オーラルピース

 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/faq_list/24331
 

2021年4月15日(木曜日)

関連キーワード :

オーラルピースは高い?安い?買うべき?そうではない?

様々な製品の価格が上昇していく中で、「歯磨き粉」の消費者が感じる「値ごろ感」(受容できる価格のイメージ)は、とても安価でした。

それは、材料の炭酸カルシウムや重曹の価格は安く、それを消費者が知っている、そしてこれまでの「歯磨き粉」の生産企業は消費者に対して非常で正直で真面目であったためです。

また、長年続いたデフレーション(物価の下落を伴った景気の不透明感)の中で、世界の多くの生産企業は、ICTやバイオテクノロジーなど他の成長分野の生産企業と比べ、新たな研究や技術革新による高付加価値製品の創造よりも、簡単な低付加価値・低価格製品の大量生産・大量販売という薄利多売という戦略を選んだ結果であるとも考えられます。

多くの消費者もこの経済下において、とくに新型コロナウイルス禍以前までは、家族の健康への投資や高い付加価値によるトータル出費の削減よりも、技術革新のない消費財であれば目の前の出費を抑えたいということが購買重視点となっており、価格の安い消費財が支持される現状もありました。

しかし最近は生産企業にとっても、人口や製品の使用量・シーンは増加することはなく客数・売上点数の限界、また研究開発にコストをかけず他社の模倣製品を市場投入し低価格優位によりシェアを奪っての売上拡大という消耗戦にも、売上維持や従業員の給与など体力的にも限界がきており、客単価向上のため製品の高価格へのリプライシング、ブランディング強化による価格帯のアップが進んでいます。

オーラルピースは、世界の新たなニーズに応えるために、大学機関などでの研究により発明された技術革新により、今までにない高い付加価値を生み出し、新たな市場の創造を目指している口腔衛生剤となります。

オーラルピースは、この高齢者率世界一となった日本で2013年に生まれた、世界中のオーラルケア製品市場に中でも「高齢者や弱者をはじめとした人のオーラルケアに特化」した超ニッチ市場製品です。

高齢者や弱者向けの製品は、世界でも市場は小さく、多くの企業は新たな研究開発への投資や市場参入に着手しない取り残されたニッチ市場です。

それは、ライフタイムバリュー(LTV・顧客生涯価値)が少なく、経済効率が低く事業性が低いため、つまり企業が儲からないためです。

この日本だけで、高齢者を中心に毎年130万人を超える方が老衰や病気で亡くなっています。

オーラルピースを必要とする国内のユーザー母数が、毎年130万人以上減少し続けるということです。

しかし、市場は小さくても、高齢者や闘病者、乳幼児や化学成分が苦手な方など世界中で困っている、取り残された人達がいます。

その世界で取り残された人達向けのオーラルケア製品が、オーラルピースです。

企業利益や経済効率性を優先せず、多くの家族の健康や幸せを最優先して、国立大学の研究機関により新たに研究開発され、生まれた製品となります。

つまり、ビジネス的にいえば、オーラルピースの本体事業自体が、経済・営利活動ではなく、何とか経済的にバランスできた社会貢献活動・CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)そのものであり、世界でも珍しい完全自立型のCSV(Creating Shared Value:共有価値の創造)モデルであるということです。

事業としては、経済的効率の追求が難しい社会事業となりますが、真摯な研究背景により「高齢者や弱者をはじめとした人の口腔ケアに特化」した口腔衛生剤としては、世界では他にない社会的有益性を持っています。

それは、「口腔内のトラブル原因菌に超低濃度で瞬時にアプローチしながらながら、保湿もでき、飲み込んでも安心である、生分解性が高く環境負荷が少ない」という人類への新たな価値です。

今は小さく、この新たな発明や価値を世界中の人々に伝えられてはいませんが、100年後には高齢者や弱者にとってだけではなく、間違いなくこの方向に世界の人々の志向はシフトしていくものと想像できます。

こうして乳酸菌抗菌ペプチド(バクテリオシン)を衛生分野に応用し、人類への新たな価値を生み出したのは、日本の九州大学をはじめとした研究機関の真面目な研究者が、人生を賭けて日々研究に励んだ成果です。

