オーラルピース

 

10月1日〜11月1日まで東急ハンズ全国各店のSDGs特集コーナーにて歯磨き・口腔ケア製品オーラルピースが紹介されます

【10月1日〜11月1日まで東急ハンズ全国各店のSDGs特集コーナーにてオーラルピースが紹介されます】

======
東急ハンズ、「これからの新しい暮らし」をテーマにした商品を展開  
~ハンズスタッフがSDGs視点でオススメする商品を揃えました~
株式会社東急ハンズ(本社:東京都)は、2020年10月1日(木)~2020年11月1日(日)までの32日間、日本全国の東急ハンズの各店にて「これからの新しい暮らし」をテーマにしたサスティナブルな商品展開を行います。
======

ぜひお近くの東急ハンズさんにお立ち寄りいただけましたら幸いです。

オーラルピースプロジェクトパートナーである東急ハンズさんには、ブランドデビュー当初より、障害者就労施設である「東京コロニー 東村山事業所」が販売代理店となり、施設からの購入にご協力をいただいています。
また各店への発送を担当させていただくことで、障害者の仕事と収入の創出という社会活動に共に推進し、SDGsへの取り組みを進めていただいています。

東急ハンズさんとオーラルピースプロジェクト
https://oralpeace.com/blog/1672

東急ハンズ各店への出荷風景
https://oralpeace.com/blog/773

ーーーーーーーーーー

「これからの新しい暮らし」

■企画のねらい
コロナ禍でライフスタイルの考え方や行動が変化している中、新しい生活様式の中で自分たちの暮らしをより良く、気に入ったものに囲まれて生活したいという意識が高まっています。東急ハンズでは、スタッフがおすすめする、私たちが暮らす環境に配慮した企業姿勢をもつブランドの商品や、その商品を使うことで未来につながるアイテムを取り揃えました。

■SDGsの取り組み
東急ハンズは、東急不動産ホールディングスグループとしてSDGs(※)にも積極的に取り組んでおります。今回の取り組みでは「つくる責任つかう責任」「海の豊かさを守ろう」「陸の豊かさを守ろう」の考えからSDGsの実現に貢献いたします。

※Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標

詳しくは以下のホームページをご覧ください。
https://hands.net/season/eco/


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

NHKワールドJAPANのインタビュー番組「Direct Talk」にオーラルピースプロジェクト代表の手島大輔が出演

【NHKワールドJAPANのインタビュー番組「Direct Talk」にオーラルピースプロジェクト代表の手島大輔が出演】

このたびプロジェクト代表の手島大輔が、NHKワールドJAPANのインタビュー番組「Direct Talk」に出演致しました。

番組ホームページ 

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/2058673/

(番組ホームページから直接動画を、いつでも誰でも見ることができます。ぜひご覧ください!!)

=====

「飲み込んでも安全な口腔衛生製品:手島大輔氏/社会起業家」

2013年、手島大輔氏は飲み込んでも人体に害のない口腔衛生製品を開発しました。そして彼の革新的なビジネスモデルは、障害のある多くの人々を支えています。彼にそのプロジェクトへの想いについてインタビューしました。

「NHKワールドJAPAN」は日本の公共メディア、NHK(日本放送協会)の国際サービスです。テレビ、ラジオ、インターネットを通じて、世界に向けて多言語で日本の今を発信しています。

インタビュー番組「Direct Talk」は、私たちの世界を変えているリーダー、時代の先駆者、アーティスト、アントレプレナーのマインドとモチベーションを探るインタビュー番組です。日本そしてアジアを代表する人物を中心に、世界の人々に向けて直接そして深く想いを語っていただきます。

Transcript

0m 09s
Our guest today is social entrepreneur Teshima Daisuke. His oral hygiene products can be used without water, and are safe to swallow. They’re perfect for elderly people confined to their beds. Or for disaster zones, where water isn’t readily available. Teshima’s business model is also receiving attention for offering a new kind of employment. He spoke to us about the philosophy he applies to his work.

