オーラルピース

 

【歯磨きジェルは「オーラルピース」】新生児・妊婦・介護・キャンプ・愛犬・災害に◎

オーラルピースの最大の特徴は、

①口腔内細菌による虫歯・口臭・歯周病・誤嚥性の肺トラブル・カンジダなどに有効な、飲み込んでも安全な特許取得の天然抗菌剤「ネオナイシン」を配合していること。

②「ネオナイシン」の力により、合成殺菌剤・合成保存料・アルコール・化学成分を一切使用していない、また研磨剤も発泡剤も不使用、水とプラントベース・ヴィーガン仕様の食品成分のみで作られ、ケミカルフリーであること。

です。

ジェル状の製品は、食べ物原料だけであっても簡単に作れますが、①の特徴がなければ臨床上は使用の必要はないですし、ご家庭でも歯みがきジェルはグリセリンなどから簡単に作れます。

また、②でなければ、むしろ添加物であるケミカル成分の摂取の方がリスクになる場合も考えられます。

オーラルピースは、

九州大学大学院農学研究院 生命機能科学部門 微生物工学研究 教授、日本乳酸菌学会副会長、日本生物工学会会長を歴任された工学博士、園元謙二九州大学名誉教授の20年以上に及ぶ、

菌で菌を制す乳酸菌バイオテクノロジー研究をベースに発明された、乳酸菌抗菌ペプチド(バクテリオシン)特許製剤「ネオナイシン-e」配合。

世界で食品認可された唯一の抗菌ペプチド(バクテリオシン)であるナイシンから生み出された特許製剤「ネオナイシン-e®︎」が、
 
口腔内のミュータンス菌・Pg菌・カンジダ菌・大腸菌・黄色ブドウ球菌等のトラブル原因菌に、

これまでの抗生物質や合成殺菌剤、植物毒系抗菌剤以上に超低濃度で瞬時にアプローチしながら、

飲み込んでも安全な食品成分100%、ケミカルフリー、プラントベース、生分解性100%の歯磨き・口腔ケア製品。
 
 
「超低濃度での原因菌への効果と高い生分解性と安全性」という旧来ケミカル技術では乗り越えられなかった相反する課題を、
 
日本の国立研究機関による最先端の乳酸菌抗菌ペプチド研究・グリーンテクノロジーにより解決、

世界中に他にない発明から、人類の持続可能な発展に新たな可能性を生み出した、

環境にも配慮した新しい時代の、からだにも自然にも優しい、

日本からヨーロッパをはじめ世界約20ヵ国、そして宇宙に展開している口腔衛生ブランドです。

オーラルピースは8年前の2013年に、からだや地球に優しい新しい時代の革新的なオーラルケア製品としてこの世に誕生。

そして2022年には日本初の宇宙用歯磨き・口腔ケア製品として、ISS国際宇宙ステーションへの搭載が期待されています。

私たちは、この効果と安全性、低環境負荷を両立するグリーンテクノロジーによるサステナブルな新製品を、

世界中の最先端の医学や科学の研究、真の健康やSDGs活動に興味のある多くの皆様に、

リーズナブルな価格により、一日も早くシェアできましたら素晴らしいと考えています。
  

ぜひオーラルピースをお試しください!!

オーラルピース
https://oralpeace.com/voice


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

【歯医者さんおすすめのホワイトニング歯磨きジェル】〜市販で人気の研磨剤なし・フッ素なし 効果的な虫歯・歯周病・口臭ケア〜

オーラルピース クリーン&ホワイトは、安全性や効果を求める方のために、数十年の開発期間を経て生まれた、オーガニックホワイトニング歯磨きジェルです。

歯磨きのやりすぎ、磨きすぎで知覚過敏になったり、表面のエナメル質を削りすぎて歯が黄色く見える様になったり、ケミカル成分の摂取で体調が優れない、また歯磨き時にえづいたりえずいたり吐き気を感じる方には、オーラルピース クリーン&ホワイトをおすすめします。

