歯周病の原因となる細菌とは?

歯周病の原因となる細菌は、歯周ポケット(歯肉溝:しにくこう)内の歯肉縁下のプラーク内にいます。
歯肉縁下とは、歯のうちで歯肉縁上よりも下の部分です。
具体的には、ポルフィモナス・ジンジバリス、スペロヘータ、プレボテーラ・インターメディア、バクテロイデス・フォーサイサス、アクチノバシラス・アクチノミセテムコミタンスなどが歯周炎を引き起こす細菌として良く知られています。
これらは、グラム陰性菌に属します。

この記事のシェアはこちらから!

一覧に戻る
Go to Top