0m 50s
We should all preserve individuality, and help each other out. If we all work together, I think we can create all kinds of new things.

1m 02s
At the core of Teshima’s venture business is an oral hygiene gel called Oralpeace. One tube costs around 1,000 yen, or about 10 US dollars. It uses all-natural ingredients that don’t harm the body. The gel is effective against certain pathogenic bacteria, an important part of oral care. But even if it’s mistakenly swallowed, it doesn’t cause any negative effects. We visited a shop selling the product.

1m 38s
Lots of people who buy it become repeat customers. Parents often ask for a toothpaste for their children. They want something that’s safe even when swallowed.

2m 00s
If you swallow a regular oral care product, the synthetic disinfectants they contain would have a negative effect on good bacteria in the body. This could cause digestive problems. Our product is safer for people who can’t gargle or spit. It’s useful for elderly people confined to their beds, people with physical impairments, and infants, as well as people in disaster zones who don’t have access to water. Even if a user does spit it out, the product is biodegradable, so it doesn’t harm the environment.

2m 37s
Teshima’s distribution system is also very distinctive. The staff who package his products are all people with disabilities. The same is true for delivery staff. He collaborates with over 500 facilities all across Japan that provide employment for people with disabilities.

3m 05s
Over 8,000 facilities aim to offer employment, but they frequently don’t have enough work. They make products, and sell them. But their wages aren’t very high. The important thing is to create work, giving people with disabilities the means to be part of society in a rewarding way. It’s great for their families, and for the people receiving deliveries, too. It creates such goodwill. It’s not just regular buying and selling. It’s more than that. There’s something about it that’s truly heartfelt. That feeling of goodwill is mutual. We’re supporting each other. Our staff get that, and their families too. I think it has a positive effect on society.

3m 59s
Behind the development of Teshima’s product is a dramatic tale involving his family. Before starting his own business, Teshima worked at trading and consulting companies for many years.

4m 17s
My grandfather worked in international trade. And I think that’s the reason why I wanted to work on a global scale. Throughout my career, I have constantly researched ways to gain an edge over other companies, and ways to succeed as a business.

4m 37s
Teshima worked hard, day after day, and built up an admirable career. At the age of 30 he got married, and one year later, he became a father. But something happened that no-one could have predicted.

4m 57s
When my son was born, the right side of his brain was damaged by cerebral thrombosis. This led to paralysis on the left side of his body. A disability. Until that point in my life, I had always thought that my dreams and ambitions would come true. That is, if I just tried hard enough. But when it came to my son’s disability, I had a realization that it was something that I couldn’t just solve through sheer effort alone. That came as a big shock to me. It was something I had never experienced before, and I really struggled with it.

5m 41s
Teshima worried about his son’s future. He began researching what life was like for disabled people in Japan.

5m 52s
Around eight million people in the country have a certified disability. A monthly wage is available for those who can’t work at a regular company. They work full time for 20 days a month, and are paid around 15,000 yen. A pension is also available, which is around 60 to 90 thousand yen. Even so, their monthly income rarely exceeds 100,000 yen. That’s a real problem, especially when their parents pass away. It’s not enough for them to achieve financial independence. So parents are constantly worrying about what they’re able to leave behind for their children after they’re gone. It’s something that really weighs heavily on their minds. In all honesty, I had no idea what to do.

6m 43s
Over time, as he raised his son, Teshima arrived at a new point of view.

6m 52s
I realized that everybody has something that makes them unique. Before then, I was always striving to hit a certain benchmark set by people around me. Whether it was a high score in a test, or high sales figures. I thought people were like fish, all swimming in the same direction. But that’s wrong. Some people swim backwards, or upwards. Everyone’s different, which is great. If someone can take their individual characteristics and put them to use, that’s a really good thing for them. I thought that approach would be a great way for me to live my life, too.

