オーラルピース

 

横浜港クルーズ船への支援活動について日本歯科新聞に取り上げていただきました

この度、2月12日にトライフ/オーラルピースプロジェクト(横浜市中区・馬車道)は、横浜市を介して、横浜港に停泊中の新型コロナウイルスの集団感染が起きている大型客船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客・乗員様用に、口腔衛生製品「オーラルピース」約3,600名分の無償配布支援を行わさせていただきました。

各都道府県歯科医師会によると、口腔内を清潔にすることでウイルスの感染を10倍も予防できる研究報告があります。船内でお困りの方々の感染予防とQOL向上に、横浜生まれの口腔衛生製品が少しでもお役に立てましたら幸いです。

当社は、小さなソーシャルベンチャーであり出来ることは限られておりますが、この地元である、事務所の側の横浜港にてお困りの日本そして世界からのお客様に、少しでもお役に立てればと、プロジェクト発足時から手厚いサポートにより育てていただいた横浜市経済局を通して、微力ながらご支援させていただきました。

そして横浜市経済局職員様のご尽力で、お届けしていただくことが実現できました。またこのプロジェクトの取り組みを取り上げていただいた日本経済新聞様のご厚意にも感謝申し上げます。

オーラルピースプロジェクトの理念である「困った時には一人一人が支え合う社会」の実現に近付けば素晴らしいです。船内にてお困りの皆様が一日も早く、愛する家族のもとに帰れることをお祈りしています。

【参考資料】

「口腔ケアとウイルス感染の関連性」

口の中の雑菌は、その代謝産物としてプロテアーゼやノイラミニダーゼと呼ばれるたんぱく質を破壊する酵素を排出する。これらの酵素は、インフルエンザウイルスが気道の粘膜から細胞に侵入しやすくする特性を持つ。口腔内を不潔な状態を放置しておくとプロテアーゼやノイラミニダーゼの量が増え、ウイルス・インフルエンザの発症や重症化を招きやすくなる。大学機関による研究では、口腔ケアにより口腔内を清潔にすることで、インフルエンザウィルスの感染率が10分の1に低下した結果が得られ、ウイルス感染と口腔内を清潔に保つことの関連性が認められている。

「オーラルピース」とは

口腔内のトラブル原因菌にアプローチ*しながら、飲み込んでも安全*な特許製剤「ネオナイシン-e®︎」(清掃助剤)配合、の口腔衛生製品。体内吸収しても安全*な成分で、負担なく行いたいニーズに、九州大学農学研究院等との乳酸菌バイオテクノロジー研究をベースに、天然原料のみで作られる。また、全国の障害者が事業に携わり仕事と収入を創出する取り組みを行うプロジェクトも特徴がある。水がなくても使用できる特徴から、これまで2014年広島県土砂災害被災地、2016年熊本県大震災被災地、2018年全国豪雨被災地、2019年千葉県台風被災地に、地域行政を通し支援物資を無償提供してきた。「横浜ビジネスグランプリ2014最優秀賞」・「ジャパンベンチャーアワード2015最優秀賞」・「日本財団ソーシャルイノベーター2016」・「2018年日本農芸化学技術賞」等を受賞、2019年には世界最大の学術出版社Springerの書籍「Entrepreneurship in the Asia-Pacific: Case Studies」にも取り上げられた。現在、横浜発の口腔衛生剤として、横浜港から世界10カ国に提供されている。

****https://oralpeace.com/


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

新型コロナウイルス集団感染 横浜港クルーズ船の乗客3,600名への「オーラルピース」無償配布支援について日本経済新聞に取り上げていただきました


  
 
  
この度、2月12日にトライフ/オーラルピースプロジェクト(横浜市中区・馬車道)は、横浜市を介して、横浜港に停泊中の新型コロナウイルスの集団感染が起きている大型客船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客・乗員様用に、口腔衛生製品「オーラルピース」約3,600名分の無償配布支援を行わさせていただきました。

各都道府県歯科医師会によると、口腔内を清潔にすることでウイルスの感染を10倍も予防できる研究報告があります。船内でお困りの方々の感染予防とQOL向上に、横浜生まれの口腔衛生製品が少しでもお役に立てましたら幸いです。

