オーラルピース

 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq_list/23273
 

2021年2月18日(木曜日)

関連キーワード :

アルミチューブは、飲料用アルミ缶や海外のオーガニック化粧品のアルミチューブの様に内側の安全加工はされているのでしょうか?

はい。オーラルピースのアルミチューブは、食品用や海外のオーガニック化粧品用と同じく内面コートしており、内容物に影響がない仕様になっておりますので、安心してご使用いただけます。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq_list/23271
 

2021年2月18日(木曜日)

関連キーワード :

歯科専売のDシリーズはどうしてアルミチューブなのですか?

オーラルピース製品は、合成保存料・合成添加物を使用していません。開封後は、できるだけ衛生的に保管されることをお願いしています。

アルミチューブは、一度出た中身が戻らない上、外気に触れにくいという利点からプロフェッショナル製品に採用しています。

また、国際的な環境保護の視点から、アルミチューブはプラスチックの使用を低減するリサイクル可能なエコロジーパッケージとなっています。

アルミチューブを切れないように使用するには、切れそうな折り目がついた部分にセロハンテープを貼っておくと切れにくくなりますので、お試しいただけましたら幸いです。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq_list/23269
 

2021年2月18日(木曜日)

関連キーワード :

アルミチューブの歯科専売Dシリーズとラミネートチューブの一般製品の違いは何ですか?

容器のみの違いとなります。中身・成分は同じです。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq_list/23267
 

2021年2月18日(木曜日)

関連キーワード :

クリーン&モイスチュアの3つの色の違いは何ですか?

味の違いとなります。

●オリジナル(緑色):ナチュラルなミントとウメの、美味しくやさしく爽やかな味です。

●オレンジ(橙色):ミント味が苦手なお子様や女性等にも好評の、ユズやオレンジのジューシーな味です。

●ミント(青色):オリジナル(グリーン)やオレンジでは爽快感が物足りない方にも好評の、クールで清涼感のあるミント味です。

それぞれお好みの味をお選びいただけましたら幸いです。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq_list/23265
 

2021年2月18日(木曜日)

関連キーワード :

オーラルピースのチューブはプラスチック製ですか?

プラスチックチューブは採用していません。

オーラルピースのチューブパッケージには、アルミチューブタイプとラミネートチューブタイプがあります。

プラスチックチューブ・容器(プラスチックで出来ていて、出た中身が戻ってしまう、容器内に空気が入り隙間ができる、太陽に透かしたら中身残量が透けて見えるもの)タイプは、「非常にコストが安い」、「片手で開けられる」というメリットはありますが、「機密性が低く腐りやすく、合成保存料を多用する必要」がある、「遮光性が保てず中身の成分が劣化しやすい」というデメリットがあります。

以上の理由から、食品とオーガニック成分というデリケートな成分で作られるオーラルピースでの採用は見送っております。

アルミチューブタイプの利点は、「密閉性・遮光性が高く一度足出した中身が戻らない」ので、「衛生状態良く保てる」メリットがあります。一方で、「片手で開けられない」、「出過ぎることがある」、「チューブが切れてしまう」といった「使いにくい」というデメリットがあります。

2013年のオーラルピースのデビュー時から、アルミチューブは機密性が高く、合成保存料を使用していないオーラルピースには最適であるという理由から、今まで採用しています。

しかし医療・介護の現場や家庭での日々の使用において、使い勝手の悪さに関する(片手で開けられない、アルミが切れてしまう、最後まで中身が出し切れない等)ご意見も数多く頂戴しておりました。

一方、2017年より採用を始めたラミネートチューブタイプは、最新技術による「アルミバリア ラミネーション(ABL)」を採用、外側から「PB、PET、アルミ、PB」のレイヤーを重ねた素材となっております。

ラミネートにアルミ層を挟み込むことにより、アルミチューブ同等の機密性、遮光性が担保できる上、プラスチックチューブに比べて、内容物が揮発せず、中身が保護できる特性を持っています。

経時試験(温度40度、湿度75% etc)で6か月間置いても劣化がなく、アルミチューブの機能性を残しつつ、医療・介護現場や家庭での使いやすさの要望に応えるべく更に利便性も加味して開発したもので、従来のアルミチューブの特性は十分担保されています。

容器のコストは高いですが、アルミチューブの機能性のメリットと、プラスチックチューブの使いやすさのメリットを兼ね備えたチューブとなります。

オーラルピースでは、多くの患者様や消費者の皆様のお声を反映し、中身成分の研究開発だけでなく、パッケージへの最新技術の活用も行っていければと考えています。

オーラルケア製品のチューブ・容器への配慮、採用チューブ・容器のクオリティの確認は、使用後にハサミなどでチューブや容器を切り開いて内面を見てみることで確認できます。

皆様各自でのチェックをお勧めいたします。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq_list/23263
 

2021年2月18日(木曜日)

関連キーワード :

ジェルの粘度をもう少し高められないのでしょうか?

