オーラルピース

 

シンガポール・マレーシア・タイでのプロジェクト展開

ゴールデンウィーク中のシンガポール・マレーシア・タイへの出張は、オーラルピースプロジェクトのグローバル展開の大きな一歩となりました。

台湾市場でのパートナー企業である台湾ズーリックファーマ社のジョン社長、ジョセフ副社長のご紹介でシンガポール社とタイ社の社長および幹部を訪問、またマレーシアでは加古顧問の旧知のFOLLOWME社の社長・副社長を訪問し、オーラルピースプロジェクトの各国展開についてのミーティングを行いました。

製薬や流通の世界を渡り歩いてきた海外のプロフェッショナル経営者は、オーラルピースの持つ、革新的なテクノロジーと将来性の理解が早く、また単なる製品販売ではなくプロジェクトの本旨である障害者支援というソーシャルアクションへの共感も非常に強く、様々なアイデアやスピードのある決断で事業展開についてのミーティングが進みます。

日本国内展開と同じく、海外の優秀なパートナーの方々のお力をいただき、世界中の高齢者のQOLを向上し介護負担を下げ、また赤ちゃんやペットに安全な口腔ケア製品を提供、そして事業を通した障害者支援を行う未来のソーシャルビジネスモデルを皆の手で現実化していければと思います。

シンガポールでは、今秋よりオーラルピースプロジェクトのグローバル拠点となるTRIFE Asia Pacificのオフィスを決めました。

オーラルピースは、家族や親子、恋人や友人、ペットなど一番大切な人とのストーリーが織りなすブランドです。

こうして国や人種や宗教を超え、一番大切なもののために、多くの人たちの力が集まり、世界にオーラルピースが広がってきています。

このオーラルピースプロジェクト、ブランドが生み出す、大切な人を想う優しい愛が世界中のそれぞれの人の心に灯れば素晴らしいことと思います。

IMG_4790IMG_4918IMG_4681IMG_4676IMG_6518IMG_1751IMG_5007IMG_3784IMG_5149IMG_8207IMG_7159IMG_7361IMG_5560IMG_0335IMG_9669IMG_3927IMG_0280


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/3295
 

2017年4月12日(水曜日)

関連キーワード : ,

ORALPEACE in TAIWAN

台湾でのオーラルピース(ORALPEACE 口樂平)事業展開におけるパートナーは、アジア圏最大規模の医薬品ベンダーである、ズーリックファーマ社。

スイス資本のグローバル企業で、世界トップ以下の製薬会社の医薬品の物流及びマーケティングを担い、台湾全土の医療機関や小売店などに製品を配下できる台湾ナンバーワンの会社です。

加古顧問のお力でこのような素晴らしい企業との提携が実現することになりました。

この度は、社長のジョンさん、副社長のジョセフさん、またCFOのジュリーさん、そして新任のコンスーマープロダクツ部門トップであるクレアさんに、今後3年間の詳細なマーケティングプラン及び、セールスプランをプレゼンしていただきました。

とても優秀で信頼できる方々が、このオーラルピースプロジェクトを助けていただけることに、本当に感謝しています。

革新的な技術による人に優しい製品で、多くのお困りの患者さんを救い、事業を通して障害者をはじめとした弱き人たちを救うことを目指す、オーラルピースプロジェクト。

世界に素晴らしいチームが広がってきています。

これから台湾の多くのみなさまにも、チームの想いが伝われば素晴らしいと思います。

TAIWAN


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

オーラルピースは、行政機関が革新的な福祉製品を定める「かわさき基準(KIS)」にて、口腔ケア製品として初めて、唯一の認定製品となりました

「かわさき基準」とは、福祉先進国であるスウェーデンにおける福祉の基本理念を参考としつつ、日本の「介護保険における理念」を包含しながら、行政機関が優れた福祉製品を定めるために設けた厳格な基準で、真の革新的な製品により社会的自立を支援することが基本コンセプトとなっています。

福祉製品市場が拡大する中、各企業は多くの福祉製品を投入、多くのコモディティ製品が市場に溢れています。

医療機関への出待ち営業や広告宣伝、口コミサイトへの有料書き込みプロモーション等が優位となっては、消費者や、施設や病院で使用する製品を選考し決定する医師・歯科医師・歯科衛生士・介護士・言語聴覚士等の医療従事者にとっても、似たように見える多くの製品の中から、国民生活の向上に資する優れた製品の選別が難しい状況になってしまいます。