当社は、小さなソーシャルベンチャーであり出来ることは限られておりますが、この地元である、事務所の側の横浜港にてお困りの日本そして世界からのお客様に、少しでもお役に立てればと、プロジェクト発足時から手厚いサポートにより育てていただいた横浜市経済局を通して、微力ながらご支援させていただきました。

そして横浜市経済局職員様のご尽力で、お届けしていただくことが実現できました。またこのプロジェクトの取り組みを取り上げていただいた日本経済新聞様のご厚意にも感謝申し上げます。

オーラルピースプロジェクトの理念である「困った時には一人一人が支え合う社会」の実現に近付けば素晴らしいです。船内にてお困りの皆様が一日も早く、愛する家族のもとに帰れることをお祈りしています。

【参考資料】

「口腔ケアとウイルス感染の関連性」

口の中の雑菌は、その代謝産物としてプロテアーゼやノイラミニダーゼと呼ばれるたんぱく質を破壊する酵素を排出する。これらの酵素は、ウイルスが気道の粘膜から細胞に侵入しやすくする特性を持つ。口腔内を不潔な状態を放置しておくとプロテアーゼやノイラミニダーゼの量が増え、ウイルス・インフルエンザの発症や重症化を招きやすくなる。大学機関による研究では、口腔ケアにより口腔内を清潔にすることで、インフルエンザウィルスの感染率が10分の1に低下した結果が得られ、ウイルス感染と口腔内を清潔に保つことの関連性が認められている。

「オーラルピース」とは

口腔内のトラブル原因菌にアプローチ*しながら、飲み込んでも安全*な特許製剤「ネオナイシン-e®︎」(清掃助剤)配合、の口腔衛生製品。体内吸収しても安全*な成分で、負担なく行いたいニーズに、九州大学農学研究院等との乳酸菌バイオテクノロジー研究をベースに、天然原料のみで作られる。また、全国の障害者が事業に携わり仕事と収入を創出する取り組みを行うプロジェクトも特徴がある。水がなくても使用できる特徴から、これまで2014年広島県土砂災害被災地、2016年熊本県大震災被災地、2018年全国豪雨被災地、2019年千葉県台風被災地に、地域行政を通し支援物資を無償提供してきた。「横浜ビジネスグランプリ2014最優秀賞」・「ジャパンベンチャーアワード2015最優秀賞」・「日本財団ソーシャルイノベーター2016」・「2018年日本農芸化学技術賞」等を受賞、2019年には世界最大の学術出版社Springerの書籍「Entrepreneurship in the Asia-Pacific: Case Studies」にも取り上げられた。現在、横浜発の口腔衛生剤として、横浜港から世界10カ国に提供されている。

****https://oralpeace.com/


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

オーラルピースの特集テレビ番組が全国放送されました!! チェンジ・ザ・ワールド―未来を築く志―「水を使わず歯磨き」

テレビ東京 情報・ドキュメンタリー番組
チェンジ・ザ・ワールド―未来を築く志―「水を使わず歯磨き」

今年の夏、台風の被害に見舞われた千葉県で、被災地の暮らしを助けた奇跡の歯磨き粉がある。水を使わず歯を磨いて、飲み込んでも大丈夫!その秘密とは。

番組内容
今年の夏、台風が直撃して停電や断水などの被害を受けた千葉県で、水を使わずに歯磨きができる歯磨き剤が大活躍した。開発したのはトライフの手島大輔さん。おからや梅などの天然成分から作られ、飲み込んでも大丈夫だという。開発のきっかけは末期がんで闘病生活を送っていた父の姿。体力が弱り歯磨きをしても飲み込んでしまい体調を崩す原因となっていた。被災地のみならず、現在は世界20カ国で人々の暮らしを助けている。

出演:栄養を科学する抗加齢歯科医 森永宏喜先生

https://www.tv-tokyo.co.jp/broad_tvtokyo/program/detail/201912/24709_201912291715.html?fbclid=IwAR3sV-qiMQiH7cDyBEbVszUnP9v2RlxdKpOmhmNdQr3XRZQWjBxCKv95994


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/10435
 

2019年Oct15日(Tuesday)

関連キーワード : ,

東京新聞にオーラルピースが取り上げられました

ーーーーーーーーーーーー
オーラルピース
うがい不要歯みがき
災害時の歯みがきに重宝
植物由来の成分
障害者の仕事創出プロジェクト
自分に出来ることで誰かを助けられれば
世界の被災地や難民キャンプで無償で配りたい
ーーーーーーーーーーーー

災害の備蓄品としてもおすすめいただいております。
ぜひご覧ください!!

