オーラルピース

 

Imagine your family, friends,
The ones you love

家族の健康で幸せな日々のために

〜健康寿命を延ばすには、口腔ケアが重要!〜

【健康で幸せな日々と歯の関係】

口腔は体の入り口として全身の健康を保つためにとても重要な器官で、健康と密接な関係があります。

健康寿命とは、日常で介護を必要とせず自立した生活のできる期間を指します。

厚生労働省は2013年、初めてその数値を発表しました。

2010年の平均は男性70.42歳、女性73.62歳でした。一方、同じ2010年の平均寿命は男性79.55歳、女性86.30歳で、両者の間に男性約9年、女性約13年のギャップがあるのです。

これは、介護などを必要とする期間に当たります。

介護を必要とせず自立生活できる健康寿命と、実際平均寿命との差が約10年。

つまり10年の間、家族やご自身が健康に過ごせず、寝たきりや認知機能を失った状態になってしまう可能性があるのです。

この問題に実は、口腔つまり口や歯の健康が深く関わっていることが近年分かり始めました。

自分の歯がたくさん残っていると、全身疾患のリスクが低く、健康で長生きであるというデータが数多く報告されているのです。

今後、日本でますます課題となると思われるのが認知症ですが、これと歯との関係も分かり始めています。

予防ケアをして歯が残っていると認知機能が維持される、つまり「呆けにくい」という事実です。

健康に元気で長生きする、寝たきりにならないで日々を楽しく過ごす、病気で苦しまず毎日を幸せに過ごす、まわりに迷惑をかけず自立して生きる。

そんな生き方を望む人は、「健康である」ということは人生の大きな「前提条件」になると思います。

【超高齢化社会とオーラルケアの重要性】

また、高齢の方にとって誤嚥性肺炎は深刻な疾患で、日本人の死因の第3位までになっています。

日本人全体の死因に占める肺炎の割合は約10%ですが、そのうち96%までが65歳以上の高齢者です。

それは、高齢になると飲み込む機能(嚥下機能)が低下するため、寝ている間に増加した口腔内細菌を多く含む唾液を肺に誤嚥し亡くなるケースが多いためです。

そうしたことから、口の中の衛生状態を保ち口腔内細菌をコントロールすることは重要なことになります。

このように、超高齢社会の中で益々、口腔ケアの重要性は高くなって来ているのです。

【口腔内細菌と全身疾患との関係性】

そして最近の研究では歯周トラブルの原因菌と、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、早産や低体重児といった様々な疾病との関係性も明らかになっています。

歯を失う原因・お口のトラブルである虫歯、歯周病、口臭、誤嚥性肺炎、口腔カンジダ症などの多くは、口の中の細菌が原因。

菌を増やさないためには、菌にアプローチする製剤の研究と口腔ケアが重要です。

そして効果的に安全に簡単ケアすることが出来、ケアする側の負担も軽減することも大事なこと。

予防ケアの負担も軽減できる技術革新が求められています。

【若い時からの予防ケアの重要性】

そして若く健康な人にとっても、病気になってしまってから治療をするよりも、日々の食事や健康に気づかい、病気にならずに毎日元気に充実して過ごしたいという、「予防ケア」に世界中の人々の関心が向き始めています。

世界中の研究から、日々適切なお口のケアをしていれば、健康に命を守れるということが解明されてきました。

さらに、いま新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的な猛威を奮っています。人類は英知を結集してこの困難を乗り越えなければいけません。

歯科医師会によれば、歯みがき・口腔ケアを徹底し、お口の中を清潔に保つとウイルスの罹患率が10分の1に激減するとの報告もあります。

特にリスクの高い高齢者や疾患のある人、乳幼児や免疫力の弱い人の命を守るためには、考えられうる様々な予防対策を講じて行く必要があります。

未知の危険に対しては、感染してからの対応よりも、感染しないための「予防ケア」が重要です。

口腔衛生の徹底による感染リスクの低減や重症化リスクの回避は、大切な家族の命を守るために出来うるリスク回避策の一つであると考えられます。

【オーラルケアこそ安全性の高いものを】

また近年、オーラルケア製品についての世界の消費者志向についても意識が急速に大きく変わりつつあります。

それは、口腔内粘膜は通常の皮膚の10〜20倍の経皮吸収率と高いことが知られ、日々口にする口腔ケア製品に配合された物質が思った以上に口に残る、体内吸収されるということも分かってきたためです。

