オーラルピース

 

Imagine your family, friends,
The ones you love

家族の健康で幸せな日々のために

口腔は体の入り口として全身の健康を保つためにとても重要な器官で、健康と密接な関係があります。

現在、世界で様々なウイルスなどが出現し、病気になってしまってから治療をするよりも、日々の食事や健康に気づかい、病気にならずに毎日元気に充実して過ごしたいという、「予防ケア」に世界中の人々の関心が向き始めています。

そして世界中の研究から、日々適切なお口のケアをしていれば、健康に長生きできるということが解明されてきました。

また、口腔内粘膜は通常の皮膚の10〜20倍の経皮吸収率と高いことが知られ、日々口にする口腔ケア製品に配合された物質が思った以上に口に残る、体内吸収されるということも分かってきました。

先進国においては約10年前から、「オーラルケアこそ安全性の高いものを」という消費者ニーズが主流になってきています。

いま世界は、健康で長生きするために、お口の予防ケアの大切さと、口に入れるものの安全性が同時に求められる時代になりました。

健康に過ごしたい乳幼児からお年寄りまで、特に化学合成成分を摂取したくない妊婦さんや授乳中のママ、妊活中の女性、そしてペット等の予防には、「口腔内細菌にアプローチしながらも、体内吸収しても安心」な口腔ケアが求められます。

そして高齢化が進むいま、介護を必要とせず自立生活できる期間を健康寿命といいますが、実際平均寿命との差が約10年。つまり10年の間、家族やご自身が健康に過ごせず、寝たきりや認知症の状態になってしまう可能性があります。

この問題に口や歯の健康が深く関わっています。予防ケアをして歯がたくさん残っていると、全身疾患のリスクが低く健康で長生きであり、また認知症が発症しにくいことが知られています。

また誤嚥性肺炎は深刻な疾患で、肺炎は日本人の死因の第3位までになっています。高齢になると飲み込む機能(嚥下機能)が低下するため、寝ている間に増加した細菌を多く含む唾液を肺に誤嚥し亡くなるケースが多いためです。

そして最近の研究では、歯周病と糖尿病・心臓病・脳梗塞・早産などの病気との関係性が明らかになってきています。

歯を失う原因・お口のトラブルである虫歯・歯周病、口臭・誤嚥性肺炎・口腔カンジダ症などの多くは、口の中の細菌が原因。菌を増やさないためには、口腔ケアによる「清浄と共に保湿」も重要です。

そして安心・効果的・簡単ケアで、ケアする側の負担も軽減することも大事なことです。

さらに昨今、世界中で「難分解性」のプラスチックごみが海洋生態系に悪影響を及ぼしているといった問題が話題になっており、「生分解性」の良いプラスチックへの切り替えなど、環境に調和した「生分解性」に優れた製品への関心が世界的に大いに高まっています。

先進国では、環境に排出される口腔ケア製品においても、微生物生態系に影響のない「生分解性の高い製品」が注目されています。

自分たちのエゴだけではなく、受け継いだこの美しい緑の地球を、子供たちに残していくことも大切なことです。

あなたと、あなたの一番大切な人のために。

美しい地球を次の世代に残すために。

未来は、今日から自分たちでつくれます。

家族の健康で幸せな日々を。ピースフルに。

「口腔ケアについて」のよくある質問をまとめております →

よくある質問