGs
https://oralpeace.com/blog/24580

今世紀初 農芸化学技術賞を受賞した口腔ケア製剤「ネオナイシン」
https://oralpeace.com/blog/8535

JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)のISS(国際宇宙ステーション)への搭載候補品として選定された高齢者介護用口腔ケア製品
https://oralpeace.com/news/news-news/19572

ジャパンベンチャーアワード2015最優秀賞受賞「革新的な口腔ケア製品で健康長寿と障害者の仕事創出 」
https://oralpeace.com/news/announcement/2028

日本最大のビジネスコンテスト”横浜ビジネスグランプリ”最優秀賞受賞の高齢者介護用口腔ケア製品
https://oralpeace.com/blog/928

オーラルケア製品で初のグッドデザイン賞“GOOD DESIGN AWARD 2017”受賞の高齢者介護用口腔ケア製品
https://oralpeace.com/blog/11420

グッドデザイン賞年鑑 「オーラルピース」
https://www.g-mark.org/award/describe/45840?token=UYdUmITiPm

川崎市ホームページ 行政が認定する優れた介護福祉製品とは
https://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000084735.html

ソーシャルプロダクツ・アワード 2015度受賞商品 オーラルピース
https://www.apsp.or.jp/product/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9/

天然原料の口腔ケア製品で障害者の明るい未来をつくる!
https://massmass.jp/project/interview_teshima/

100%天然由来成分で飲み込んでも安心な口腔ケア「オーラルピース」
https://openers.jp/news/detail?i=1687

お口のデイリーケアがこれひとつで!飲みこんでも安心なオーラルケア
https://memoco.jp/articles/2595?page=5

ananカラダに良いものカタログ 「オーラルピース」
https://magazineworld.jp/anan/anan-karada/catalog-1936/

マスクみたいなスプレーがあるの?オーラルケア対策をしよう!
http://www.arigatogiving.com/blog/arigato_story/post-799

飲んでも安全な歯磨き粉『オーラルピース』を通じ、障がい者の仕事や未来に新しい風を送り込む
http://mediwel-galaxy.jp/archive/1001/

朝日新聞 全国経済欄 オーラルピース連載「福祉とビジネス」
https://www.asahi.com/articles/DA3S12752334.html
https://www.asahi.com/articles/ASK1M435TK1MULFA00M.html?iref=pc_photo_gallery_bottom

100%天然由来成分で飲み込んでも安心な口腔ケア「オーラルピース」
https://openers.jp/news/detail?i=1687

お口のデイリーケアがこれひとつで!飲みこんでも安心なオーラルケア
https://pelulu.jp/7703/

ARABNEWS オーラルピース:飲み込んでも安全な、これまでにない日本の口腔ケア製品
https://www.arabnews.jp/article/features/article_27536/

日本経済新聞 オーラルピース欧州に進出
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO60035540V00C20A6L92000/

朝日新聞  飲み込んでも大丈夫 歯磨き剤、宇宙進出なるか
https://www.asahi.com/articles/ASP2C6WSMNDXULOB01S.html

新潟日報 口腔ケアスプレー 宇宙に飛び立て ISSで使う候補に
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20210323605740.html

飲める成分の口腔ケア製品、歯磨きジェル 「オーラルピース」
https://magazine.lacita.co.jp/archives/9657

Yahoo News 飲める成分の口腔ケア製品「オーラルピース」がISS搭載候補品として選定
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2dd9904215ff8b32b71a367d8946daddafb9aa9

Japan Times Oral care product made by workers with disabilities could be sent to space station
https://www.japantimes.co.jp/news/2021/04/01/national/space-products-disability/

ウィキペディア オーラルピースプロジェクト
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95

コロナウイルスと歯磨き・口腔ケアについての見解
https://oralpeace.com/blog/13710

外出先、職場や学校における歯磨きでの新型コロナウィルス 飛沫感染およびクラスター発生予防策について
https://oralpeace.com/blog/20463

横浜港クルーズ船の乗客3,600名への「オーラルピース」無償配布支援について
https://oralpeace.com/news/media/12274

新型コロナウィルス感染者集団(クラスター)発生の横浜市障害者入所施設への歯磨き・口腔ケア支援について
https://oralpeace.com/blog/19521

良い高齢者介護用の口腔ケア製品とは
https://oralpeace.com/good-care

幸せな日々のために
https://oralpeace.com/care

ネオナイシンとは
https://neonisin.jp/

研究者からのメッセージ
https://neonisin.jp/researchers

オーラルピースとは
https://oralpeace.com/oralpeace

よくあるご質問
https://oralpeace.com/faq

お客様の声
https://oralpeace.com/voice

私たちの使命
https://oralpeace.com/mission

プロジェクトメンバー
https://oralpeace.com/member

SDGsについて
https://oralpeace.com/sdgs

オーラルピース クリーン&モイスチュア
https://oralpeace.com/lineup

ボディピース プレミアムハンドケアクリーム
https://bodypeace.jp//a>

日本全国・世界のパートナー
https://oralpeace.com/buy

ORALPEACE 公式オンラインストア
https://oralpeace.stores.jp/

オーラルピース ブログ
https://oralpeace.com/category/blog

オーラルピース フェイスブックページ(最新情報)
https://www.facebook.com/oralpeace

オーラルピース インスタグラム(最新情報)
https://www.instagram.com/oralpeace/