先進国においては約10年前から、「オーラルケアこそ安全性の高いものを」という消費者ニーズが主流になってきました。

毎日口に入れるオーラルケア製品も、それぞれがよく考えて選ぶ時代に。

いま世界は、健康で長生きするために、お口の予防ケアの大切さと、口に入れるものの安全性が同時に求められる時代になっています。

健康に過ごしたい乳幼児からお年寄りまで、特に化学合成成分を摂取したくない妊婦さんや授乳中のママ、妊活中の女性、そしてペット等の予防には、「口腔内細菌にアプローチしながらも、体内吸収しても安心」な口腔ケアが求められます。

【世界が求める「微生物生態系」に配慮した生分解性の高い製品】

さらに昨今、世界中で「難分解性」のプラスチックごみ等の「海洋汚染」が「海洋生態系」に悪影響を及ぼしている、また「大気汚染」が人々の健康や自然環境に悪影響を及ぼしているといった問題が話題になっています。

「海洋汚染」については、新しい技術革新により「生分解性」の良いプラスチックへの切り替えなど、環境に調和した「生分解性」に優れた製品への関心が世界的に大いに高まっています。

下水道が整備されていない地域は分かりやすいですが、自分たちの出した汚水は自然の川にそのまま流されるか、浄化槽できれいにしてから川に流されます。

その浄化槽には多くの微生物を住まわせており、体やお皿を洗った汚れた水を微生物が食べて生分解させ、水をきれいにして河川・自然に戻しています。

それは都会も同じことで、下水道によって流された汚水は下水処理場に集められ、そこで飼っている多くの微生物により生分解させて、水を浄化しているのです。

自然の川の場合は、川に住む自然の微生物がその役割を果たしてくれています。

その微生物による浄化作用を「生分解」と言います。

もし微生物が食べることのできない、微生物を殺してしまう、難分解性の化学成分や高濃度植物成分を含む製品を、世界中の人が毎日何度も使い続け排水し続けた場合、将来どうなるのか。

人間の暮らしを支えてくれている自然界の微生物はどうなってしまうのか。

子供たちや家族が日々食べる海産物や飲み水はどうなってしまうのか。

孫や子孫の世代の健康で幸せな日々に影響は出ないか。

近年、世界中の人々が実感し始めた大気汚染による地球のオゾン層破壊と温暖化による天候変化と同じく、「難分解性」の合成香料や殺菌剤等の化学成分による「水質汚染」での環境変化の現実に、世界中の人々が気づき始めました。

先進国では、人体への安全性だけでなく、環境に排出される製品の選択において「水質汚染」につながらない、「微生物生態系」に影響のない新たな技術革新による「生分解性の高い製品」が選択ファクターとなり、これまでの100年とは大きくパラダイムシフトが進んでいます。

日本に住む私たちも冷静に考えた時、これからの時代において、どの様な製品を一人一人が選んでいくことが、地球や人類、そして家族や自分にとって良いのか。自身はどちらを選択するか。

ふと立ち止まって考える時が来ました。

世界中でこれまでの価値観や生き方などを大きく変えた新型コロナウイルス(COVID-19)禍以降の時代は、自分のことだけでなく人類全体や地球全体を考えた、一人一人が支え合う生き方や、よく考えた賢明な暮らし方に大きく変わっていく時代になりつつあります。

目の前の自分たちの都合・利益だけではなく、受け継いだこの美しい緑の地球や家族の健康で幸せな暮らしを、子供たちの世代に残していくことも大人の大切な責任。

あなたと、あなたの一番大切な人のために。

未来は、今日から自分たちでつくれます。

家族の健康で幸せな日々を。ピースフルに。


 



   



















「口腔ケアについて」のよくある質問をまとめております →

よくある質問