九州大学園元謙二名誉教授が第11回国際乳酸菌シンポジウム(オランダ)にて日本人初の招待講演 オーラルピースプロジェクト

【園元謙二教授が第11回国際乳酸菌シンポジウム(オランダ)にて日本人初の招待講演】
ネオナイシン・オーラルピースの開発に携わっていただいています九州大学大学院農学研究院 生命機能科学部門 園元謙二教授が、オランダ行われました第11回国際乳酸菌シンポジウム(LAB11)にて招待講演を行いました。
世界の乳酸菌関連学会にて日本人が招待講演を行うことは史上初のことであり、大変栄誉なことです。
園元先生の長年にわたる努力、そしてその研究を机の上から世界の多くの人を救うネオナイシン・オーラルピースに昇華されましたその功績に敬意を表します。
先生おめでとうございます!
 

この記事のシェアはこちらから!

一覧に戻る
Go to Top