「オーラルピース クリーン&ホワイト」は

これまでにない安全性と臨床効果を追求し、

九州大学大学院農学研究院、鹿児島大学大学院医歯学総合研究科、国立長寿医療研究センター口腔疾患研究部等との産学官の共同研究による、

菌で菌を制す日本発の乳酸菌抗菌ペプチド研究から発明された、植物性食品由来の乳酸菌ペプチド特許製剤「ネオナイシン-e®」(特許第5750552号)と、

体内吸収しても安全な歯に優しい骨やエナメル質と同じ成分である「ハイドロキシアパタイト(食品原料)」をW配合、

お口の中を清潔にしながら保湿も実現、さらに白く健康な歯*までをトータルケアする、

からだにも自然にも優しい、

飲める成分の歯みがき・口腔ケア製品。

また、これまでの研究成果が認められ、宇宙用歯みがき・口腔ケア製品として、JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)のISS(国際宇宙ステーション)への搭載候補品としても選定された製品です。

これ一つで毎日の、歯みがきによる「口腔内の清浄」「口内保湿」「口臭予防」「歯周ケア」「舌ケア」「粘膜ケア」「口腔内マッサージ」「虫歯予防」「ドライなマウス予防」「誤嚥予防」そして歯の「ホワイトニング*」、「感染予防ケア」までのトータルケアを同時に実現、