2019年10月9日東京新聞


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/3869
 

2018年Sep1日(Saturday)

関連キーワード : ,

「日本経済新聞」〜何でもランキング・防災用品〜にてオーラルピースが第4位に選ばれました

9月1日は防災の日です。

本日の日本経済新聞のNIKKEIプラス1の、「何でもランキング・防災用品」にて、オーラルピースが第4位のアイテムとして選ばれました。

「家でもアウトドア用品・災害時に備える」というテーマのもと、災害の発生時に役立つアウトドア用品として、秋のレジャーでの便利に使える優れものを専門家が選定。

オーラルピースは、口腔内のトラブル原因菌にアプローチするネオナイシンe配合でありながら天然成分100%の画期的な口腔ケア製品として、山やアウトドアなど水のない環境で飲み込んでも安心、環境を汚さないアイテムとして登山家等に人気のアイテムです。

また、うがいや吐き出しのできない高齢者の誤嚥性肺炎や乳幼児、ペットの口腔ケアに有用性の高い製品ですが、災害用としてのニーズも高く、熊本大震災・平成30年7月豪雨被災地をはじめ被災地支援物資としての提供を続けてきました。

この度は、「火」・「ライト」・「トイレ」に続いて、口腔ケア製品のオーラルピースを選んでいただきました。

数ある世界の口腔ケア製品の中でも、実際の災害時に必要とされるアイテムとして専門家の方々に選んでいただき光栄です。

第1位:カセットコンロ
第2位:防水機能付きヘッドランプ
第3位:携帯トイレ
第4位:〜オーラルピース〜
第5位:おしり洗浄キット
第6位:USBランタン
第7位:防水性サック
第8位:折りたたみ椅子
第9位:ポップアップテント
第10位:モチヅキLEDランタン
第10位:濾過飲料水ボトル

ぜひご覧ください!!

「日本経済新聞」の購読のお申し込みは以下から
https://www.nikkei.com/
 
 
今後も産学官の研究成果を、世界中の方々のお役に立つものとしてお届けできるとともに、事業を通した全国の障がい者の仕事創出にもつなげていければと存じます。
 
引き続きオーラルピースをご愛顧いただけますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

日本経済新聞災害用品ランキングオーラルピース日本経済新聞災害用品第4位オーラルピース


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/3856
 

2018年Jul10日(Tuesday)

関連キーワード :

平成30年7月豪雨 ORALPEACE災害支援プロジェクトについて

平成30年7月豪雨被災地に対する支援活動を本日より開始することにいたしました。

今回の災害により、120名を超える死者・80名の安否不明者、27万戸に及ぶ断水など、広範囲に渡って大きな被害が出ています ( 2018年7月9日22時時点)。

オーラルピースプロジェクトでは、平成30年7月豪雨において、地域団体や有志とともに連携し、断水と水のない環境による口腔ケアの難しさから、被災後の死亡数の増加が危惧される誤嚥性肺炎や感染症の予防、QOL維持を目指す活動を行ってまいります。

「水がなくても使える」・「口腔内を清潔にしながら飲み込んでも安全」なオーラルピース製品を、現地団体・プロジェクトメンバーとともに支援物資としてお届け、被災地での口腔ケア推進を行えればと計画しています。

この度の被災エリアは広範囲であり、オーラルピースプロジェクトの障害者施設、医療機関、販売代理店、生産工場も含まれ甚大な被害となっております。

九州大学の乳酸菌バイオテクノロジー研究により生まれ、生産や出荷等を障害者が担うオーラルピースがご被災の方々のお役に少しでも立てましたら幸いです。

〜現在の動き〜

1.各エリアの被災状況詳細などを情報収集中

2.支援物資の発送準備①
オーラルピースパートナー企業である歯科商社ヨシダ様の中四国支店(広島市・担当平川主任)を拠点とさせていただき以下を輸送。

・オーラルピース 本製品 3,000本
・オーラルピース ミニ包 6,000包
(以上概算で10万回の口腔ケア分、高齢者・障害者を優先)

