オーラルピース

 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/24935
 

2021年5月8日(土曜日)

関連キーワード :

【比較方法・選び方】おすすめの高齢者介護用口腔ケア用品、口腔ケアジェル等の情報収集と比較・選択方法

【おすすめの要介護高齢者向けの口腔ケア用品、口腔ケアジェル、グッズの情報収集と比較・選択方法】

様々な製品が溢れる中で、どのような介護用の歯磨き・口腔ケア製品を選ぶかについては、非常に難しい現状があります。

それは、医療・介護従事者の皆様のお仕事は多忙かつ重労働でもあり、なかなか新しい研究や技術に接する機会が取れないことがあるのが背景にあります。

しかし、新しい研究や技術を知ることは患者・利用者のQOLと医療・介護従事者の負担を劇的に下げることにつながります。

コロナ禍以前であれば、年に数回の学会の展示ブースにて新製品や研究を知りうることができました。

現在はそのような学会も減り、また出入り業者の出待ち営業も減少する中で、何かのついでに、受動的に、新しい情報を得ることはさらに難しくなっています。

またコロナ禍以前においても、限られてはいましたがいくつかの学会での展示コーナーについては、新たな学術情報を提供する場だけではなく、日頃お仕事で大変な医療・介護者を癒す製品の業者が多く出展し、個人のお買い物の場、百貨店の催事場さながらの状況でもある現状も窺えました。

羽毛布団からマッサージ機、ミネラルウォーターの販売から金融商品、個人旅行、先物取引、高級車の紹介まで。

日々本当に大変である医療・介護従事者にとって、少しの時間でも楽しく過ごしていただくことは非常に重要であると考えられます。

一方で、真面目に学術研究に取り組み、医学的な研究を行っている企業は土日の休日を割いて、以上の生活用品業者さんの中で数十万円の出展費用を出しながら研究成果をお伝えしていくと言うことに、大学院等で研究を行ってきた精鋭社員や彼らの時間を投じることに疑問を感じる企業も多くみられました。

また実際に担当社員の失意による退職希望などの問題にも向き合ってきました。

羽毛布団やマッサージ機とともに学術的な研究成果をお伝えすること、また無料の昼食・お弁当を提供する代わりに飛び交う私語のなか研究成果のプレゼンテーションを聞いていただくこと、

大量の無料サンプルを配布しても事業には貢献しないこと、若い社員の限られた人生の時間を割いての出待ち営業へのモチベーション維持の課題など、

SDGs時代におけるエンプロイマネジメントと優秀な社員の確保、介護・医療従事者の皆様への研究成果の伝達方法に多くのリテラシーギャップがあり、優秀な研究者や社員の登用が難しいと言う現状もありました。

しかし昨今コロナ禍以降となったことで状況は大きく変わり、真面目な研究を行う企業にとっては、成果を真摯に伝えられる状況に転じたとも考えられています。

要介護高齢者の口腔ケアについては、国の税金を投じた医療・社会事業であり、その代行業者である医療・介護従事者の介護者向けの口腔ケア製品の選択や使用は、大きな責任の生じる公的な責務です。

日々の過度の負担や多忙さのため、限られた休日でも学会に参加されるなど非常に真面目な方が多い中で、また学会運営のための資金確保の為に学会の展示場が催事場化するのは致し方ないですが、

やはり患者や利用者サービスという公益業務に関わる口腔ケア製品の選択については、真摯な態度で望んでいただけましたらと多くの納税者は考えています。

コロナ禍となり外出も減り、出待ち営業も減り、学会も減る中で、医療崩壊に直面していない医療・介護従事者は自身の時間を余暇や私物の購入に充てられたと考えられ、何かのついでではなく、能動的に、新たな研究を調べることについても時間が生まれています。

この機会は、公的業務の一つである要介護高齢者向けの歯磨き・口腔ケア製品の選択について、多くの論文や情報を吟味し、患者や利用者そして自身やスタッフ、患者家族の負担を低減し、健康長寿に寄与し、国民が負担する年間10兆円を超える介護コストの低減に寄与する、

最先端の研究・技術・製品の情報収集と、選択を行う素晴らしい機会が生まれ、高齢化による問題の解決が進むきっかけとなりうる好状況に転じていると考えられています。

高齢者介護用の口腔ケア製品についての情報ページは以下にあり、多くの医療・介護従事者の皆様にご覧いただき、また議論いただき、国民や人類にとってより良い選択を行っていただく準備が整いつつあります。

世界で最先端と言える日本の医療・介護の現場がさらに発展していく、力強い取り組みになりましたら幸いです。

高齢者介護と歯磨き・口腔ケアについて
https://oralpeace.com/older_people

 
 


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