日本の国立大学の研究成果により新型コロナ時代の世界のニーズ、宇宙生活時代の人類のニーズに応えます。

口腔内のミュータンス菌・Pg菌・歯周トラブル原因菌・大腸菌・誤嚥性肺トラブル原因菌・口臭原因菌・カンジダ菌等に、

これまでの抗生剤や合成殺菌剤、植物毒系抗菌剤以上に超低濃度で瞬時にアプローチしながら、

飲み込んだ場合は腸管内で速やかにアミノ酸として分解・消化され、

免疫力の源である腸内フローラを殺菌せず守れる、

副作用がなく安全な、

福岡県産の「おから」から発見された、清潔な植物性食品由来の乳酸菌が産出する乳酸菌ペプチド特許製剤「ネオナイシン-e®」配合。

炭酸Ca等の研磨剤も無配合で大切なエナメル質を削らず知覚過敏を予防、セラミック歯なども傷つけない。

発泡剤も不使用でしっかり磨け、磨き残しが少ない。

水と植物由来成分、食品成分、オーガニック成分のみでつくられているので、味も美味しい。

日本の産学官の技術革新・グリーンテクノロジーにより実現した合成殺菌剤・合成保存料フリー、

またアルコール(エタノール)も無添加だからみんなで使える。

フッ素(チタン腐食成分)無配合でインプラントでも使える。糖分無配合で虫歯の心配なく使える。

水の使用が限られる災害被災地やISS(国際宇宙ステーション)でも使える。

難分解性の合成殺菌剤やケミカル物質は無配合。

自然環境に排出されても微生物により速やかに生分解され、微生物生態系に影響を与えない、

流した先にある海を汚さない、地球を美しく保つ環境調和型のSDGs対応製品でもあります。
 

新たに追加された「ホワイトニング*」機能は、「炭酸カルシウム(研磨剤・石灰石の粉)」や「炭酸水素Na(研磨剤・重曹)」等は不使用。

削り過ぎや知覚過敏の原因にもなりうる、エナメル質を削り取って白くする方法ではなく、
 
ジェルに適量配合した「ハイドロキシアパタイト(食品原料)」の微粒子がブラッシングと共にステイン汚れをやさしく吸着、

また歯の表面を綺麗にすることで、その人本来の健康で美しい白い歯を保つ*という作用機序を採用。

肌質や髪質と同じように、人の「歯質」にも個性がありそれぞれ異なるもの。これからはそれぞれの「歯質別のケア®︎」を行うことが大切。

「クリーン&ホワイト」は、エナメル質の薄い日本人の歯質にも着目した「歯質別にケア®︎」できるホワイトニング・飲める成分の歯みがき・口腔ケア製品です。

また同時に「クリーン&モイスチュア」と同じく口腔内の保湿を実現。

唾液の洗浄作用を高めることでステイン(色素)の付着を予防して白い歯を維持すると共に、

マスク着用の口呼吸から乾燥しがちな口腔内を潤して口臭を予防。
 

さらにイタリア・ピエモンテ州で月の満ち欠けと天体のリズムによるバイオダイナミック有機農法で丁寧に栽培されたオーガニック・ミント精油を配合。

マスク着用で気になる口臭をフレッシュなイタリアンミントの息に変え、感染予防とスメルエチケットを負担なく両立。

新型コロナ時代に対応する新しい歯みがき・口腔衛生剤・オーラルケア・口腔ケア製品となりました。

愛する人に。

家族の健康に気をつけ、日々の食べるものや口に入れるものに安全性を求める方。

日々の健康・予防ケアを心掛けている方。

妊娠中・授乳中・妊活中の方。ヴィーガンの方。

化学成分過敏症の方、将来の過敏症・アレルギー発症を予防しケミカル成分の体内蓄積を避けている方。

また水の貴重な災害現場、アウトドア、宇宙生活に。

そして美しい地球の環境を守りたい方にも。

すべての方に毎日お使いいただける、からだにも地球にもやさしい製品。

そして心にも気持ちの良い製品です。


「歯やお口を美しく健康に保つには」

特に日本人(アジア人・モンゴロイド)の歯質は、欧米人に比べ歯の表面のエナメル質が薄く、中の象牙質が透けて見えるため、黄色っぽく見える特徴があります。これが本来の日本人の歯の色、歯質です。

まず歯が「本来の色」より黄色くなるのは、大きく以下の原因が挙げられます。

①着色(コーヒー、お茶、赤ワイン、カレー、合成着色料入りの食品やうがい薬などによるステインの付着、タバコのヤニ)、
②歯の磨きすぎ(「研磨剤」「ペーストタイプの歯磨き剤」によりエナメル質が徐々に薄くなり下の象牙質が透けて黄色くなっていく)、
③口の乾燥(口が乾燥すると唾液による洗浄効果が弱くなり、本来洗い流されるステインが付着する)、
④加齢による変化(加齢により象牙質の色が濃くなり、黄色く見える様になっていく。さらに長年の研磨でエナメル質が薄くなり、より黄色く見える様になっていく)、
⑤虫歯や歯石の付着、
⑥神経がなくなった歯、
⑦病気による変色、

です。そして、歯を白くするには大まかに3つの方法があります。

それは、
①歯の表面についた汚れを除去して「汚れを落としてその人本来の歯の白さ」にする、
②過酸化水素などの薬剤を用いて「漂白して出来る限り歯を白く」する、
③希望の色のベニアを歯の表面に貼り付け、「真っ白」にするなど「自分の希望の色に変える」
というものです。

②の「漂白して出来る限り歯を白く」することについては過酸化水素などの漂白剤は刺激が強く、海外と異なり日本では口腔ケア製品の認可がされていません。そして日々の化学成分の粘膜からの体内吸収を考えると、家庭での毎日数回の、数十年にわたる口腔内への漂白剤の使用には健康上の課題があります。

また③の「真っ白」など「自分の希望の色に変える」ことについては家庭で行うことは簡単ではなく、歯の表面を覆うことは歯の再石灰化を妨げる恐れがあるため、歯科医院での施術をお勧めいたします。

以上の、自分本来の歯の色より白くしたい方、「真っ白」など自分の好みの色に変えたい方、加齢や病気による歯の変色、虫歯や神経を取った歯の変色を治したい方は、素人判断ではなく歯科医師等の専門家に相談して処置を受けることが賢明です。



喫煙による「タバコのヤニ」については、ワインやカレーのステインより落ちにくい「タール」ですので、「ヤニとり歯磨き」「研磨剤」等で「タール」を削り落とすか、エナメル質が薄い方は歯科医院等での薬剤による「漂白」をお勧めいたします。

①の家庭でも日々行える「汚れを落としてその人本来の白さ」にすることついて、様々な考察・検証の結果、以下のものを極力使用「しない」方法が、知覚過敏の方にはより良いと考えられます。

●「研磨剤」「ペーストタイプの歯磨き剤」
●「発泡剤入りの歯磨き剤」
●「化学合成成分配合の歯磨き剤」
●「アルコール(エタノール)配合の歯磨き剤」

まず、「研磨剤」「ペーストタイプの歯磨き剤」を用いると簡単に歯を白くすることはできますが、日々の使用により徐々に歯のエナメル質を傷つけ、削り過ぎによる歯が黄色くなっていくことや知覚過敏となってしまう可能性があるためです。

研磨剤とは、「炭酸カルシウム」(炭酸Ca・石灰石の粉・運動場の白いライン引きの粉・チョークの原料)「炭酸水素ナトリウム」(炭酸水素Na・重曹)「塩」「チャコール」(木炭)「ゼオライト」(沸石)「マイクロビーズ」(プラスチック粒子)等です。