公費をもって運営される病院、歯科医院、高齢者介護施設等で用いられる福祉製品や、消費者が選択すべき健康な生活に寄与する、医療・介護・家計それぞれの負担を低減する製品の選択において、第三者である公的機関が厳格な基準をもって客観的に各製品を見極め、国民生活の向上に資する真の良い製品を選定し、公費の有効活用や消費者保護を目指す基準は、深い製品選択のための知識を持たない国民、消費者にとっては非常に参考になる指針と言えます。

「かわさき基準」には、8つの理念に基づき福祉用具を評価し、同時にその製品が提供するサービスのあり方を定めています。

●人格・尊厳の尊重:利用者の人格や尊厳が尊重されていること
●利用者の意見の反映:サービス提供システムや福祉製品の開発過程に利用者が参加し、その意見が反映されており、利用者が利用したくなるような福祉製品であること
●自己決定:あらゆるサービスがサービスの提供の各過程において、十分な説明と理解がなされ、本人の自己決定に基づいて行われること
●ニーズの総合的把握:利用者の心理的・身体的・社会的ニーズを総合的に捉えていること
●活動能力の活性化:利用者の残存能力を引き出し、心理的・身体的・社会的活動能力が活性化されるように配慮されていること
●利用しやすさ:必要なサービス・相談・アフターフォローが身近なところですみやかに提供されていること
●安全・安心:サービス提供の全ての過程において安全・安心が保障されていること
●ノーマライゼーション:どのようなニーズを抱えていても、できうる限りの住み慣れた環境で社会生活を営むことができるように配慮されていること

オーラルピースは、行政機関が革新的な福祉製品を定める「かわさき基準(KIS)」を満たす製品として、口腔ケア製品で初めて、また唯一の口腔ケア製品として選ばれました。

ご家族で使うべき口腔ケア製品の選定に迷われている方、患者様や担当される施設、介護者、利用者様にプロフェッショナルとしてお薦めすべき口腔ケア製品を選考・検討されている方は、行政機関によるこの客観的な選考基準を国民のためにご参考にしていただけましたらと存じます。

オーラルピースは弛まぬ研究開発と真摯な技術革新を進め、真に社会の役に立つ製品づくりを目指して参る所存です。

引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

川崎市ホームページ 「オーラルピース」
http://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000084735.html

  
かわさき基準オーラルピース


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

世界自閉症啓発デーにオーラルピースが参加 オーラルピースの障害者支援

今日は街中がブルーに染まる世界自閉症啓発デー。

東京タワーの下でイベントが開催されています。

オーラルピース販売パートナー事業所である鎌倉の就労サポートセンターねくすとのメンバーと職員さんにより、オーラルピースの販売も一所懸命に行っています。

ねくすとでは、神奈川、東京で障がい者の実習や雇用にお力をいただける企業さんを募集しています。ぜひお声がけをいただけますと嬉しいです。

今日は、これからサルサガムテープのライブや東京タワーの青色点灯式など盛りだくさんなので、ぜひ足をお運びください。

お待ちしています!!

12472442_1013746648673847_7344221292961966383_n12919905_1013746702007175_2572777370982232512_n12321248_1013746658673846_1333592808892101945_n12494836_1013746645340514_2905677497506159624_n


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

オーラルピースの生産工場の見学 オーラルピースの障害者支援

昨日はオーラルピースの生産工場の一つである、新潟の障がい者就労施設あおぞらソラシードの工場見学に行ってきました。

日頃お世話になっています販売パートナーの皆さま、そしてプロジェクトメンバーのみなさまと。

オーラルピースの生産現場
https://oralpeace.com/blog/1233

生産メンバーが一所懸命にそして本当に丁寧にオーラルピースをつくっている現場を見て感動しました。理屈抜きにこんな心のこもったプロダクトは他にないと思えました。

素敵な1日を過ごさせていただき多くの皆さまに本当に感謝です。このプロジェクトを通してより多くに人に幸せになっていただけたらと思います。

単なるテクノロジーやベンチャービジネスではない、このプロジェクトの根幹にある大切なことを多くの人にお伝え、感じていただける機会をもっと増やしていきたいと思いました。

