歯周病とは?

厚生労働省の調査によると、日本人の70%の人が歯周病にかかっているとのことです。
原因となる菌はもともと口腔内にいるわけではなく、外部から感染することが分かりました。
近年の研究で、歯周病は全身に影響を及ぼすことが分かり、特に糖尿病とは密接な関係があることも判明しました。
また歯周病は、メタボリックシンドローム、早産・低体重児出産にも影響しているといわれています。
さらに歯周病菌が血管内に入ると血栓ができやすくなり、心臓病や脳梗塞のリスクが高くなります。
心臓病や脳梗塞になるしくみは、Pジンジバリスなどの歯周病原因菌と考えられているグラム陰性菌は心臓や大動脈、静脈などで生息し、血栓の原因になっている可能性があるとのことです。

この記事のシェアはこちらから!

一覧に戻る
Go to Top