「研磨剤」「ペーストタイプの歯磨き剤」で磨いていると少しずつエナメル質が削れて薄くなり、象牙質が透けて歯が黄色くなってくる可能性があります。

歯のエナメル質よりも柔らかい物質(研磨剤)であっても、歯ブラシの硬さやブラッシングの強度と相まって、長年の毎日の研磨により硬いエナメル質さえも削ってしまう症例が多く見られます。

肌質や髪質と同じように、人の「歯質」は個性と同じようにそれぞれ異なるものです。すべての人に同じ歯磨き剤は合うわけではなく、これからの時代はそれぞれの「歯質別のケア®︎」を行うことが大切。

特に欧米人等に比べ日本人の歯はエナメル質が薄い特徴から、削りすぎは白い歯を通り越して黄色くなり、また知覚過敏の原因となります。研磨剤でついた傷はそこからう蝕に発展する可能性が高くなります。

傷ついたエナメル質は、1日に分泌される1.5ℓ~2ℓの唾液により再石灰化され修復することは可能ですが、傷つけすぎてしまった場合は修復されません。一度削りすぎた大切な歯は元には戻りませんので、注意が必要です。

気にされる方は、「研磨剤」として配合目的を表記しなくてもエナメル質を削ることになりかねませんので、「炭酸Ca(石灰石)」「炭酸水素Na(重曹)」「ゼオライト(沸石)」「マイクロビーズ(プラスチック)」「塩」等が配合されているかいないかのチェックは必要と思います。

また「研磨剤」「ペーストタイプの歯磨き剤」では「歯を磨く」事はできますが、味蕾を傷つけてしまう可能性も生じ、舌や歯茎、頬の内側、上顎部、口腔粘膜などの「オーラルケア」は難しくなります。

結果、「オーラルケア」用にまた新たな製品を購入する必要があり家計に負担となる、限られたスペースに置く事で邪魔になる、インテリアに美観を失うということにもなる可能性があります。

次に「発泡剤入りの歯磨き剤」の不使用の理由は以下となります。

「発泡剤」とは、「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウリルグルコシド」「コカミドプロピルベタイン」「ココイルグルタミン酸Na」等の「合成界面活性剤」や、「石鹸素地」「ヤシ油脂肪酸K」「オリーブ脂肪酸K」等の「石鹸」です。歯磨き剤の歴史は当初は「研磨粉」のみでしたが、100年ほど前に発泡剤を配合したペーストが登場しました。

「合成界面活性剤」や「石鹸」には、発泡により歯を磨いた感が出る、成分の水と油を乳化(界面活性)させられるということから配合される場合があります。しかし歯を磨くということは、口の中や歯の油汚れを分解することではないので、「合成界面活性剤」や「石鹸」などの発泡剤は、実質的に必要のないものと考えられます。

「合成界面活性剤」や「石鹸」で歯を磨くということは、ご家庭にあるシャンプーや固形石けんで歯を磨くことと同じですので、お試しいただいても良いかと思います。またツバや歯垢を泡立てて口の中に広げることは、あまり気持ちの良いものではないと考えます。

一方、作用があまり期待できない代わりに副作用の可能性が生じます。それは、「発泡剤」入りの歯磨き剤を使うと、口から泡があふれ出る前に磨こうと焦って強く磨いたり、泡が溢れ出た時が終了(時間制限)になっている方が非常に多いと思います。焦って強く磨くと「研磨剤」でさらにエナメル質を削ってしまい、歯が黄色くなったり、知覚過敏となってしまう可能性があります。

そしてすぐに口の中が泡だらけ、口から溢れる様になれば、丁寧に一本一本の歯や歯間、歯周を丁寧にブラッシングして磨く事ができなくなってしまいます。その結果、常に磨き残しが生まれ、結果う蝕や歯周病、歯石沈着や口臭に繋がってしまう可能性が生じます。

次に、「化学合成成分配合の歯磨き剤」不使用の理由は以下となります。

あまり知られていませんが、口腔粘膜からの化学成分の吸収・摂取は、皮膚の10〜20倍と言われます。数十年間にわたる毎日数回の歯磨き時に、化学成分を口腔粘膜から体内吸収させることは、食べ物や健康に気を使っている方、妊婦や女性、乳幼児にとっては極力避けるべきと考えられます。

次に、「アルコール(エタノール)配合の歯磨き剤」を使用しない理由です。

歯磨きをしなくても歯を洗浄して綺麗に保つ生理作用を、人間をはじめ動物は進化の過程で獲得してきました。それを実現する重要なものが「唾液」です。「唾液」は、汚れを洗い流し、歯に付着するのを防ぐ大切な役割を果たしてくれます。