7m 36s
In 2005, Teshima quit his job. He founded a volunteer group, which gave employment assistance and donation-based aid to people with disabilities. To cover its operating costs, he started an Italian-made organic cosmetics brand. But trouble lied ahead.

7m 59s
The financial crash of 2008 caused all sorts of problems. Our Italian partner company went bankrupt. The business I’d built up was essentially wiped out by that event. I was absolutely penniless! The fridge was empty. I carried on volunteering, but I couldn’t afford the train, so I traveled by bike.

8m 27s
Teshima kept himself afloat by doing consulting work and lectures for companies. But another shock lay just around the corner. His father was diagnosed with stomach cancer. And the cancer treatment caused unforeseen problems.

8m 48s
His weakened immune system led to all sorts of symptoms, including fungal infections in his mouth. At this hospital, he was given a medicine that would sterilize those infections. He was supposed to gargle it, and spit it back out. But his body was so weak that he accidentally swallowed it. The medicine was intended for bacteria in the mouth, but it ended up killing bacteria in the body. As a result, he experienced digestive issues. That’s when something occurred to me.

9m 24s
When Teshima was involved in the cosmetics industry, he obtained valuable information from a Japanese university. A natural antibacterial agent could be made using plums, and a byproduct of tofu making called okara. Teshima thought he might be able to make use of that agent to create a new oral hygiene product.

9m 53s
At that time, all my ideas started to come together. On one hand, I wanted to create some kind of work for people with disabilities. I also wanted a product that filled a need in society. Right now, Japan’s population is aging. Many people are suffering from the same problems as my father. For those who can’t gargle or spit, a new antibacterial agent would be very valuable.

10m 24s
In collaboration with the university, Teshima reformed the antibacterial agent. They removed its original salty taste and changed it to a more suitable, refreshing flavor. A year later, in 2013, he succeeded in creating an oral hygiene product that’s safe to swallow. He began selling it under a new business model, using employment facilities for disabled people as distributors.

10m 56s
They buy it from us for 650 yen per item, and sell it for 1,000 yen. That means they make 350 yen of profit per tube. Before that point, disabled workers would be making just one yen for doing work like making an envelope or crushing an aluminum can. They were paid extremely low amounts. Selling just one tube equates to crushing 350 cans. As a result, it creates lots of opportunities. It’s not just an oral care or oral hygiene product. I thought it was also a message, one that’s carrying real value. It doesn’t only address problems pertaining to disabled people. These are universal issues, ones that are shared by billions of families. I wanted my product to become a symbol of mutual support.

11m 54s
Teshima was proud of the revolutionary product he had created. But at first, business was worryingly slow. Then, his company started appearing in newspaper and magazine articles. And after a year, sales had risen to nearly ten million yen a month.

12m 19s
Facilities for disabled people nationwide began helping us sell the product. At the moment, around 3,000 people with disabilities are working with us. When we compared the amount of product shipped to the amount of product sold, over seven years, there has been 30 to 40 million yen in profit. That profit has in turn been shared between members of the workforce. One member of staff, who used to make 14,000 yen a month, now makes more than 100,000 yen. In some cases, sales activity has led to people selling homemade cookies and other items at regional care homes for the elderly. I think it has increased regional communication and understanding, leading to brighter communities.

13m 10s
Teshima’s success was acknowledged by the Japan Venture Awards, who presented him with their top prize. Since 2016, he has been expanding the business overseas.

13m 25s
Our products are sold in Hong Kong, Taiwan, China, Malaysia, and Singapore, as well as Mexico, Guatemala and the United States of America. From next year, our goal is to manufacture our products in those places. It’s not just about helping people in Japan. Making and selling products in the same region supports the community. I want to expand that model to the rest of the world.

13m 59s
(Do you have any words to live by?)

14m 07s
“Try our life.” It means keep trying, no matter what. In our lives, we all face hardships and difficulties. We all deal with barriers, or obstacles we have to cross. And by overcoming them, we can each find value and meaning in our lives. My family story has given me all sorts of insights into life. And thanks to the support of a great many people around me, I’ve been able to take the business this far. If each of us, in our individual lives, faces up to the challenge, together, we can overcome the larger barriers that lie in front of us. That’s what I believe.