そして、これまで存在しなかったに新たな市場を創造し、新たなベネフィット(便益)を人類に提供した日本の研究機関が生み出した、世界の技術革新(イノベーション)となります。

この日本の研究機関の生み出した技術革新は今は小さく感じると思いますが、時とともに世界で注目されていくメイド・イン・ジャパンの技術といえます。

ゆえに、本質的な価値提供のための基礎研究や開発に多くの時間と費用がかかります。

実際にオーラルピースについては、安価な石の粉と合成界面活性剤を混ぜてチューブに詰めた「歯磨き粉」とは異なり、基礎研究から独自原料の生産、高価なオーガニック原料の配合、攪拌・充填・生産管理、パッケージングや箱の資材、特許管理、薬事管理、また障害者支援施設への支援、クリエイティブ、広報、店格の高い百貨店等への流通、消費者・顧客対応など、カテゴリー的に安価と思われる口腔ケア製品といっても激安で済む訳はなく、同じ工場で同じ工程で作られる数千円〜一万円以上の化粧水や美容液と同様の手間ひまやコストがかかっています。

(よって製品自体の生産価格が高いため、低価格競争や宣伝広告投下、店頭販売価格の60%以上の小売店利益やもし売れなかった場合のメーカーへの全数返品引き取り返金等を求められる量販店への配下は難しい製品です。)

また製品の市場や生産量は限られ、日本人によるほぼ手作りでの製造のため、一つあたりの生産に手間とコストがとてもかかります。

そして化粧品や消費財の多くは箱や容器などの資材、小売店利益などの流通コストの方が中身より高く、背景にある研究や技術についてなかなか経済的に評価されない現実がありました。

しかし、昨今のコロナウイルス禍以降、予防ケア・健康維持としての口腔衛生の重要性や、口腔ケア製品に含まれる化学物質の粘膜吸収、環境に排出された場合の微生物生態系への影響について、多くの人々が気付き、消費者のオーラルケア製品への意識が急速に大きく変化してきています。

オーラルピースのジェルは、約2ヶ月分で1,200円。

ということは、1ヶ月600円、1日20円です。

1,200円というと、

多くの人にとっては、

銀行の振り込み手数料や時間外手数料、携帯電話・WIFIやネットサービスの月額、ちょっとしたランチや食事会代、ワインやお酒、電気代やガス代、日々の食費やおやつ代、高速代やガソリン代、駐車料金や電車代、コーヒーやタバコ代、ビールやラーメン一杯の値段、このホームページを見ている電気代・WIFI代・携帯電話代、、、

そして、

誤嚥・誤飲の心配のある、うがいが吐き出しが苦手な要介護のお年寄りから闘病中の方、
家族の健康に気をつけ、日々の食べるものや口に入れるものに安全性を求める方、日々の健康・予防ケアを心掛けている方、乳幼児、妊婦、また水の貴重な災害時、美しい自然の中で口腔ケア製品を使いたい方、

にとっては、

その他の健康維持にかかる費用、有機野菜や添加物の少ない食材の価格、健康食品やサプリメントの価格、スポーツやジムにかかる費用、病気になった時の医療費やお薬代、化粧品やシャンプー代、色々なことが気になる日々の不安、、、

に比べてみても、

九州大学大学院農学研究院、鹿児島大学大学院医歯学総合研究科、国立長寿医療研究センター口腔疾患研究部等との共同研究により、

10年以上の歳月をかけて研究開発された、

この日本で生活し家族を持つ人たちにより、資材や原料からほぼ手作りで作られる日本製で、

「口腔内のトラブル原因菌に瞬時にアプローチしながらながら、保湿もでき、飲み込んでも安心である、生分解性が高く環境負荷が少ない」という、これまでにない価値を享受でき、

デザインされた箱やチューブに入り、全国の病院や歯科医院、百貨店に並べられ、購入が社会貢献にもなる、

何より大切な家族の健康と幸せのために使う、また最後の日まで家族に迷惑をかけない様にするための自らの健康への投資に、

1,200円(月600円は)、

リーズナブルであると思いませんか?(笑)