ユーザーの方々、医療関係者や行政の方、研究者の方、介護や療護に携わる方、障がい者の支援を行う方、企業経営をする方、ソーシャル活動をされている方、、、

様々の多くに人にオーラルピースの本当の全体像を知って欲しいと思います。

感じていただける方はこのオーラルピースプロジェクトの応援者になっていただけましたら嬉しいです。

12004874_913802735334906_6753202680271988566_n (1)12038108_913802855334894_1540960632820870492_n12032201_913802885334891_1476983751702468177_n11223748_913803128668200_263569996310809064_n12033082_913803048668208_8011411469184995563_n12039440_913802928668220_767233248145072221_n11223550_913803018668211_4882388783713536774_n11215136_913803102001536_7668440890182940643_n


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/2362
 

2015年6月6日(土曜日)

関連キーワード : ,

オーラルピース「障がい者雇用経営セミナー」~5年後の障がい者雇用のビジネスモデルを考える~

障がい者雇用を推進する民間企業の特例子会社、就労継続支援A型事業所、社会福祉法人、行政機関の事業企画、新規事業のご担当者を対象とした経営セミナーにて代表手島がお話させていただきます。

また7月よりオーラルピースプロジェクトの各地域での販売を担うパートナーを、地域の障がい者を雇用する民間企業、民間企業の特例子会社、就労継続支援A型事業所にも拡大して参ります。それら企業で地域における障がい者による事業創出をご担当されている方はぜひご参加ください。

また取材をご希望される方はご連絡をいただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

障がい者雇用経営セミナー案内0001

————————————————————

「障がい者雇用経営セミナー」~5年後の障がい者雇用のビジネスモデルを考える~

特例子会社、就労継続支援A型事業所の事業企画、新規事業の担当者を対象とした経営セミナーです。全国で特例子会社は391社、また就労継続支援A型事業所は1089社あります。経営環境がめまぐるしく変化する中で、どのように時代にあった経営・運営を進めるのか、オーラルピースの事例からビジネスモデルを考えます。

本セミナーの趣旨
特例子会社は、現在全国で391社(平成26年5月末日、厚生労働省)あります。特例子会社の制度ができた初期は大企業の製造業などを中心に障害者を雇用するための業務を切出し、雇用を生み出してきました。近年、特例子会社の障害者雇用は全国において、多岐にわたる業種、職種で雇用されていますが、経営環境はめまぐるしく変化しています。特例子会社といえども親会社の経営環境や助成金の変化を受け、ある程度の自立を求められる特例子会社も少なくありません。
しかし、どのように障害者雇用をしているのかという取り組みを学ぶ機会は多くありますが、特例子会社の経営や事業運営に関して学ぶ機会はほとんどありません。特例子会社で経営企画、事業企画に取り組んでいたり、新たな事業の創出や拡大に取り組んでいる担当者が少し先の経営を見据えるための必要な考え方、新たな取り組みを生み出してきた企業の事例を学ぶ機会が必要だと感じています。
今回は、そのはじめとして「障がい者雇用経営セミナー」を開催することにいたしました。副題として「5年後の障がい者雇用のビジネスモデルを考える」としています。このような機会を通して、特例子会社における強みを活かした事業計画、事業運営をしていく一助にしたいと考えています。また、特例子会社と同じように障害者雇用に取り組んでいるA型事業所で、同様な取り組みをされている事業所の方たちにもご参加いただければ嬉しく思います。
日総ぴゅあ株式会社 雇用支援室 セミナー事務局

開催要項
日時:2015年7月22日(水)13:30~17:00
会場:赤坂DSビル4F (東京都港区赤坂8-5-26)
※ 申込締切:7月10日(金)
第1部「障害者雇用の経営戦略~オーラルピースの挑戦~」
講師:手島大輔氏 (株式会社トライフ 代表取締役)
第2部「障害者雇用の経営戦略を考える~特例子会社・A型事業所のビジネスモデルの作り方~」
講師:原田保氏 (多摩大学大学院客員教授、文化学園大学特任教授)
主催:日総ぴゅあ株式会社(日総工産特例子会社)
共催:一般社団法人ソーシャルユニバーシティ
   神奈川県中小企業家同友会 障害者委員会
協賛:地域デザイン学会


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/1734
 

2014年11月20日(木曜日)

関連キーワード :

「日本でいちばん大切にしたい会社」法政大学大学院教授 坂本光司先生 オーラルピースプロジェクト

今日は法政大学大学院教授で「日本でいちばん大切にしたい会社」著者の坂本光司先生とお会いできました。

先日横浜で行われた講演に参加できず、けいしん神奈川の尾高事務局長にお手紙とオーラルピースの資料を先生に託しましたら、すぐに先生から直接ご連絡をいただきお会いできることに。また講演も聞かせていただくことが出来ました。