====

多くの皆様のおかげ様でこのような機会に恵まれました。

急遽大掃除して大変身した馬車道のちょっと面白い事務所も映っています。

ぜひご覧いただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ファッション・化粧品業界紙「WWD Beauty」にオーラルピースプロジェクトについて取り上げていただきました

【ファッション・化粧品業界紙「WWD Beauty」にオーラルピースプロジェクトについて取り上げていただきました】

「環境・社会・経済がかなえるサステナブルな未来」というテーマの有識者対談にて、オーラルピースプロジェクトについて取り上られました。


「WWDジャパン」は、業界関係者からファッションに関わる全ての人に向けた週間情報紙です。特にラグジュアリー・ブランドやデザイナーブランド、メーカー、百貨店、セレクトショップといった幅広い企業のトップから販売員まで多くの方に愛読されています。また、ファッションは時代を映す鏡であり業界外からも大きな支持を得ています。

講読はこちらより
https://www.wwdjapan.com/


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/news/media/8626
 

2019年5月31日(金曜日)

関連キーワード : , ,

雑誌「BRUTUS」特別編集合本『お金の、答え』にてオーラルピースが紹介されました

【雑誌「BRUTUS」特別編集合本『お金の、答え』にてオーラルピースが紹介されました‼︎】

『BRUTUS(ブルータス)』は、1988年に創刊されたマガジンハウス発刊の多くの人に愛されている雑誌です。

オーラルピース クリーン&モイスチュアは『お金と買い物 買い物で社会を変える方法』のコーナーで「毎日使うものだからこそ、エシカルなプロダクトを。」として紹介されました。

オーラルピースは、最新のバイオテクノロジーを用いた口腔内の細菌への効果が高いが飲み込んでも安全という世界に唯一のオーガニック口腔ケア製品としてのスペック追求ではなく、他の口腔ケア製品とは一線を画した、製品や事業を通して社会を変えることを目指しているブランドです。

またお隣には、オーラルピースプロジェクト以前にブランド立ち上げのお手伝いさせていただいた「特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会」のフェアトレードソープブランド「“She” with Shaplaneer」も掲載されていますので、ぜひご覧下さい。

She with Shaplaneer
https://www.shaplaneer.org/she/

「ブルータス」のご購入は全国の書店、定期購読にて
https://magazineworld.jp/brutus/

ブルータスオーラルピース1ブルータスオーラルピース2ブルータスオーラルピース3


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

雑誌「週刊ダイヤモンド」の特集『人事部も試行錯誤 障害者雇用の矛盾』にてオーラルピースプロジェクトが取り上げられました

【雑誌「週刊ダイヤモンド」の特集にてオーラルピースプロジェクトが取り上げられました!!】

雑誌「週刊ダイヤモンド3/16号」の特集3『人事部も試行錯誤 障害者雇用の矛盾』にて、障害者の仕事創出における新しいモデルであるオーラルピースプロジェクトが取り上げられました。

〜持続可能な形で企業は障害者雇用に取り組むべき〜
オーラルピースプロジェクトでは、知的障害者などがチューブ入り歯磨き剤のルート営業に参加する。このプロジェクトを世界各地で推進しようと挑戦。

池冨記者に丁寧に取材いただき、素晴らしい記事にしていただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

他の記事も池冨記者のジャーナリストとしての鋭い切り口で、現在の障害者雇用の課題と未来について多くの示唆のある特集にまとめていただいています。ぜひご覧ください!!