*各配送会社は、西日本向け荷物の受け入れをストップしている状況(9日夕方)各運送業者への現状確認中、熊本震災支援プロジェクトと同様に独自配送を模索中。
ーーーー
*11日ヤマト便にて発送完了

〜今後について〜

1.各エリアの被災状況詳細などを情報収集中

2.現地お届け、口腔ケア支援体制の構築

3.追加支援物資の検証

〜参考〜

「これまでの災害支援活動の概要」
https://oralpeace.com/tag/%E7%81%BD%E5%AE%B3%E6%94%AF%E6%8F%B4%E6%B4%BB%E5%8B%95

〜皆様にお願い〜

つきましては各地の現状とニーズを把握したく、情報をいただけましたら幸いです。

2016年の熊本震災時にプロジェクトメンバーの中村和夫氏(現在闘病中)が立ち上げてくれた以下のフェイスブックページを再び活用して情報共有を図れればと思います。

オーラルピース災害支援プロジェクトページ(ご参加をお願いします)
https://www.facebook.com/groups/1340169089333166/

この局面にそれぞれ自分たちのできることで力を合わせて立ち向かえられたらと思います。

多くの皆様のお力が必要です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

オーラルピース災害How to口腔ケア災害時_2


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

医療とバイオテクノロジーの融合を 熊本地震、肺炎に注意 

連休も半ばいかがお過ごしですか?

昨夜のニュースで熊本地震被災地での誤嚥性肺炎のことが取り上げられていました。

〜〜〜
【報ステ】熊本地震、肺炎に注意
テレビ朝日系(ANN) 5月3日(火)23時30分配信

ニュース映像
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160503-00000052-ann-soci

 熊本県では、3日午後から雨風が強まった。益城町では最大瞬間風速17メートルを観測。熊本県内ではこれまでに50ミリを超える雨が降っているところもあり、土砂災害への注意が必要だ。長引く避難生活での不安はまだある。東日本大震災では、発生から2週間後に、高齢者の肺炎が急増したという報告がある。阪神淡路大震災では、避難生活などで病気などにかかり、亡くなった922人のうち、223人が肺炎で亡くなったという。肺炎を引き起こす原因の一つは、口の中の細菌だ。避難生活では、寝ている時間が長いため、口の中の細菌がだ液などと一緒に肺に入り、肺炎になるリスクが高まるという。「誤嚥(ごえん)性肺炎」と呼ばれている。熊本県の歯科医は3日も避難所を回り予防を呼びかけた。
〜〜〜

給水・排水に制限のある避難所の高齢者の毎日の口腔ケアは非常に難しいことと思います。

ぜひ、熊本で口腔ケア支援を日々行っておられる歯科医師・歯科衛生士をはじめとした先生方に口腔ケア時に、そして先生方のケアできない朝昼晩の被災者の皆様の水の限られた状況での歯磨きに、飲み込んでも安心な九州生まれのオーラルピースをお使いいただけましたら嬉しいです。

現地には相当数のオーラルピースを送ってあります。また今後の追加支援も検討しております。

必要な方は、ぜひ以下のページにてご要望をいただけましたら幸いです。

オーラルピース災害支援プロジェクトページ(ご参加をお願いします)
https://www.facebook.com/groups/1340169089333166/

オーラルピース フェイスブックページ(いいねをお願いします)
https://www.facebook.com/oralpeace

〜〜〜
九州大学大学院農学研究院 生命機能科学部門の園元教授・善藤助教らが福岡県産のおからの中から発見した乳酸菌が作り出すバクテリオシン。

そして、福岡県筑紫野市の優しい研究所で培養・精製し、熊本県水俣市産の夏みかん花水や紀州産梅エキスを配合し生産。
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科口腔微生物学分野の小松澤教授・松尾講師ら、国立長寿医療研究センター口腔疾患研究部長で九州大学歯学大学院客員教授の松下博士ら、東京医科歯科大学卒臨床医らにより効果や安全性の研究が進められてきた、口腔内のグラム陽・陰性菌にアプローチしながら飲み込んでも安心な「ネオナイシン」(2015年5月に特許成立)。