講演の日本全国7,000社を訪ねた先生の様々な事例は、経営書に載っていない素晴らしい学びに。

「徳のある会社となる。その結果の業績は神様がくれたご褒美。」

経営者によって会社は変わる。

弱者を雇用する会社、リストラしない会社、しっかり働き休みの多い会社、残業をさせない会社、下請けに無理させない会社、値下げを受け入れない会社。

坂本先生にはオーラルピースのプロジェクトメンバーにもなっていただけることになりました。

オーラルピースをより良いプロジェクトに、そして会社を徳のある会社にしていきたいと思います。

IMG_3303IMG_3329


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/1751
 

2014年11月4日(火曜日)

関連キーワード : ,

全国社会福祉協議会主催 障がい者就労施設職員向けビジネス研修 オーラルピースの障害者支援

今日は霞が関で全国社会福祉協議会主催 全国の働く障がい者を支援する職員さん向けのビジネス研修、そしてオーラルピースプロジェクトの紹介を行いました。

それぞれの地域で障がい者の未来の扉を開く大切な人材。北から南まで全国から集まり、毎年やっていますが今年が一番多かったです。全国のパートナー事業所も増えて、地域の障がい者の収入向上にも繋げられそうで良かったです。

一番結果が出るのは、多くの人を本気にさせること。今日出会った人たちとオーラルピースプロジェクトを通して全国の働く障がい者の未来が変えて行きたいと思います。

IMG_3113IMG_3114


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

オーラルピースのサンプル送付風景 オーラルピースの障害者支援

学会や展示会に参加した後等の、全国の医療機関や介護施設の先生方へのオーラルピースのサンプル送付の仕事は、東京コロニー東村山でハンディキャップのあるメンバーが行っています。

オーラルピースは、さまざまな効果データや製品の説明もありますが、何といっても一度使っていただければ多くの方に効果を感じていただけ、また味もおいしく、価格も今までの口腔ケア製品よりお求めやすく、リピートの多い製品。先生方を介して全国の高齢者、障がい者、病床にある方をはじめとしたより多くの方に使っていただきたいと思っています。

今回、先日参加した日本摂食嚥下・リハビリテーション学会にて、オーラルピースのサンプルを希望された全国の医療機関・介護施設の医師、看護師、歯科医師、歯科衛生士、言語聴覚士、介護士のみなさまへの発送作業をしましたので、ご報告いたします。

発送するのは、オーラルピース歯磨き&口腔ケアジェルのミニサンプル50個とパンフレット30部、歯磨き口腔ケアジェルとマウスリフレッシュ&スプレーの本品1個ずつ。

まず箱を組み立てます。
0.10.2
ミニサンプルを30個ずつ数えて分けてます。
1
30個のミニサンプルをビニール袋に入れます。
23
ビニールに入った30個のミニサンプルと本品各1個づつを箱に入れます。
456
最後にパンフレットを入れて出来上がり。
78

200件を超える数の発送作業ですが、岡嶋さんをはじめとした職員の方々のサポートにより、皆で力を合わせて、2日間で送ることが出来ました。

ひとつひとつの荷物をこころを込めて、丁寧に送り出しています。

こうした地道な仕事が多くの全国の先生方やユーザーのみなさまに伝わり、オーラルピースが全国の医療機関や介護施設、そして多くの人に広がっていけば素晴らしいと思います。

オーラルピースは、私たちが発送しています。どうぞよろしくお願い申し上げます!

sIMG_3491

オーラルピースは事業を通した障がい者の社会参加と仕事創出、収入の向上に取り組んでいます。
詳しくは、https://oralpeace.com/business


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/1233
 

2014年7月8日(火曜日)

関連キーワード : , ,

オーラルピース マウススプレー&ウォッシュの生産 障害者の携わる歯磨き・口腔ケア製品が国際宇宙ステーションの搭載候補品に

     
オーラルピース事業は、大学などの研究機関やバイオベンチャー、製品開発や薬事担当、マーケッターやクリエイター、知財担当やソーシャルベンチャー、福祉事業所や協力企業、支援行政機関や多くのサポーターにより、革新的な口腔ケア製品事業を通して日本全国の障がい者の仕事創出も図っていくプロジェクトです。
   
今回は、オーラルピース マウススプレー&ウォッシュの生産拠点のひとつ、新潟県の「あおぞらソラシード」についてご紹介いたします。日々生産に取り組んでいます主任の石井直明さんにレポートしていただきました。
  
