オーラルピース

 

社会福祉法人東京コロニーの季刊誌にて紹介されました

オーラルピースのパートナー事業所である、社会福祉法人東京コロニーの季刊誌にオーラルピースへの取り組みにつき記事にしていただきました。

東京コロニーでは、オーラルピースの製品パッケージやチラシの印刷業務、製品の発送・在庫管理業務、また販売代理店の業務を行い、働く意志のある障がい者の仕事創出・収入向上と社会参加の実現に取り組んでいます。

どうぞご覧ください。

2014年01月20日16時14分27秒


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

社会福祉法人 白根学園の季刊誌「SHIRANE」に掲載いただきました

オーラルピースのパートナー事業所である、社会福祉法人白根学園の季刊誌にオーラルピースへの取り組みにつき記事にしていただきました。

白根学園は全国でもいちはやくオーラルピースの事業展開を開始し、働く意志のある障がい者の収入向上に取り組んでいます。

どうぞご覧ください。

2014年01月20日16時13分30秒


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

京都新聞にオーラルピースが取り上げられました

京都のパートナー施設 NPO法人「アイ・コラボレーション京都」のオーラルピース事業への取り組みが取り上げられました。ぜひご覧ください!

2013.12.29op京都新聞記事


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

「長崎新聞」にオーラルピースが取り上げられました

長崎のパートナー施設 社会福法人「遊歩の会」のオーラルピース事業への取り組みが取り上げられました。ぜひご覧ください!
オーラルピース 長崎新聞1210


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

日本知的障害者福祉協会への訪問

本日は、日本知的障害者福祉協会をお訪ねしました。76年も前に創設された知的障害者福祉施設の連合団体です。
   
末吉事務局長と水内係長にオーラルピース事業について様々なアドバイスをいただきました。より多くの方と連携しお知恵をいただきながら、障がいのある人たちがオーラルピース事業でのさまざまな仕事を通して社会に参加し、豊かな人生を自己実現できるように支援していければと思います。

機関誌「愛護ニュース」や月刊誌「サポート」は、知的障がい者や支援する人にとって必要な情報満載の雑誌。ぜひ読んでみてください!
http://www.aigo.or.jp/menu01/

IMG_2987
  
~公益財団法人 日本知的障害者福祉協会とは~
昭和9年に「日本の知的障害者教育・福祉の父」と呼ばれる社会事業家石井亮一(昭和12年没)が創設した日本の知的障害者福祉施設の連合団体。当時は日本精神薄弱児愛護協会と称した。石井は、明治24年に創設された日本最初の知的障害者教育・福祉施設として知られる滝乃川学園(渋沢栄一が三代目理事長、勝海舟や皇族が後援者などで有名)の創立者である。知的障害児者福祉事業が全国に普及することを悲願とし、晩年に協会創設に尽力。石井みずから初代会長に就任した。2012年現在、約5,000施設が加盟している。過去の名称から今でも「愛護協会」と呼ばれることが多い。元厚生労働省所管。知的障害者福祉の啓蒙、普及促進、調査、研究、加盟施設への経営指導、福祉従事者の養成、功労者の表彰等の事業をおこなっている。
http://www.aigo.or.jp/


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

STOCK YARD

JR岐阜駅のランドマーク、岐阜シティ・タワー43に10月31日、NPO法人!-styleが運営する「デリカテッセン定食」のお店「STOCK YARD(ストックヤード)」がオープンしました。

「STOCK YARD」のテーマはデイリーユース〜日常使い〜
毎週月曜に変わる選べるメニューの中から、メインディッシュ、サラダ、サイドデッシュを お一つづつお選び頂き、十一穀米のごはん、おかわり自由のスープがついて800yenでご用意しています。ヘルシーにもジャンクにも。今日の気分に合わせてお好きなデリカテッセンをお選びいただける注目のお店。

プロデュースはNPO法人!-style理事長でもある吉野智和氏、お店のデザインは大人気ファッションショップ「スピンズ」の店内内装を手がけるNADAが担当。お一人でも大勢でも、ランチでも飲み会にでも楽しくお使い頂けるオープンなお店に仕上がっています。

そしてオーラルピースも販売していただくことになりました。岐阜県への初進出です。

お近くの方、また岐阜に行かれる方はぜひお寄りください!