その「ネオナイシン」を用い、アルコールや一切の化学合成成分を含まず、水のない環境でも飲み込んでも安心な「オーラルピース」。

また研究・技術の革新性と合わせ、製品の生産や流通を働く意志のある障がい者が担い、低い収入の障がい者の仕事を創出するプロジェクトとして、経産省ジャパンベンチャーアワード2015の最優秀賞に選ばれた事業でもあります。

オーラルピースニュース映像集
https://www.youtube.com/playlist?list=PLBegZ2BmeuTIaOS55wJXZSj7G_-VmPOAF

今回こうして地元九州の一大事に何とかお役に立てればと考えています。

被災した熊本のおじいさん、おばあさん、障がいのあるみんな、負けないで!

オーラルピースプロジェクトメンバーで臨床医の角田博士、九州大学の善藤助教、優しい研究所の永利主席研究員による論文を掲載してみます。

ぜひ臨床医の先生方の医療支援活動と、この九州発の最新のテクノロジーであるオーラルピースが融合し、今回の被災後の口腔ケアが世界的にも類を見ない優れた結果がもたらされれば素晴らしいと思います。

先生方、オーラルピースの現場での活用をぜひよろしくお願い致します。

〜〜〜
【NHKワールドでの放送のご案内】

5月10日(火)のNHKワールドのラジオで4月に行ったオーラルピースの熊本震災支援活動についての特集を、17ヶ国語で世界中に向けて放送していただけることになりました。

1週間はインターネット上で世界のどこからでもそれぞれの言語で聞くことができますので、ぜひお時間のございます時に聞いていただけましたら嬉しいです。

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/radio/
〜〜〜
 
オーラルピースホームページ
https://oralpeace.com/

プロジェクトメンバー
https://oralpeace.com/member

事業を通した全国の障がい者の仕事創出
https://oralpeace.com/business
 
論文等資料集
https://oralpeace.com/library
 
ジェルのアルミチューブの理由と扱い方
https://oralpeace.com/blog/706

飲み込んでも安全な乳酸菌抗菌ペプチドの効果と臨床応用飲み込んでも安全な乳酸菌抗菌ペプチドの効果と臨床応用2飲み込んでも安全な乳酸菌抗菌ペプチドの効果と臨床応用3飲み込んでも安全な乳酸菌抗菌ペプチドの効果と臨床応用4飲み込んでも安全な乳酸菌抗菌ペプチドの効果と臨床応用5飲み込んでも安全な乳酸菌抗菌ペプチドの効果と臨床応用6飲み込んでも安全な乳酸菌抗菌ペプチドの効果と臨床応用7


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/2593
 

2016年Apr24日(Sunday)

関連キーワード :

熊本地震被災地での支援活動3

オーラルピース熊本災害支援プロジェクトも4日目。

プロジェクトページ
https://www.facebook.com/groups/1340169089333166/?ref=bookmarks

昨日は、下通商店街繁栄会の理事である桑本さんに運転いただき3名で、武蔵ヶ丘病院の田中英一先生に、そして益城町から避難した熊本赤十字病院小児病棟の水田愛生子さんに、益城中央小学校に、そして再び益城総合体育館に、オーラルピースを配送。

プロジェクトメンバーの皆様より集まった情報から、緊急的な口腔ケアが必要とされる場所にお届けすることができました。

今回の被災地支援現地活動は、オーラルピース1,100本、ミニ30,000包を被災地に寄付、それぞれの避難所に直接お届けしました。

被災された方の数に比べれば本当に小さなものですが、社員3名のベンチャー企業にとってはできる限りのことはできたと思います。

また歯科チャネルパートナーのヨシダ社からもミニを10,000包以上、また他の先生方や有志の方も現地にオーラルピースを送っていただきました。

これからは、いざとなってオーラルピースのような防災用品が地域の避難所や医療現場にないというということではなく、事前に行政や各医療機関にてオーラルピースを備蓄・用意していただき、市民の安全を守っていただけるようになることを願います。