   
「特定非営利活動法人あおぞら」

地域の障がい者の仕事を通した社会参加と自立を支援する「特定非営利活動法人あおぞら」(理事長:近藤 康市)は、2003年に福祉作業所あおぞら(任意団体)を設立、2008年に特定非営利活動法人となりました。

現在は、新潟県新潟市江南区天野にあおぞらポコレーション(障害者就労継続A型事業所・障害者就労継続B型事業所)と阿賀野市畑江にあおぞらソラシード(障害者就労継続B型事業所、ともに施設長:本多佳美)を運営しています。

オーラルピース あおぞら

障がいがある、ないに関係なく誰もが夢中で働いて、ワクワクできる毎日にしたい。仲間がいて、励ましてくれる人がいて、教えてくれる人がいて、挑戦できる環境があり、メンバー、スタッフともに成長し合える職場をめざして。

設立以来、職員やメンバー、保護者全員で力を合わせ、働くことが人から認められ、それが自信となり、社会とつながること、そして当然、暮しが成り立つために収入をしっかり得られる事業づくりを進めてきました。

また、本多佳美施設長を中心に、地域の福祉施設に勤める若手職員でグループ「C-netsにいがた」を作り、企業からの大きな仕事を市内の障がい者の働く各施設で分担、法人利益を超えて地域の障がい者のために、それぞれの地域で仕事と社会参加の機会を作り出すという共同受注窓口を、全国に先駆けて作ってきています。

現在、市内にあるあおぞらポコレーションでは、ペレットストーブの燃料製造、着火剤製造、木工事業、建設現場で使われるクロスウェーブ洗浄事業、養鶏作業、近隣農家での小松菜加工、アパート清掃などの仕事を行っています。

また、オーラルピースの販売事業は、2013年7月の事業スタートから数千か所ある全国の障がい者就労施設の中で一番最初に取り組み、2つの事業所は「OP0001」「OP0002」のオーラルピースパートナーナンバーになりました。
  
   
「オーラルピース マウススプレー&ウォッシュが作られる『あおぞらソラシード』」

新潟市内より車で40分。白鳥の飛来地「瓢湖」を過ぎ、五頭山麓のふもとの阿賀野市まで。大自然と豊富な名水があふれる五頭山麓は、「全国森林の森100選」にも選ばれる、とても美しいエリアです。この地に新しい施設「あおぞらソラシード」は3年前にできました。

施設の裏に湧水があふれる緑あふれるこの施設。名前のソラシードは空・シード(種)・土・ソラシド(あがっていく)という、命や可能性の循環という想いがこめられています。

オーラルピース 阿賀野

施設が作られたきっかけは4年前、市内に店舗を構えていたオーガニックコスメメーカー株式会社クレコスの副社長暮部達夫さんとの出会いでした。クレコスは日本のオーガニックコスメの先駆けとして20年の歴史のあるブランド。新しい仕事として、木工事業部から出る新潟特産の越後杉のおが粉を蒸留してリネンウォーターを作ってはどうかというアドバイスからでした。

そして、以前は岩盤浴付きの保養施設として運営されていたこの五頭山麓温泉郷の建物を、化粧品製造工場として改装してオープンさせたのです。

オーラルピース ソラシード
あおぞらソラシード
   
   
「新潟県内初の化粧品製造業認可の取得と徹底した品質管理」

以来サポートをいただきながら、越後杉をもちいたリネンウォーター「熊と森の水」の商品化、hickory03travelersの迫一成さんをクリエイティブディレクターとした障がい者による雑貨ブランド「SpecialMix(スペシャルミックス)」の立ち上げなどを進め、暮部さんには毎月現地入りしていただき、施設での化粧品製造業認可の取得まで一丸となって進めてきました。

オーラルピース 薬事指導
オーラルピース 薬事指導2

そして長期にわたる厳しい指導と審査の結果、薬事法に基づく施設の衛生基準や様々な基準をクリア、晴れて平成25年12月に化粧品製造業の認可を取得することができました。新潟県内では化粧品製造業の免許を取得するのはこれが初めてとのことです。

現在、生産担当メンバーは3人。植物に興味があり、手作り雑貨が好きなAさん。 コンピューターが好きで、県内の国立大学院理学研究科修了の修士Bさん。ものごとをキッチリやり上げることが得意なCさん。そして県内国立大で教員免許を取得した担当職員の石井です。

