口腔内には細菌がいるのでしょうか?

口腔内には様々な細菌(常在菌)がいます。
常在菌の役割は、口の中の細菌のバランスをとり、健康を保つのに役立っています。
ところが、何らかの原因によってそのバランスが崩れ、口腔内の一部の菌が多く繁殖すると虫歯や歯周病、誤嚥性肺炎の原因になったりするのです。

この記事のシェアはこちらから!

一覧に戻る
Go to Top