オーラルピースは、そのまま飲み込んでもかまわない成分、環境負荷の低さ、口腔湿潤剤が塗布後に上咽頭や舌上にカピカピに固まり肺に誤嚥するリスクを回避したいという医療・介護の現場ニーズ等に応えるため、成分の厳選と水溶性、生分解性の高い製品の開発に多くの時間を割きました。

一般的にジェルの粘度を高めるには、これまでの合成ポリマーや高分子化合物、合成増粘剤等を添加することで可能となります。

しかし、その場合うがいや吐き出しが苦手なお年寄りや乳幼児、化学合成成分を摂取したくない妊婦等の使用、また自然環境への排出に課題が生じてしまいます。

また寒天などの増粘効果のある食品を配合すると腐敗しやすくなる問題が浮上し、合成保存料やアルコール(エタノール)の配合が必要になってしまうという課題が生じます。

オーラルピースの保湿・増粘成分には水溶性の高い、衛生的に保たれ、食品にも使われる植物由来のグリセリンとキサンタンガムを使用しています。

水と植物由来成分のみでの処方、製品の水溶性・生分解性と、手に取りやすい粘度をバランスさせることは難しく、試行錯誤を重ねた結果、水と植物由来成分をある程度の粘度に高める微細な処方バランスと独自の製法により製品化を実現できました。

しかし、グリセリンを多く含む自然石鹸が湿気の多いお風呂場で溶けてしまう様に、グリセリンには大気中の水分を取り込む性質があります。

使用後にキャップをちゃんと閉めない、湿気の多い場所に長期放置する等により、大気中の水分を取り込み緩くなってしまう場合があります。また歯ブラシや手に水気が多くあると、たれて乗せにくくなってしまいます。

そのために、手に取りやすい粘度を保つためには、使用後はキャップをしっかり締める、高湿の場所に保管しない、水気をとったブラシや手に取る等のご使用方法にご配慮をいただけましたら幸いです。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq_list/23261
 

2021年2月18日(木曜日)

関連キーワード :

泡が出ませんがどうしてでしょうか?

合成界面活性剤・石鹸等の油分を落とす成分、発泡剤を使用していないためです。

歯磨き粉は泡で油汚れを落としているわけではなく、使用時の「磨いた感」を得る目的で合成界面活性剤・石鹸を配合する場合が多いですが、食べ物ではなく、口腔内でも不要なものと判断しオーラルピースでは不使用としています。

オーラルピースは、「磨いた感」は発泡剤・合成界面活性剤ではなく、清掃助剤である「ネオナイシン-e®」と天然由来のミント精油等で得られるようにしています。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq_list/23259
 

2021年2月18日(木曜日)

関連キーワード :

動物実験は行っていますか?

行っておりません。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq_list/23257
 

2021年2月18日(木曜日)

関連キーワード :

全成分表示でしょうか?

オーラルピースは消費者の皆様にわかりやすく全成分を記載しています。

医薬部外品やペット用品等の雑貨の中には、記載義務のある成分や主成分のみを記載し添加物の記載を省略して良い場合もありますが、オーラルピースは消費者の皆様に全てを知っていただきたく、配合全成分を記載しています。

よって全成分表示に記載されていない成分は、一切含まれていません。

配合されているかどうか気になる物質がある場合のご確認は、オーラルピース製品の全成分表示をご覧いただけますようお願いいたします。

また、口に入れる製品を購入する場合は必ず、各製品の「全成分」(配合されているすべての成分)をご自身でインターネットなどで確認したうえで選択して頂くことをお勧めいたします。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq_list/20991
 

2021年2月5日(金曜日)

関連キーワード :

パラベンや安息香酸Na、ソルビン酸K、フェノキシエタノール等の合成保存料、PG(プロピレングリコール)、BG(ブチレングリコール)などの保存助剤、CPC(塩化セチルピリジニウム)、グルコン酸クロルヘキシジン、塩化ベンゼトニウム等の合成殺菌剤、アルコール(エタノール)などが成分に含まれていませんが、製品の防腐効果については大丈夫なのでしょうか?

これまでの合成保存料や合成殺菌剤を配合した場合、うがいや吐き出しが苦手なお年寄りや乳幼児、ペット、化学合成成分を摂取したくない妊婦等の使用、口腔ケア・湿潤剤としての使用には課題が生じてしまいます。

よって、世界中でお困りの以上の方々のニーズに応える新しい製品の開発・研究に多くの労力と時間を割きました。

オーラルピースの防腐効果については、産学連携により10年以上の期間をかけて開発された乳酸菌由来の抗菌ペプチド(バクテリオシン)の働きを活用し、日本の技術革新により実現することができました。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
ブログ内の『製品について』のキーワードで表示しています