しかし、口が乾燥すると唾液による洗浄効果が弱くなり、本来付着しないステインや歯石が付着してしまいます。よって、歯を白く保つには口腔内の「保湿」も重要となり、特に唾液の少ない方にはドライマウスの原因になりうる「アルコール(エタノール)配合の歯磨き剤」の使用は避けるべきと考えています。

歯のステインのことは、コップの茶渋やフライパン等についたコゲにも同じことが言えます。洗っても落ちない茶渋やコゲには、洗剤(発泡剤・界面活性剤)やアルコール(エタノール)はあまり効果がありません。

茶渋やコゲを取るには、研磨剤(コンパウンド・石の粉)や研磨スポンジ、スチールウールを使用することが多いと思います。研磨剤やヤスリでゴシゴシ摩擦することで汚れや焦げは簡単に取れますが、表面は小傷だらけとなってしまいます。

鉄などの金属より硬度が柔らかいはずの研磨剤(石の粉)であっても、ブラシなどで擦っていくうちに、金属に多くの傷を付けてしまうのです。

また作ってしまった新たな傷に汚れが入り、汚れがつきやすくなり、最終的には傷だらけ、汚れだらけ、また傷には菌が繁殖しやすく、不潔な状態にもなります。また白くするために表面を削りすぎると、下地が出てきて修復不可能となります。そして、そもそも傷をつけない方が、汚れもつきにくくなります。

一方で、漂白剤などの薬剤を用いると、小さな傷にも薬剤が浸透しすぐにコップやフライパンは白くなります。しかし、黒いものを白く変色させる強さを持つ薬剤は刺激が強く、人体への安全性を考えると毎度の素手での使用には課題があります。そしてよく洗い流さず、薬剤や化学合成成分が付着したままのコップやフライパンを使ったお茶やお料理を毎日家族に食べさせ続ける事になれば、健康上あまり好ましいことではありません。

歯や口の中、人体にも同じことが考えられます。

これらの前提から、

「日々のオーラルケアは、口腔内のトラブル原因菌に対応する製剤が配合された、体にやさしい体内吸収しても安全な成分のジェル処方の製品で、歯周や口腔内を清潔にし予防ケア、丁寧にブラッシングして歯の表面の汚れを落とすメンテナンスを行う。また口腔内を保湿することにより唾液の洗浄作用を高め色素の沈着を予防する。より歯を白くしたい場合は、定期的に歯科医院での歯科医師による医学的見地に基づいたホワイトニング処置を効果的に、そして安全に行ってもらう」

方法が、

「日々の素人によるエナメル質の削りすぎや化学成分の粘膜吸収を防ぎ、その人本来の健康で美しいお口・歯を保つために、リスク/ベネフィットの観点から最も効果・効率的・健康的でリーズナブルな方法」

と当研究チームは考えています。

以上の事から、オーラルピース クリーン&ホワイトを多くの歯科医院では推奨しています。ぜひ一度お試しください。

オーラルピース クリーン&ホワイト
https://oralpeace.com/clean-white

歯を美しく保つにはどうしたら良いでしょうか?
https://oralpeace.com/faq_list/23295

歯磨き粉・歯磨剤・歯みがき剤・口腔ケア製品・オーラルケア製品の歯の研磨作用の有無・研磨力の強弱の比較・選択・選び方
https://oralpeace.com/faq_list/20895

SDGsとオーラルピースプロジェクト
https://oralpeace.com/sdgs

オーラルピース 公式オンラインストア
https://oralpeace.stores.jp/


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

【赤ちゃん・子供の歯磨きジェルの選び方】安全性と効果についての2つの基準とは?

【赤ちゃん・子供用の歯磨き粉を選ぶ2つの基準とは?安全性と効果について】

無垢な赤ちゃんのお口に、初めての歯磨き。

歯磨き粉を飲み込んでしまう、毎日の子供の歯磨き。

いろいろ不安なママも多いと思います。

ご飯の添加物や砂糖は気にしてるのに、歯磨き粉に含まれる各種のケミカル物質って大丈夫?

それに、もし効果のないものであれば、付けない方が安心かも?