STOCK YARD23

STOCK YARD
住所 〒500-8856岐阜県岐阜市橋本町2-53岐阜シティ・タワー43 2F
TEL : 058-214-2933
営業時間 : 月~日11:00~22:00(L.O)23:00(不定休)(現在プレオープン中の為18時まで)
http://www.gifucity-tower43.jp

京都の!-foods〜エクスクラメーションフーズの情報はこちらです。
https://oralpeace.com/blog/535

京のお店:エクスクラメーション・フーズ 京都 2011年4月20日水曜日 毎日新聞
「障害者ら働くデリカテッセン」
京町家を改装したおしゃれなデリカテッセン(洋風総菜店)。ビジネス街に近い裏路地に1日開店した。600円のランチ(サラダ、スープ付き)は季節で変わるタルト12種類(総菜系、デザート系各6種類)から3品を選ぶ。プラス150円で1品追加できる。夜はワインなど酒類も提供する。知的、精神障害者らクルー7人が腕を振るう就労移行支援施設で、八幡市のNPO「!ーstyle」(エクスクラメーション・スタイル)が運営する。食器、壁のタイルも彼らの手作り。統括マネジャーの吉野智和さんは「かっこよく働いている姿を見てほしい。障害者の職域を広げるきっかけになれば」と話す。午前11時〜午後10時


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

神奈川歯科大学付属病院でのお取扱い開始

このたびオーラルピースは、先進的な障がい者歯科施設として有名な、神奈川歯科大学付属病院でのお取扱いがスタートしました。こちらにてご診療の方、お近くの方はぜひお寄りください!

神奈川歯科大学OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

神奈川歯科大学附属病院

〒238-8580 神奈川県横須賀市稲岡町82番地
TEL : 046-822-8810

神奈川歯科大学は、明治43年日本で初めて婦人歯科医師を養成するために設立した東京女子歯科医学講習所が前身の、日本で初めて婦人歯科医師、歯科衛生士の養成を始めた医療機関です。

神奈川歯科大学附属病院は昭和39年開設され、以来50年にわたり地域診療の中核、歯科の総合病院として、また研修歯科医ならびに大学の臨床教育を行う大学附属機関として、地域において高い信頼を得ている大型施設。

昭和59年に障害者歯科を設置して、近隣の障害者の歯科治療の啓蒙と治療に力を注ぎ、専門的診療科目の中でも障害者歯科は先駆的治療施設として高い評価を得ています。

販売担当施設 : あんしん農園
発売開始日 : 2013年11月05日
OPS0008 [ 販売協力小売店 ]

販売担当のあんしん農園さんは、地域の障がい児の親の会から始めた小さなNPOですが、熱心で積極的なオーラルピースの事業展開を行っており、オーラルピースパートナーとして地域の介護施設や医療機関の開拓、販売数量ともに全国のパートナーさんの参考になるお取り組みをされています。

http://www.kdu.ac.jp/hospital/


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

ORALPEACE

https://oralpeace.com/blog/618
 

2013年Nov11日(Monday)

関連キーワード : ,

日本セルプセンター、全国セルプとの連携

事業展開の中で、日本全国の働く意志のある障がい者の仕事創出と収入のさらなる向上を目指しているオーラルピース事業は、日本セルプや全国セルプ、各都道府県のセルプセンター、障がい者事業就労支援センターと連携して事業展開を行っています。

人口が減っている地域や、産業空洞化している地域も含めて、日本全国の地域を離れられない障がい者の、今の仕事に加えて収入を向上させる新しい仕事の選択肢として、取り組んでいます。

行政及び、中間支援団体のみなさま、また各地域の事業所の職員のみなさまと、よりよい事業にできるように進めていければと思います。

日本セルプセンター全国セルプ

写真は、日本セルプセンター事務局長の清島さん、職員の茶谷さん、また全国セルプ会長の阿由葉さん、千葉セルプ会長の内藤さんと。

日本セルプセンターとは

現在、日本には8,000を超える社会就労センター等が存在していて、これらの施設では障がい者の自立を支援するために、様々な事業に取り組んでいます。大規模なクリーニング業・印刷業を行っている施設もあれば、企業の仕事を引き受けて部品加工や細かい手作業を得意としている施設もあります。また自主製品の製造を行っている施設もあります。

SELP(セルプ・Support of Employment, Living and Participation)とは、働く意欲がありながら、障害などの理由により一般の事業所に就職することが難しい人々のための就労の場のことです。自助自立を意味する英語「SELF HELP」からの造語であり、ハンデに負けず社会自立を果たそうとする人たちの決意がこの言葉には込められています。

日本セルプセンターは、経済活動を展開する施設が集い、近代化や共同事業によってSELPの精神をより積極的に行っていくことを目指した事業振興センターです。
http://www.selpjapan.net/

全国社会就労センター協議会(全国セルプ協)とは

全国社会就労センター協議会は、昭和52年に全国の障害者の働く施設(旧法授産施設)関係者が大同団結して結成された組織で、社会福祉法人全国社会福祉協議会に事務局を置いています。全国の約1,700施設・事業所が全国社会就労センター協議会に加盟しています。そして全国7つのブロック(北海道、東北、関東、東海北陸、近畿、中国四国、九州)と、47都道府県中46か所に地方組織が設置されています。

全国社会就労センター協議会は、これらの会員施設・事業所およびブロック・都道府県社会就労センター協議会とのネットワークを軸に、厚生労働省や国会等への社会就労センター関係制度の充実や制度改善・予算に関する要望活動を行っています。また、社会就労センターのあり方の検討をはじめとする委員会活動や社会就労センターの職員や事業の向上を目指して各種大会・研修会の実施や調査活動を行っています。働く障害者の工賃等のアップを目的として、社会就労センターのPR等を行っています。
http://www.selp.or.jp/