ネオナイシンおよびオーラルピースの生まれ故郷である九州で、そして障がいのあるメンバーによって作られたこの製品がお役にたてたことは感慨深いです。

震災は終わっておらず、復興もこれからです。今後も現地ニーズに応えていければ。

まだまだ本当に大変ですが、「負けんばい熊本!」でなんとか乗り越えていければと思います。

S__11067397S__11067399S__11067400IMG_1529S__1138692IMG_1517S__11067403


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/2577
 

2016年Apr23日(Saturday)

関連キーワード :

熊本地震被災地での支援活動2

昨日の熊本は快晴で、朝からのオーラルピースの搬送もスムーズに行えました。

阿蘇方面に物資搬送を行うというYMCAにお届け、益城町総合体育館、グランメッセ、菊陽病院と回りました。

YMCA(阿蘇地域に配送予定):ジェル100・スプレー100・ミニ2,500包
益城町総合体育館:ジェル50・スプレー50・ミニ2,500包
グランメッセ:ジェル30・スプレー30・ミニ1,000包
菊陽病院(南阿蘇地域に医療支援予定):ジェル55本(追加予定)・スプレー170・ミニ6,000包

*熊本支援の医療従事者のみなさま
菊陽病院に相当数のオーラルピースを置いています。必要の方はこちらのものを活用していただければと思います。

本日は、武蔵ヶ丘病院、益城中央小学校、そして熊本大学薬学部他に配送を行おうと思います。

またプロジェクトメンバーの先生方により、避難所でのオーラルピースの使い方の配布資料を作っていただきました。

地震の回数も減り、復興は始まってきています。自分たちも身の丈でできることでお役に立っていこうと思います。

「オーラルピース災害支援プロジェクト ページ」
https://www.facebook.com/groups/1340169089333166/?ref=bookmarks

IMG_1498
S__11067404
2B229C68-D27B-4391-8829-74FAE14CC077
IMG_1473
IMG_1477
IMG_1478
IMG_1469
IMG_0144
IMG_1494How to口腔ケア災害時_2


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/2565
 

2016年Apr22日(Friday)

関連キーワード :

熊本地震被災地での支援活動1

昨日は羽田から空路で福岡へ、博多で今井先生に「あいうべ体操」の配布資料をいただき、車で筑紫野市のネオナイシン・オーラルピース開発担当の永利さんと打ち合わせを行い、熊本に入りしました。

熊本にはオーラルピースの原料提供メーカーさんもありますが、復興に向けて動き出しているとのことです。

陸送部隊の福澤さんと、熊本市役所の地下駐車場で荷物の受け渡しを行い、さっそく熊本市役所に物資と資料をお渡し。

市役所のなかでも高齢者を中心に大変な生活を余儀なくされている方が多く、誤嚥性肺炎や感染症等に少しでもお役に立てればと思います。

その後は、市内の添島歯科クリニックに訪問して、オーラルピースの支援物資の一部を託しました。添島えみ先生をはじめ素晴らしい先生方にお会いできて勇気付けられました。

夜は、市内で2箇所の保育園を経営する桑本さんに大変お世話になりました。彼は下通り商店街の復興に向けて精力的に動いています。

本日は、朝に行動計画を取りまとめ、益城・菊陽エリアをはじめとした避難所へのオーラルピースのお届けを行う計画。

後方支援として亘さん、中村さんをはじめとしたプロジェクトメンバーの皆様が様々な情報を集め、指示をくれ機動的な活動が実現しています。

また歯科商社のヨシダの山中社長や歯科医師会の皆様とも連携できればと思います。

みなさま ぜひ以下ページに参加・シェアいただき、支援活動をご一緒していただけましたら幸いです。(どなたでも参加できます)

「オーラルピース災害支援プロジェクトページ」
https://www.facebook.com/groups/1340169089333166/

本日に配布予定(現状決定)
・熊本YMCA(国吉さんより、南阿蘇への発送物資)
・益城総合体育館
・菊陽病院
・武蔵ヶ丘病院

その他、オーラルピース配布依頼情報、現地情報などいただけましたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

IMG_0080IMG_0078IMG_0085IMG_0086IMG_145513059824_1584676095177879_237690301_nIMG_1457IMG_0109IMG_1461


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
ブログ内の『災害支援活動』のキーワードで表示しています