そんなお悩みのママには、オーラルピースをご紹介したいと思います。

オーラルピースはもともと、うがいや吐き出しができない介護が必要な、おじいちゃん・おばあちゃんの為に、研究開発された歯磨き剤です。

高齢者は、唾液が減り、免疫力が減る中で、口腔内の細菌が寝ている間に肺に入ってしまう誤嚥性肺炎になりがちです。

1日300人以上の方が誤嚥性肺炎で亡くなり、肺炎は日本人の死因の第3位までになっています。

そして高齢化の進む日本では、介護コストが1年間で10兆円にもなり、介護者の負担も含めて、大きな社会問題になっています。

特に、2012年ごろから口腔衛生の大切さが叫ばれ、歯の残存本数とアルツハイマーの相関や、糖尿病などの全身疾患との関係が注目され、

歯が残っていると健康で痴呆症になりにくいということから、お口のケアの大切さが広く国民に浸透されてきました。

高齢者の口腔ケアに欠かせないポイントは2つに集約されます。
  
 
 
①虫歯菌や歯周病菌、カンジダ菌など、口腔内細菌への効果データとエビデンス(証拠)のある成分が配合されていること

②うがいや吐き出しができない高齢者が飲み込んでも安全な成分であること
 
   
この2点は、これまでの20世紀においては相反する矛盾であり、人類は「殺菌効果と飲み込んでの安全性」という課題を乗り越えることができませんでした。

2012年に九州大学記者クラブで発表された革新的な研究成果は、九州大学名誉教授である園元謙二教授の30年にわたる、安全な抗菌剤研究により生み出された「ネオナイシン」についての研究成果でした。

乳酸菌が作り出す抗菌物質として、約100年前にイギリスでチーズの中から発見された「ナイシン」という物質は、

口の中の細菌には有用性がありますが、飲み込んだ場合はチーズと同じ様に消化分解されるという、とても便利な成分でした。

しかし、塩分を含み白濁していることから、チーズや缶詰といった塩分を含む食品の安全な天然保存料に用途が限定されていました。

  

「ナイシン」は世界50カ国で安全な食品として認められ、アメリカでは1980年にGRAS認定(塩やゴマ、スパイスと同じ様に人体に安全な食品として認定)され、

乳酸菌が作り出す抗菌ペプチド(バクテリオシン)の中で、唯一安全性が確認されたものになります。

(その他の乳酸菌による抗菌物質の安全性の確認は世界でいまだになく、「ナイシン」が唯一の効果と安全性が認められています。)

その「ナイシン」を九州大学や鹿児島大学、国立長寿医療研究センターによる共同研究から、塩分を除去し、無色透明に精製する技術を発明、無色透明とし、

さらにこれまでは虫歯菌等のグラム陽性菌にしか、効果がなかった「ナイシン」を、歯周病菌などの「グラム陰性菌」や「カンジダ菌」へのスペクトルを拡大、

様々な実験データや臨床データをなどのエビデンスデータの検証を重ね、人類にとって安全性と効果の高い、新しい時代の天然抗菌剤として2つの特許の取得に至りました。

新生「ネオナイシン」は、つまり飲み込んでも安全な食品成分でありながら、優れた口腔内細菌への有用性があり、様々な賞を受賞することになったのです。

また「オーラルピース」はキー成分である「ネオナイシン」以外の成分も、すべて食品成分から作られており、パラベンや安息香酸Na、フェノキシエタノールやソルビン酸K、アルコール(エタノール)や香料、着色料なども不使用。

赤ちゃんから妊婦さん、お年寄りまで、安全に使える製品となりました。

そして「オーラルピース」は、日本全国の医療機関で採用され、日本だけでなく世界20か国で愛される製品となっています。

とくに日本では、「オーラルピース クリーン&モイスチュア」のオレンジ味が、旧国立子供病院である成育医療研究センターをはじめとした、最先端の小児病院のICUにも採用されています。

さらに「オーラルピース」はその特徴から、水の貴重なISS国際宇宙ステーション用の飲み込んでも安全成分の歯磨き剤として、JAXA・NASAによりISS搭載候補品に選ばれています。

おじいちゃん・おばあちゃん向けに開発された「オーラルピース」は、赤ちゃんにとっても有用性が高いと、医療機関では広く使用され、宇宙での活用も期待されているのです。
 

 
さて、では自分の赤ちゃんにはどの様な歯磨き粉が良いのでしょうか??