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

クレヨンハウスさんへの納品

今日は東京は表参道のクレヨンハウスさんに、オーラルピースの納品です。

配達は、オーラルピースパートナーの東京コロニー東村山で働く栗原聡二郎さん。職員の平さんが付き添いでご一緒しました。

売り場担当者の本田さんに、追加発注いただいたオーラルピースをお届けし、納品書にサインをいただきました。また東京コロニーで製作している障がい者アートによるアートビリティカレンダー2014のサンプルを持って、クレヨンハウスさんで取り扱っていただけるように営業も行いました。

IMG_2785IMG_2790IMG_2792IMG_2794

売り場責任者の池田さんをはじめ、しっかりとした仕事にとても喜んでいただけました。

栗原さんは26歳、東京コロニーの就労継続支援B型事業所では、室内で封入や軽作業のお仕事をしています。電車とスティッチがお好きとのこと。

働きはじめて8年ですが、今日は初めての外出の仕事とのこと。平さんによると、昨日の午後この配達の仕事が決まって、舞い上がって喜んだそうです。

8年間ずっと家と施設の往復で、室内業務の日々でしたが、今日は好きな電車に乗って商品をお届けし、そしてその仕事を直接お客様に喜んでいただき、やりがいや喜びを感じられる社会と接する機会となりました。

栗原さん、納品の時は緊張気味でしたが、とてもいきいきして楽しそうでした。

そしてクレヨンハウスさんには、オーラルピースパートナーショップの第一号として、このプロジェクトに多大な応援をいただいています。レストランとオーガニックフードショップの横にはオーラルピースをディスプレイしていただいていました。

この取り組みが全国にも広がって、地域の働く意志のある障がいのある人が社会参加し、仕事をして認められ、やりがいや喜び、またあるべき収入が得られるような仕事の選択肢が一つでも増えていけば素晴らしいと思います。

仕事のあとは地下のレストランで、オーガニックジュースで一服。

自分で届けた商品が売れたらまた配達に来るとのことです。

楽しいし、偉いね!といわれた今日の仕事。同行させてもらった自分(手島)もちょっとうれしくて感動しました。


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

横須賀あんしん農園さんからのお便り

横須賀のオーラルピースパートナーあんしん農園の片桐さんから、週末の福祉フェスティバルのご報告のお便りをいただきました!

~~~~~~~~~~~~
横須賀で週末に行われた福祉フェスティバルに参加いたしましたのでご報告申し上げます。

地域の高齢者施設の方々にオーラルピースの事を説明できる良い機会になりました。オーラルピースの説明をすると、高齢者介護施設の方は皆さん興味深く聞いていただきました。ご注文をいただき全部でジェル16本、マウスウォッシュ1本をご購入いただけました。

今回の福祉フェスティバルは衣笠ホーム(横須賀市芦名の特別養護老人ホーム)のご厚意で衣笠ホームのブースにオーラルピースを置かせて頂きました。11月2日に衣笠ホームでバザーがあり、オーラルピースのコーナーとあんしん農園の無添加ジャム等の商品コーナーの2ケ所で販売させていただく予定です。入所者様のご家族の方もお見えになるので、力を入れてオーラルピースのご紹介をしていきたいと思います。
~~~~~~~~~~~~

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

あんしん農園さんは、地域の親の会を母体にした職員数も少ない小さな地域活動支援センターですが、働く意志のある子供達(障害者、利用者)の収入向上のために熱心に取り組んでおられます。

オーラルピース事業も、地域の医院や歯科医院、高齢者介護施設への導入を進め、福祉のイベントにも積極的に参加され販路を着実に拡大し、障がいのあるメンバーの仕事創出と収入向上を実現。

全国に7000カ所あるといわれる、地域の障がい者の働くことをサポートする就労継続支援サービス事業所のお手本として、都市部でなくても小規模でもやればできるという勇気を与えてくれる事業所です。

メーカーの私たちも勇気をもらいました。全国の働く意思のある障がい者の仕事創出と収入向上を目指すこの事業をより良いものとし、最大限のサポートをさせていただき、共にこの事業を立ち上げていけましたら素晴らしいです!

あんしん農園
横須賀市林1-18-10
TEL/FAX : 046-876-7106
営業時間 : 月~金 9:00~15:00
利用者の方に充実した就労の場を創出し、労働を通しての社会貢献、能力の向上を目的として地域活動支援センターとして平成22年4月から開所、安心安全な原料で作った手作りジャムを中心にラスク、ピールなどの御菓子類、手作りおもちゃ作り、畑作業を仕事として現在10名の利用者の方が日々汗を流しております。店舗での販売もしてますのでお気軽にお立ち寄りください。
発売開始日 : 2013年9月6日 OP0019
https://sites.google.com/site/anshinnouen/


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
ブログ内の『オーラルピースパートナー事業所』のキーワードで表示しています