そして、日々の生産管理や技術指導は、(株)コーセーにて研究開発・技術部門の管理者を歴任された薬剤師の松枝明さんにお力を。医薬品レベルの品質管理の在り方、機械設備の使い方、製法について、薬事書類の取り扱いなど、多岐にわたり細かくご指導いただき、徹底した品質管理を追及しています。

オーラルピース 指導 松1
   
  
「オーラルピースの生産開始」
 
2013年7月に発売された「オーラルピース」については、「SpecialMix」のブランドサポーターであった、障がい者支援団体「一般社団法人セルザチャレンジ」代表の手島大輔さんの、革新的な事業により障がい者の社会参加と収入を向上させる新しいプロジェクト「オーラルピース事業」にあおぞらも参加、いちはやく施設での販売を開始しました。

そして、さらに化粧品製造免許を取得したことで、オーラルピースの製造という新しい仕事にもチャレンジできることになったのです。

最初に取り組んだのは、「現場をどう作っていくか」です。生産計画を立て、何が課題であるのか全職員で洗い出しました。製造は3人のメンバーに担当してもらおう。包装、出荷作業部門をつくろう等々。。どうしたら衛生管理上もっとも望ましいか。体についた埃を取り、手洗い消毒をし、白衣を着て、製造現場に入る、細かな入室手順から組み立てていきました。
 
 
生産立ち上げ時には、クレコス社より暮部さん、薬事担当の家藤さん、責任技術者中川さんが現場入りし、5日間にわたり製造をご指導をいただくことに。

__ 2
オーラルピース 薬事指導3
__ 1
__ 3
オーラルピース 箱詰め

オーラルピースは医薬品に近い製品です。施設だからといって少しのミスも許されない。そんな緊張感とミスを出さない体制づくりをコツコツと毎日積み重ねています。

オーラルピース 生産松
オーラルピース 充てん室

クリーンルーム内での綿密な消毒、医薬品レベルの無菌状態での生産、厳密な検査結果を経て、製品として出荷されていきます。
 
オーラルピース 出荷2
オーラルピース 出荷
オーラルピース 出荷3

1日作業が終了するとメンバー全員でミーティングを行います。「今日の目標は1,000本でしたが、900本しかできなく残念でした。」「Dさんが箱の向きを揃えてくれたので、今日は1,000本なんとかできました。」目標を意識することとチームで目標をクリアする雰囲気ができてきています。最近では「明日は充填準備だから、ケース用意しておかないとだね」と動きも先回りするほどに。カイゼンが進み、現在では月産10万本も視野に入ってくるようになりました。
 
みなが前を向いて仕事している、これが最も担当職員としてうれしいことです。

自分が必要とされていると感じること。社会とつながっていることを実感すること。心地よい忙しさ。やり遂げた達成感は、自分と仲間にとっての自信・信頼感。働く幸せ。生きる喜び。やはり仕事って素敵だなと思います。多くのことを感じさせてくれます。

毎朝のひとりひとりの表情が締っている。真剣な面持ち。そして帰るときの汗をかきながら、ちょっとホッした顔。仕事を通して日々成長しているメンバーの姿。

愛情をこめて、真剣に取り組み、より良い製品、ブランドにできるように日々努力しています。   
        
     
「商品を使ってくださるお客さまの声をメンバーに届けたい」

日々このように一つ一つの製品を、心を込めて丁寧に、一所懸命に取り組んでいます。こうして作られたものが、お客さまの手に届いた時、どう思っていただけるかを想像しながら。
  
   
出来ないことは沢山あります。でも出来ることがあります。

不器用ですが、コツコツと真剣に取り組んで、多くの人に喜んでいただけたら。

社会の中で生きていくことは簡単ではないけれど、社会に役立つ製品づくりを通して、自分の存在が認められ「人のお役に立っているね」と褒められるようになれたら。
  
  
これほど嬉しいことはありません。
 
 
そして、多くの方のお力をいただきながら、世界一の製品づくりを目指していきたいと思います。
 
 
こんな山奥の小さな工場から、そんな気持ちを多くの方にお伝えしたいです。
   
   
そして、出来ればより多くのお客さまの声をメンバーみんなで分かち合えれば素晴らしいです。

みなさまのお声をお聞かせください!

オーラルピースへのメッセージはコンタクトフォームに、オーラルピース製品のご感想はアットコスメにぜひお願いします。
 
  
オーラルピース 集合

オーラルピース マウススプレー&ウォッシュは、私たちが作っています。

どうぞよろしくお願いします!!

 


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
ブログ内の『福祉とビジネスの融合』のキーワードで表示しています