ネット上や店頭には様々な製品が溢れています。

「食品成分100%」、「無添加」、「赤ちゃんに優しい」・・・

悩んでしまいますね。。。

そんな時には、高齢者向けの口腔ケア製品と同じ選考基準を思い出してみてください。

うがいや吐き出しのできない、おじいちゃん・おばあちゃんにとって良いものは、同じ様に赤ちゃんにも良いものです。

       
【赤ちゃん用の歯磨き粉を選ぶ2つの基準とは?】

①虫歯菌や歯周病菌、カンジダ菌など、口腔内細菌への効果データとエビデンス(証拠)のある成分が配合されていること

②うがいや吐き出しができない高齢者が飲み込んでも安全な成分であること
 
 
   
      
              
発売当初より、優しくジューシーな味の「オーラルピース クリーン&モイスチュア オレンジ」は、赤ちゃんや子供に好評で、

自発的に歯磨きをしてくれる習慣づけができている、ママも多くいらっしゃいます。

効果と安全性の高い歯磨き剤で、子供たちが歯磨き好きになって、お口のトラブルで悩まなければ、

その他の楽しいことや、きれいな歯により様々な人生のチャンスも開けて、子供たちの一生に良いことになりそうですね。
 

 
もし、みなさまのアンテナに「オーラルピース」が引っかかってきましたら、ぜひ大切な赤ちゃんにお使いいただけましたらと存じます。

誠実で真面目な研究成果を、みなさまに健康と安心に活用いただけましたら幸いです。

赤ちゃんと歯磨きについての関連情報は以下をご覧ください。

赤ちゃんの歯磨き
https://oralpeace.com/baby

オーラルピース クリーン&モイスチュア
https://oralpeace.com/lineup
どうぞよろしくお願い申し上げます。





ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

【新生児・赤ちゃん・子供の歯磨きジェル】虫歯予防・食品成分100%・ケミカルフリーの安全な国産オーガニック・プラントベース歯磨きジェル・スプレーはオーラルピース

【赤ちゃん・子供用の虫歯予防・食品成分100%・ケミカルフリーの安全なオーガニック・プラントベース歯磨きはオーラルピース】

赤ちゃん・子供の、初めての歯磨きに使いたい「特別な初めての歯磨き」は、オーラルピース クリーン&モイスチュア オレンジです。

赤ちゃんの歯磨き
https://oralpeace.com/baby

アルコールや、ポリ-ε-リシンなどの合成保存料も無添加。

かといって当たり障りのないただのジェルではなく「ネオナイシン」を配合。

ネオナイシンとは
https://neonisin.jp/


世界中のママにお届けしたい、オーラルピースです。

オーラルピース クリーン&モイスチュア オレンジ
https://oralpeace.com/lineup


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
 

【新生児・赤ちゃん・子供用の歯磨きジェル・マウススプレーの配合成分について】

【赤ちゃん・子供用の歯磨きジェル・マウススプレーの配合成分について】

赤ちゃん用と言っても基本的には介護用と同じで、液状のものと、何らかの水分を含むゲル状のものを作りますが、そのほとんどは水と増粘剤となります。

ただ水は腐ってしまうので、ここに生物を殺菌する合成保存料を配合します。

合成保存料とは、アルコール(エタノール)以外で、パラベンや安息香酸Na、ソルビン酸K、フェノキシエタノール等です。

以上で、ジェル状のものは作れますが、加えられた合成殺菌剤・保存料のケミカル物質が入ってしまうことが多くなります。

うがいや吐き出しができない、体や臓器の小さな赤ちゃんにとっては、以上のケミカル物質の摂取は避けるべきです。

基材は以上です。

最後は、味付けですが、ここが大きなポイントとなります。

以上の同じような基材に何を配合するかです。

 

赤ちゃんやお子様に好評の、オーラルピース クリーン&モイスチュア オレンジには、「ネオナイシン」というキー成分が配合されています。

「ネオナイシン」については以下のホームページをご覧ください。

ネオナイシン
https://neonisin.jp/

ネオナイシンには製品を無菌状態で保つ力がありますので、オーラルピースには合成殺菌剤や合成保存料などのケミカル物質は一切配合されていません。

優れた効果がありながら、安全性の高い歯磨きを。

オーラルピース クリーン&モイスチュア オレンジをぜひ愛する赤ちゃんにお試しください。

オーラルピース クリーン&モイスチュア
https://oralpeace.com/lineup

その他の「赤ちゃんの歯磨き」情報は以下をご覧ください。

https://oralpeace.com/baby


ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
コンタクトページ
ブログ内の『国産』のキーワードで表示しています