オーラルピース

 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq_list/24319
 

2021年4月15日(木曜日)

関連キーワード :

誤嚥性肺炎とは

日本では誤嚥性肺炎による死亡は一日約300人といわれ、その96%は65歳以上の高齢者となっています。
口腔内には多種多様の細菌が住んでおり、病気や加齢などにより飲み込む機能や咳をする力が弱くなると、口腔の細菌や逆流した胃液が誤って気管に入りやすくなります。
その結果、発症するのが誤嚥性肺炎です。
寝ている間に発症することも多く、高齢者では命にかかわるケースも少なくない病気です。
誤嚥性肺炎予防の2大ポイントは、「口腔の清掃」と「機能回復」です。歯磨きなどにより口の中を清潔にし細菌を減らします。
そして、食べたり飲み込んだりする摂食・嚥下機能を回復させることも大切です。
口腔の細菌除去と機能回復がケアの両輪となり、誤嚥性肺炎を予防します。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