家族の健康や幸せな日々に、価値を感じる方のためにお求めやすい価格を追求してオーラルピースはあります。

ご理解をいただけましたら幸いです。

【最後に】

この度はこの長々としたホームページを最後までお読みいただきありがとうございました。

様々な事や情報、数十億人の人がいるこの世界で、この出会いは貴重で大切なご縁であり、本当に嬉しいです。

本プロジェクトは、困った状況にある家族のことを思い、また多くの人に役立つ事業がしたいと、そして将来への不安の中で困難な状況でも皆が生きていける事業を生み出せればと、2013年に立ち上げられました。

素晴らしい先生方や、多くのプロジェクトメンバーの皆様、そしてオーラルピースをご購入いただいている皆様、そして本事業を助け、守り、支えていただいている日本全国のサポーターの皆様に支えられて今があります。

また障害のある家族のために立ち上げられ、日本全国の障害者の仕事創出を目指すプロジェクト、また希望を生み出す事業として、精神・知的・身体や発達に障害のある方々、そしてそのご家族、ご関係者、ご支援者という、日本だけでも数千万人に及ぶ方々一人一人のお力やお声、行動によってこの小さな事業は助けられ、守られ、支えられています。

今はとても小さな事業ですが、先生方の研究や、皆様に応援をいただいている弱者を支えるこの取り組みは、時間はかかると思いますが、これからの世界で少しずつ受け入れられていくと思います。

オーラルピースプロジェクトを知っていただき、また愛し、守り、お支えいただける多くの皆様に、期待外れにならない様に頑張って参りますので、引き続き何卒応援いただけます様お願い申し上げます。

また歯磨き粉や化粧品などの会社の研究開発や製造、販売に携わる方、クリエイターの方で、このホームページをご覧になっている皆様へ。

ブランドづくりや製品開発は、自身や関与する人たちの個性や強み、意志が強く反映された製品やブランドに昇華できない場合、小手先の借り物や真似事、模倣や追随では、なかなか本質的にうまく行かないことを経験してきました。

そして自分自身の本当にやりたいこと、本当に正しいと思うこと、自分がやるべきと思うこと、自分の個性を活かしたこと、ではない場合は、どの仕事や事業も結局うまく行かないことを、長年の経験から見てきました。

また、ブランドや事業に強い共感をいただき、そのために動いていただける多くの方々に守られ、助けられ、支えられる事業とならなければ、厳しいビジネスの世界では生き残ることさえ出来ない事を数多く目にしてきました。

自身の、本当にやりたいこと、本当に正しいと思うこと、自分がやるべきこと、自分の個性、目の前の指示やお金よりも大切なこと、一人の人間として自身や家族にとって大切なこと、一度きりの人生で大切なこと、とは何か?

またそれが出来るのは、自分の個性が認められるのは、どこか?

もしかしたら、今の職場や仕事ではないのかもしれません。

新型コロナウイルス禍を乗り越え、人々の意識や価値観、人生観がこれまでと大きく変わったこれからの時代、どの様な仕事を、どの様な生き方をするのか。

しかしどんな仕事をするにしても、人生で仕事に真摯に取り組んだ結果は、一生自身の実績として残ります。

恥ずかしくない実績、人生、生き方になる様に取り組むことも大切です。

そしてそれぞれが、個性を活かし合い、力を合わせ、本当に得意なところを伸ばし合って、個性のある取り組みで世に認められ、そこで皆で組めれば、もっと素晴らしいことになると思います。

それぞれの個性を活かしたそれぞれの実績や生き方が生まれたら。

そして、自分の個性を活かし、自身の得意なことや好きなことで他の困っている人も救えれば、と思う様になりましたら、ぜひオーラルピースプロジェクトに加わっていただけましたら幸いです。

あなたの個性や力を心から喜んでくれる多くの人が世界で待っています。

お力をいただいて素敵なプロジェクトにできましたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

多くの皆様にとって、必ずやより良い取り組みとして参りますので、オーラルピースプロジェクトを、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