週刊ダイヤモンドは毎号「仕事に効く」タイムリーなビジネス情報が満載。独自の切り口による徹底した取材記事と豊富なデータ、見やすいビジュアルでビジネスパーソンが今もっとも知りたいニュースをわかりやすく分析・解説しています。購読はこちらから!!http://dw.diamond.ne.jp/

オーラルピースダイヤモンド1オーラルピースダイヤモンド2


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/3950
 

2019年1月16日(水曜日)

関連キーワード : ,

講演情報 オーラルピースプロジェクト代表の手島が青森市にて講演いたします挑戦~起業、そして障がい者雇用のSDGsビジネスモデルを確立するまで~

「ベンチャービジネスで障害者雇用創出に挑戦!」というテーマで、市内企業、起業・創業希望の方、行政の方向けに、地域における新規事業の立上げ方、地域での仕事の作り出し方、障害者の仕事を創出するオーラルピースのビジネスモデルなどをご紹介します。

各地域における人口減少や人手不足、産業の空洞化など様々な課題について、それぞれのできる身の丈で如何に挑戦していくか、皆様と考える機会になればと思います。

よろしければどうぞご参加ください。

〜〜〜〜〜〜〜

障がい者雇用促進セミナー
~ベンチャービジネスで障がい者雇用の創出に挑戦!~

主催:青森市 共催:青森雇用対策協議会
後援:青森労働局、青森公共職業安定所、青森商工会議所、青森県中小企業団体中央会、一般社団法人青森県経営者協会、青森経済同友会、青森県中小企業家同友会、青森市浪岡商工会

日時:平成31年1月22日(火曜日)14時00分~16時00分※受付は13時30分~
場所:青森商工会議所7階研修室(新町1-2-18)
定員:100名(先着順)
対象:どなたでも参加できます

内容
【第一部】基調講演
「挑戦~起業、そして障がい者雇用のビジネスモデルを確立するまで~」
〈講師〉手島大輔(株式会社トライフ代表取締役)
〔プロフィール〕革新的な口腔ケア製品を開発し事業化。高齢者の健康長寿と障がい者の仕事創出という社会問題解決に取り組んでいる。Japan Venture Awards 2015 経済産業大臣賞(最高位賞)を受賞し、挑戦する起業家の頂点に。

【第二部】トークセッション
「新たなビジネス領域への挑戦と障がい者雇用」
〈ゲスト〉手島大輔(株式会社トライフ 代表取締役)・大崎陽一(あおもり地域ビジネス交流センター プランナー)・〈モデレーター〉高樋忍(福祉住環境コーディネーター、有限会社クレイドル 代表取締役)

詳細につきましては、以下をご覧ください。
http://www.city.aomori.aomori.jp/keizai-seisaku/sangyo-koyou/syuurou-roudou/koyou_roudou/syougai/syougaikoyou.html

手島大輔講演青森


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/3827
 

2018年6月21日(木曜日)

関連キーワード : ,

特定非営利活動法人よこはま成年後見つばさへの訪問

本日は、特定非営利活動法人よこはま成年後見つばさにお伺いしました。

成年後見つばさとの関係は、2012年3月17日の朝日新聞の記事から障害者の親亡き後問題を知り、その解決を模索する中で悩みを抱え、須田理事長をお訪ねしたことが始まりでした。

つばさは横浜市役所福祉局のOBの皆様が中心となり、全国の法人後見の先駆けとして障害者・高齢者の法人後見に組んでいる素晴らしい団体です。

その後、障害者の仕事創出と社会参加、親亡き後問題の解決を目的に、2013年にオーラルピース事業を立ち上げることとなりましたが、つばさの皆様には当初よりプロジェクトを支えていただいてきました。

そして、この度はオーラルピースプロジェクトとして、わずかではありますがつばさ基金に寄付をさせていただくことができました。

つばさ基金は、資力が少なく成年後見やご葬儀などのお金の工面が難しい方への支援などに充てるための基金です。

時間がかかってしまいましたが、5年前夢に描いていたビジネスと福祉の融合、さらに社会的事業を親亡き後問題の解決に循環させる新たな仕組みの第一歩を、やっと踏み出すことができました。

これからも多くの皆様のお力をいただき、より良いプロジェクトにしていけましたらと思います。

特定非営利活動法人よこはま成年後見つばさ
http://www.ne.jp/asahi/hama/tubasa/

IMG_4226IMG_4187IMG_1770


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/3593
 

2017年11月29日(水曜日)

関連キーワード : , ,

代表の手島が「ビジコンなかの」ファイナルイベントにて講演を行います〜起業家講演「社会的課題を解決するSDGsビジネスモデル立ち上げ世界に挑戦する」

オーラルピースプロジェクト代表の手島が、平成29年度中野区ビジネスプランコンテスト「ビジコンなかの」のファイナルイベントにて、お話しさせていただくことになりました。

どなたでも参加いただけますので、お時間のある方はぜひお越しいただけましたらと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

ビジコンなかの ホームページ
http://bizcon-nakano.tokyo/final/

オーラルピース手島大輔ビジコン中野


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/3451
 

2017年9月11日(月曜日)

関連キーワード : , ,

オーラルピース アジア市場への展開

オーラルピースのアジア市場展開のため、フィリピンとシンガポールに赴きました。

東南アジア最大手の製薬ベンダーであるズーリックファーマ社のマニラとシンガポール社を訪問し、現地市場展開についてのミーティングです。

既にオーラルピース(ORALPEACE 口樂平)の販売が開始された、加古顧問旧知の台湾ズーリックファーマ社のJohn社長、Joseph副社長のご縁からアジア市場全体への展開を進めています。

初めて訪問したマニラ社も数千人規模の大企業ですが、現地CEOはじめ経営層が製品の革新性への評価と、オーラルピースプロジェクトの社会的活動に共感していただき、パートナーとして多大な支援をいただくことに。

シンガポール社においても経営層からの早々の市場参入についてお話をいただき、オーラルピースプロジェクト・アジアパシフィックの拠点にもなる同地での展開が視野に入ってきました。

FS2FS1IMG_4872FS3


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE in CHINA

中国東北部のオーラルピース(口乐平)プロジェクトの拠点である大連より戻りました。

今回は、大連大学にてオーラルピースプロジェクトを紹介する機会をプロジェクトサポーターの鄭教授、煤田博士にいただいての出張。

多くの学生の皆様に、これからのヘルスケア分野における先進的テクノロジーと高齢者QOL向上、さらに障害者支援を融合させるというオーラルピースプロジェクトの取り組みについての講義を加古顧問とともに行いました。

熱心にプロジェクトの話を聞いてくれ、また質疑応答も盛んで海外の学生の向学心に感心。

また講義後、その場で100人以上の生徒全員が参加するWeChat(LINEの世界で使える版)のグループページが出来、プロジェクトについて話し合うなど積極性とスピードの早さにも驚きました。

ぜひ優秀な世界の若者とこのプロジェクトを広げていければ素晴らしいと思います。

また、今回は大連市の行政担当者及びECビジネスに取り組む企業経営者10名、また日中友好協会の方々との会見もあり、こちらでもオーラルピースプロジェクトのプレゼンテーションをさせていただきました。

大連放送のテレビ撮影も入り、早速いくつかの企業からオファーがあり、スピードのある事業展開が期待できそうです。

中国の東北部だけでも日本と同じぐらいの人口で1億人以上、また高齢化が進んでいます。

お年寄りの健康な暮らし、また乳幼児の安全な成長にオーラルピースがお役に立てば、また現地の障害者の仕事創出につなげられればと思います。

世界に日本発の最先端のテクノロジーと弱者を救うソーシャルアクションを融合させた、新しい時代の日本を代表するグローバルブランドを創り出す。

オーラルピースプロジェクトの夢が、様々な人のお力で実現しつつあります。

IMG_3056IMG_1474IMG_5226IMG_0857IMG_5234IMG_5254IMG_3714IMG_5229IMG_5196IMG_5258IMG_5261IMG_5202IMG_6696


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
ブログ内の『福祉とビジネスの融合』のキーワードで表示しています